Sunday, April 11, 2010

The Common Yellowthroat has arrived in NC!

A skulking masked warbler of wet thickets, the Common Yellowthroat is far more frequently heard than seen. Its "wich-i-ty, wich-i-ty, wich-i-ty" can be heard from the Yukon to Newfoundland, and from southern Florida to southern Mexico. (cited from Cornell Lab Ornithology, All About Birds)

しばらくアリゾナの鳥が続いたので、久しぶりにNCの野鳥をご紹介します。ここNCでは夏の鳥であるCommon Yellowthroat (カオグロアメリカムシクイ)が今週末にNCに上陸しました。冬はアメリカ南西部から中米で過ごします。


去年この鳥を初めて見て、なんて可愛い鳥なんだろうとウットリしたものです。このパンダみたいなアイマスクに可愛い黄色がなんとも言えません^^







これ、上の写真とほとんど変わりませんが、足がちょうど浮いていてミラクルな感じだったので。






これからどんどんそのほかのWarbler(アメリカムシクイ)がNC入りするはず。来週から5月にかけてがピークだと思います。ダニに負けずに頑張ります。

*****************************

Today's Ruby-throated Hummingbird at our patio.
こちら今日のノドアカハチドリ。土日バージョンです。(平日は日が当たる間は仕事なので)。
相変わらず・・・・んもーーっ、可愛いわ!!!(鼻息荒め)。




4 comments:

  1. これまたレモン色の可愛い鳥です。
    こんな野鳥が実際に見れるなんて、本当に本当に羨ましい。
    昨年は、シジュウカラとかエナガなんか見つけると嬉しかったのですが・・・見飽きました^^;
    もっと珍しい鳥が見たいと願うのですが、住宅地では難しいようです。。。
    う~ん、野鳥の見れるトコロへ移住しようかしら^^;

    ReplyDelete
  2. elflowerさん、こんにちは♪
    この鳥、本当に可愛いですよねー^^
    去年が初めての出会いだったのですが、あまりの可愛さに心臓がバクバクしましたもの。私にとっては日本のシジュウカラやエナガは珍しい鳥で、飽きるほど見られるなんて羨ましいです^^
    野鳥のいるところへ移住ですか。それもいいですねー。私、本当に鳥がいるから今ここにいるのかも。。。と時々思います。

    ReplyDelete
  3. したした!心臓バクバクしました!
    ギヅタアメリカムシクイのボボちゃんを撮っていたら、
    突然現れ、「こんな可愛い鳥も居たんだ!(感動涙)」と、
    撮りたい逃がすまいとちょっと手が震えちゃった(笑)
    嫌々渡米してきたけど、アメリカに来て良かったーと思わせてくれた鳥さんでもあります。
    カオグロってのが気に入らないのよね~(笑)
    せめて、メグロ?くらいにして欲しかったわ~
    あとは・・・クロアイマスクとか(笑)
    ノドアカくん、とっても綺麗ーーー♪
    バックのグリーンが綺麗過ぎるから、喉元のメタリックレッド?メタリックルビー?がとても映えてます。

    ReplyDelete
  4. こんにちは♪
    やはりこういう可愛い子を見ると必要以上にバクバクしますよねー。私の場合、バクバクしすぎて、私自身が挙動不審になり、鳥がびっくりして逃げる、というパターンも多々あり・・・。可愛い鳥を見ても平常心を保てるようになりたいものですわ。
    確かにカオグロってどうかと思いますよねー。うちの暗がりの中のハチドリじゃあるまいに・・・。黒よりももっと黄色とかオリーブの部分に注目した和名でもよかったような気がするんですが。名づけた日本人的には黒いところに目が行ったんでしょうねー。
    うちのノドアカくん、今日は3羽に増えてましたのー。luluさんのところの11羽には遠く及ばないけど・・・3羽も見られて嬉しくて気絶しそうでした。なんか、1羽が強いみたいで、枝に止まってほかのハチドリが近づくたびに尻尾の羽をぴくぴく開いたり閉じたりしていて、それがもう鼻血ブーの世界なのです。ああ、出だしから中毒気味ですわ、私ったら。

    東部の危篤状態のハチドリ中毒より。。。

    ReplyDelete