Tuesday, May 18, 2010

The food chain

先日窓の外が騒がしいなー、と思ってその騒がしい方向に目をやるとRed-shouldered Hawk(カタアカノスリ)の可愛い胴体が木の陰にちらっと見えました。ノスリが何かを狙っていてそれで周りの鳥達がウルサイのかなー、と思ってましたが、よく見てみたら。。。



本当によく見ないと小さくて分からないですけど、ノスリの左側の枝でNorthern Mockingbird(マネシツグミ)が一生懸命威嚇?しています。もうすごい勢いでぎゃーぎゃー騒いでしまいにはノスリに直接手(じゃなくて足)を出したりもしていました。
ノスリがマネシツグミの雛でも狙っていたのでしょうかねー?



こちら別の日のカタアカノスリ。これ、殆ど私の膝くらいの高さの枝に留っているんですけど、ちょうどノスリの見ている方向に小さな小川がありまして、小鳥なんかはよくそこで水浴びをしています。どうやらそれを狙っている模様。こうやって単独で見るとカタアカノスリはとってもこぢんまりとしているんですが、マネシツグミと比べると大きさの差は歴然。弱肉強食に食物連鎖(?)、そんな言葉を並べてみたくなりました。

2 comments:

  1. マネシツグミ、見えました♪
    いい瞬間を写真に撮れてうらやましいです。
    最近やっとマネシツグミがわかった私ですが(^^;、こんな時はふだんのあの声以上で・・・ものすごいうるさいんでしょうね~。
    自分より何倍も大きな鳥を追い払おうとしている鳥には、つい「がんばれー」と心の中で応援してしまいます。先日空中でハチドリがカラスかなにかを追いかけているのを見たときには、ちょっと笑っちゃいましたけど。なぜかハチドリって笑える・・・(^^;;
    当人たちは命を掛けた行動なので、失礼ですけどね。
    2枚目の見返りカタアカノスリ、静かな優しい顔で好みです。(*^^*)

    ReplyDelete
  2. めるさん、こんにちは♪
    いい瞬間だなんていっていただくのはもったいない写真ですけど、それでもこんなにミニミニサイズの鳥の写真を見ていただいてありがとうございます^^ 大と小で戦っていると私もつい小のほうを応援したくなってしまいます。ハチドリとカラスはすごい組み合わせですね@@ ハチドリの追いかけっこもそうですが、焦っている時の姿もかなり笑えます。うちのフィーダーには2羽ほど「ここはボクのうち」と思っているオスのハチドリがいて、片方がフィーダーの近くの枝で留まっていると、もう片方が焦って「何ぉーーっ!?」というような前傾姿勢(というのかどうかは分かりませんが)のまま別のハチドリの目の前を行ったり来たり横移動するのがもう可笑しくて可笑しくて。もう一方も頭ぺったんこにして前傾姿勢で応戦しているのがさらに笑いを誘うんですよー。めるさんちのハチドリも同じように焦りますか?ホント、思い出すだけでも笑えます。
    2枚目の写真はぶれ気味ですが、ノスリのつぶらな目が可愛いですよね^^

    ReplyDelete