Friday, July 23, 2010

Lesser Goldfinch

先日American Goldfinch(オウゴンヒワ)を見てから(今更)思い出したのがアリゾナなど主に北アメリカ南西部に生息するLesser Goldfinch(ヒメキンワ)です。英名のlesserはAmerican Goldfinch(オウゴンヒワ)と比較しているのかどうかは分かりませんが、オウゴンヒワよりもくすんだ黄色が特徴です。興味深いのが、ヒメキンワの中でもオスは住む場所によってgreen-backed form(グリーンがかった背中)とblack-backed form(黒い背中)というように外見にかなりの差が見られます。アリゾナなど生息地の中でも西側ではグリーン、テキサスなど生息地の東側では黒の背中が主流なようです。ちなみにメスは生息地全体で同じような見た目のようで。同じ種なのにオスはかなり見た目が違うので、ちょうど両種のオスが見られたりする場合、メスはどっちを取るんだろう。。。なんて思ったり。

随分前に撮ったものなんですが、滞在先のご近所さんの家の前にて。お花に群がっていました。



オスのヒメキンワ。お花を食べています。






メスのヒメキンワ。かなーり地味な黄色です。でもそんな控え目なところがとっても可愛いです。



さらに花を食べるオス。ちっちゃな舌が可愛いです(よね?)。


日本は梅雨明けで猛暑が続いているようですが、おなじくノースカロライナも猛暑が続いています。最近忙しかったのと暑かったのとで鳥を見に行っていなかったんですが、明日は行ってみようかな。暑くなければ(←弱気)。皆さんも熱射病には気をつけて鳥見をしましょう(←超限定対象^^;)。それではよい週末を♪

4 comments:

  1. 更新お待ちしておりました♪
    引越し疲れはじわじわ来ますから、暑い中どうぞ無理なさらないでくださいね。
    ヒメキンヒワ、濃くてびっくりしました(@_@)。
    場所によってこんなに違うんですね。
    お隣のフィーダーに群がっているんですが、
    こんなに黄色がキレイなのを見つけるとラッキーと思うくらいです。
    1枚目の真っ黄色が4羽集合なんて幻ですし、4枚目のメスも十分華やかに見えます。
    背中は確かにグリーン・・・なので余計にくすんで見えるのかもしれませんね。
    このコたち、なんとも言えない声で会話するように鳴きませんか?
    (図鑑にもsweetって書いてあって、納得(笑))
    時々とても切ない声を出すので、うちではセツドリと呼んでいます。(^^)

    ReplyDelete
  2. そちらも暑いですか?
    ミシガン在住のお友達も、今年は暑い!とメールしてきたので・・・この暑さは世界的なモノなのかな??
    今日も暑い新潟でした(汗汗)

    さて、本日のブログの内容は面白いですね^^
    同じ種でありながら、生息する場所によってオスの色が微妙に違うとは@@
    夏休み時期ということもあり、「自由研究」の課題にしても良さそうです^^v

    そして、可憐なお花畑で羽を休める様子がメルヘンです☆
    アナーバーでは、何度か撮影のチャンスがあったけでど、まともにピントが合ったことのない鳥でした(笑)
    BBさん、小さな舌までも捉えていて凄いわ~。

    ReplyDelete
  3. めるさん、こんにちは♪
    お待たせしました~^^、そしてお待ちいただいてありがとうございます^^引越しの際はいらないもの捨てたし、そんなに荷物もないから楽だろうと甘く見ていたようです。今になってもダンボール箱が5つほど行き場を失っています。ちゃんとやる気を出せばあっという間に片付くとは思うんですけどね・・・肝心のやる気が出ないんです^^; ヒメキンワはアリゾナで見たんですが、こっちのオウゴンヒワと比べると少し黄色がくすんでいますが、めるさん地方ではもっと色が薄いんでしょうか?場所によって濃さが違うんですかね?面白いです。確かに切ない儚げな声で「ひょひょひょ・・・」みたいに弱弱しく鳴いているのを耳にすると、ああ、なんて可憐な・・・とか思ってしまいます。セツドリ・・・なんかそういう名前の鳥移送ですね!めるさんって、実は名づけ名人ですよねー^^

    ReplyDelete
  4. Elflowerさん、こんにちは♪
    こちらも毎日暑いですよー!今日は輪をかけて暑かったです。もう外に出ると、湿気が手伝って一瞬にしてベトベト素肌が出来上がります。ファンデとかつけている場合ではございません。新潟も暑そうですよねー。でも新潟だと夕方は海から吹く風が少し熱気を取り去ってくれる気がするので、ちょっとは夜は過ごしやすいでしょうか?
    同じ種(またはほぼ同じ種)なのに微妙に色合いや模様のパターンが場所によって違っているなんて面白いですよね。気候や地理条件、食べ物などで変わってくるんでしょうけれども、メスがほぼ全域で同じような見た目って言うのもまた興味深く・・・というかなぜメスはいつもこんなに地味なんだ!?と若干不公平な気もしてしまいます^^;もう少し秋口に近くなったら黄色い子用にゴハンを用意してあげようと思っているので、黄色の鈴なり状態を今から夢見ています。お楽しみに♪

    ReplyDelete