Friday, August 27, 2010

Digiscoping at Mason Farm -- It's so fun!

週末にデジスコデビューをした際に、色々な種類の鳥を撮ってみました。

まずBrown Thrasher(チャイロツグミモドキ)。この鳥は見つけるときは大抵地面にいます。常に忙しくトコトコ歩き回っては地面を穿っています。べつにデジスコでとる必要もない鳥と言われですが、どこにでもいる地面系の鳥でまずは練習してみました。これが意外と撮るのが難しかったです。

Brown Thrasher


こちら、すっごーーーーーく遠くの木に留っていたIndigo Bunting(ルリノジコ)のカップル(向かって左メス、右オス)。オスは繁殖のための綺麗なインディゴブルーの羽が抜け始めていてメスのようにチャイロになる途中の模様。この鳥は普段は警戒心が強くて私には近寄る事が出来ないんですが(たまにすごい至近距離から撮ったと思われる写真を見かけることもありますが、私にとってはそれは神業!)、遠目から見ている分には彼らも安心している様子です。しかし、デジスコで撮ってもこの大きさって。。。

Indigo Bunting


こちらは警戒心ゼロのDowny Woodpecker(セジロコゲラ)のメスです。ズーム殆どしてません。

Downy Woodpecker


こちらはおなじみ、Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)の若いオスです。高い木の上にいてもデジスコなら遠くから無理のない姿勢で撮れるから楽でいいですねー!

Ruby-throated Hummingbird


こちらはEastern Bluebird(ルリツグミ)の若いオス。これまた超遠くにいたんですが、思いっきりズームして撮ってみました。やっぱりズームしすぎると写真がボケるんでしょうか?それかスコープのピントが合っていないんでしょうか?むむむ。。。難しいです。

Eastern Bluebird


一通り色々鳥を撮ってみて、デジスコは動きの速いものには向いていない、というのがとってもよく理解できました。私がのんびりのろのろスコープのピント合わせている間に、鳥の皆さんあっという間にいなくなります。もう少し機敏に動けないかしら、私?あ、そういや昔体育の授業で反復横跳びとか超スローモーションだったしな。。。(←関係大アリか!?)

6 comments:

  1. Brown Thrasher、目がクリッとしていてモニターに向かって、目大きいーと言いました(^・^)
    Indigo Buntingは年中見られるのですね!?
    この鳥は、ボロになっても美しいのが特徴だと私は常々思っております。
    高い位置で空バックだと黒く写ってしまう事が殆どですが、
    ちゃんと明るく撮れてますねー
    BBさんがデジスコをとても楽しまれているようでオット共々顔が綻んでおります。
    デジスコの良い点、デジ一眼の良い点を織り交ぜながら、
    今後もナイスショット楽しみにしております(^・^)

    ReplyDelete
  2. どれも立体的で美しい~♪
    上の写真と比べると小さいIndigo Buntingですが、
    私には普通サイズ、十分ありがたく思ってしまいそうです。
    この鳥さん、小さいのに存在感ありますね。
    米粒で作るこけしを思い出してしまいました。(作ってみようかな)
    ハチドリの申し訳程度のキラリンも未来を感じていいですね。
    BBさんの写真、これからもますます楽しみです。(^。^)

    ReplyDelete
  3. セジロコゲラの女の子☆可愛いね~~。
    つぶらな瞳に釘付けです。
    背景のボケ感も見事で、うっすら見える緑がいいですね。
    カメラって、上達するたびに壁が高くなるといいますよ!
    レンズも新しく欲しくなるし、もっと綺麗に撮りたいって欲求が向上心に繋がるのよね。
    私は・・すっかりカメラの出番が減ってます↓

    ReplyDelete
  4. luluさん、こんにちは♪
    Brown Thrasherの黄色い目は鳥が嫌いな人にはすごく嫌われそうな怖い感じの目ですが、鳥好きの私にはとってもキュートに見えます^^ 残念ながらIndigo BuntingはNCでは夏の鳥で8月が過ぎるとほとんどが中南米に帰ってしまいます。渡ってきたばかりの4月下旬から5月上旬などは比較的低い木の上で歌っていることが多く、来年の春に素敵なIndigo blueにまた会えるのを今から心待ちにしているんです。
    デジスコ、だだっ広い湿地や野原の多いNCでは本当になくてはならないものになりました。デジ一眼はハチドリ専用になってしまいそう・・・なんて^^;

    ReplyDelete
  5. めるさん、こんにちは♪
    Indigo Buntingは近くで見ると、もう気を失うくらいに綺麗な鳥です。渡ってきたばかりの頃は、Indigoのボディが強烈に美しく、もう存在感はピカイチです。残念ながら、彼らは夏が終わると南の国へ帰ってしまうので、これが今年の見納めです~。
    米粒でこけし!?いったいどうやってペイントするんですか?髪の毛一本とかの筆とかじゃないと、目とか描けなさそう・・・。細かい仕事は好きですが、さすがにそこまで細かいと肩こりそうですー^^;

    ReplyDelete
  6. Elflowerさん、こんにちは♪
    Elflowerさんのお好きなコゲラちゃん、結構人見知りをしないようで、デジスコは普通いらないくらいの距離にいるんですよ。特にウチの前の木でいつもフィーダーをそのつぶらな瞳で見つめていて、そんなコゲラをみると美味しい木の実を補給してあげたくなっちゃうんです^^ 新潟はまだまだ暑いでしょうか?秋になったら少し出かけやすくなるし鳥の姿も見つけやすくなりますね。目指せ、カワセミですよ~!

    ReplyDelete