Thursday, August 12, 2010

Ruby-throated Hummingbird #10 -- hummers update



朝方のハチドリ。目指せ、砂糖水!

8 comments:

  1. すごい!羽根がくっきり!
    ど、どうやって撮ったんですか~~?(@o@)
    こんなに勇ましいハチドリって初めて見ました。
    猛禽くんみたいです。

    昨日のモリモリハチドリは、ふと浮かんだだけで・・・(^^;;
    盛りだくさんのモリということにしてください。
    そういえば昔、夢がモリモリとか言っている番組がありましたっけ(古)

    ReplyDelete
  2. わかりました。ハチさんは砂糖水、命なのですね。私がテレビで見たハチさんはカ行でなく、どちらかというと、ハ行の方の音で鳴いていたようにも聞こえました。
    朝はやはり早いのですか? 鳥は皆早起きで、朝弱い私はきっとBBさんのような決定的瞬間をいっぱい逃していると思います。 

    ReplyDelete
  3. めるさん、こんばんは♪
    これは朝のストレッチ体操の時の写真なので、実は動きがそんなに早くないんです。なので、ハチドリの羽もちゃんと写っているんですねー。戦う気だけは人一倍強いオス君ですが、意外と自分の頭上に留まっているメスの存在に気づかないまま、左右に頭をフリフリして警戒しているという、ちょっと間抜けな感じなときもあります。上下も見なきゃーダメですよー、って教えてあげたくなってしまいます^^;
    モリモリというと筋肉かゴハンしか思いつかないお粗末な想像力の私を許してください・・・^^;

    ReplyDelete
  4. Shidekuboさん、こんにちは♪
    そうなんです、彼ら砂糖水命です。砂糖水のために一日中近くの木で見張っていたりするんですよ。しかも朝多分私が起きる1時間前にはすでに見張りの木に留まっていると思います。
    ハチドリも種類によって鳴き方が色々違うようで、同じような体の構造なのに本当に不思議ですよね。どこぞの誰かがハチドリの脳みそを調べた事があって、北アメリカのハチドリのうち、Anna's Hummingbirdだけは脳内の一部にある性ホルモンの受容体が発現していて、それが他のsongbirdと似た発現の仕方だそうで・・・そのせいでAnna'sだけは唯一メロディーを奏でることが出来るようです。ウチんとこに来るノドアカはネズミのようにただひたすらキューキュー言っているだけなんですが・・・歌うはずはないのにたまに歌っているように聞こえます^^

    ReplyDelete
  5. これ留まってストレッチしてるのですね?
    私は飛んでいるシーンかと思い、
    すごいBBさん!!!!!!!さすが!!と思ったのでした(笑)
    しかし、面白い姿勢でしているストレッチですねー(^・^)
    可愛いです。
    いっぱいストレッチ写真持ってますが、このような水平なストレッチ写真ないです。

    ReplyDelete
  6. luluさん、昨日こちらのコメントに気付かずに失礼いたしました〜。
    そうです、これは留ってます。ハチドリの反対側に縦に伸びる枝が見えますが、ハチ君の足下にほっそ細の横枝があって、そこに器用に留ってるんですねー^^
    これで飛んでたらそれこそミラクルな写真ですよね!言わなきゃ良かったかな。。。(笑)

    ReplyDelete
  7. ぁ・・・・私も飛んでいるところかと思っていました。
    しかもシルエットだけで、胴体は左側にあるのかと。ずいぶん立派な翼だな~なんて(^^;;
    ぱっと見て羽根で気づかないなんで、まだまだ修行が足りません
    みょーんと伸びている首にだまされたのかもしれません。ETみたいですよね。(とごまかす)

    ReplyDelete
  8. めるさん、いえいえ、修行が足りないなんてとんでもございません。撮り方のせいで、まるでシークレットシューズで身長を誤魔化すかのように(どういう例えじゃ・・・)言われなきゃ分かりにくいかもしれません。でも実際にめるさんの想像したような超アクロバット飛行のハチ、見てみたいです~!

    ReplyDelete