Monday, September 6, 2010

Autumn is in the air ....

今週末はアメリカはLabor Day(労働の日)という祝日で私は3連休でした。子供達にとっては夏休み最後の休日でもあり、働く大人にとってはレクリエーションの日でもあったりしま す。またこの休日は夏の終わりを意味する場合もあるようで、なんだか一気に秋めいてきたように感じます。ま、この週末はハリケーンの影響もあって、内陸は 過ごしやすくなっているんですけどねー。

せっかく気温も心地よかったので近所に早朝お散歩にいきました。
こちら若い雄鹿。角が枝分かれしていないので2年目のオスですなー。




鹿の親子が沢山いました。この時期ベビーラッシュなんでしょうか?バンビの尻尾がポワポワしていてとっても可愛いですねぇ。あと、鹿って鼻が巨大でそれもまた可愛さを倍増しているように思います。



こちらIndigo Bunting(ルリノジコ)のメス。今の時期、オスはどこかに雲隠れしているのか、ぜんぜん見つけられないんですわ、これが。



こちらかろうじて見つけたオス。っていっても幼鳥で青い羽がほとんどないんです・・・。しかも尻尾もないし。不完全君ですが、なんか愛嬌があって可愛いです
ねー。



こういう若い子は多分9月末までNCにとどまって栄養つけてから南へ渡っていく模様。この鳥は星空を頼りに渡るんですって。素敵だと思いません?

8 comments:

  1. こんにちは。
    大自然と野生動物、心が洗われますね~。
    東京のゴミゴミとは大違いで羨ましい・・・。
    東京は未だ30℃超えの残暑続きですわ。

    ReplyDelete
  2. 秋めいてきましたね(嬉♪)
    鹿の親子、可愛すぎですー(萌)
    こっちでよく見る鹿はでっかくて角があり、
    載せようという気にはなりません^^;
    ルリさん、脱力しててかなり可愛いです。
    Wow!スズメかと思いきや、ルリ男さんでしたか!
    でもやっぱり、ほんの少し見えているブルーのおかげか高貴な感じがします。
    隠れロマンチストの私、『星空を頼りに~』というのを知り感動の嵐です。
    今夜は興奮して眠れないかもしれません・・・

    ReplyDelete
  3. 素敵な野生の世界です。
    まさにメルヘン、童話の世界だよね^^
    バンビって、本当に可愛いよね。
    全く話が横道にそれますが、バンビの瞳を見るたび、若かった頃の木村拓哉クンを思い出しちゃうのよねぇ(苦笑)
    彼のファンじゃないけど、バンビの大きな瞳=キムタクの瞳という公式になってる私。
    バカでしょ~~(笑)

    ReplyDelete
  4. すてき~♪
    鹿がいると一気に絵本の世界になりますね。
    しかも親子・・・・心洗われます。
    鹿好きなオットにも見せたら、トロけておりました。
    ノジコちゃんたち、ぷっくりしていて可愛いですね。
    20羽くらいつながって、首の周りにまとわりついて欲しいです。

    ReplyDelete
  5. ミケ子さん、こんちは♪ 
    冗談抜きでこの自然は心が洗われる感じですよ〜。純真な鹿や鳥のマナコを見ていると、一瞬嫌な事も忘れます(が、現実の世界に戻ると思い出します)。
    東京はまだ30度もあるんですか!?暑いのはもう勘弁してほしいって感じですね〜。こちらは最近は涼しくなっているけど、長期予報によると9月の半ば頃で暑さが復活するらしいです。一番恐れているのが、激暑が終わったとたんに激寒になるパターン。去年がそうだったのよね〜。嫌だわ〜。

    ReplyDelete
  6. luluさん、こんにちは♪ 
    本当にここ最近いきなり涼しくなって、この週末は朝方半袖では震えるくらい寒かったんですよ(嬉)ところがどっこい!天気予報によると、この涼しさは一時的なこののようで、また蒸し暑いのが復活するらしいです。。。暑いだけでも嫌なのに更に『蒸し』がつくから、手強いっす。
    西海岸の鹿は種類が違うんでしょうかね?こっちの鹿は大人でも結構小振で、写真のオスなんかは最初遠目から見たときはバンビちゃんかと思いましたもの。あちこちで沢山バンビちゃんに遭遇するんですが、最近家の周りで鹿ファミリーがお隣さんのお宅にお水を飲みに来たりしていて、そんな時は『ああ、ウチの周りにフェンスがなければ良かったのに!』と心の中で悔しがっています。男前のルリ男さんは、もう今年はいい色や場面は望めませんので来年の春の渡りの時期までお預けです。星空を頼りにするっていうのをウチにある鳥本で読んだんですが、なんかある特定の星を目安にしているというような事が書いてあったような気もするんですが、何という星だったかまでは覚えておらず。。。ここで生まれたルリさんたちは見た事もない星を頼りに見た事もない南の地を目指すなんて、本当に不思議な生き物ですよね〜。

    ReplyDelete
  7. Elflowerさん、こんにちは♪
    新潟も涼しくなって来た様ですね^^ こちらもようやく写真日和になって来たようで出かける足取りも軽い感じです。心地よい秋が長く続いてくれればいいんですけどね。。。
    バンビちゃんはもう、文句なしに可愛いですよね! この写真のバンビちゃん達は少し大きくなっている感じですが、他にも生まれたばかりなの!?って言いたくなってしまうような、ほにゃほにゃのバンビちゃんもお母さん鹿にくっついて歩いていました。あの模様といい、大きな耳に大きな鼻がもう可愛過ぎて、近所にバンビが出没する時なんかは、食事中であろうとなんであろうと、ついバンビちゃんに見入ってしまいます。
    若かった頃の木村拓哉クンがバンビですか。。。記憶にあるのはすでに今の木村拓哉さんですが、確かに目がくりくりしてますものね。今の彼は親の鹿って感じでしょうか〜^^;(もしファンの方がいらっしゃったらごめんなさい)

    ReplyDelete
  8. めるさん、こんにちは♪
    本当に、鹿それもバンビちゃんがいると一気に童話の世界みたいな雰囲気になりますよね。そういえばめるさんご夫妻は鹿好きでしたね!日本では奈良まで行かないといけませんからね〜、アメリカのこの鹿事情はめるさんご夫妻にはたまらん!って感じでしょう^^ が、どうやら西海岸の鹿とは見た目が違う様なんですがめるさんのご近所のしかも巨大なんですか?西と東とではやっぱり鳥だけじゃなくて鹿も少し違うんでしょうね〜。
    今見られるルリノジコたちはほとんどが今年生まれの若いノジコ達で、毛並みがぼそぼそだったり尻尾が揃ってなかったりと不完全さんが多いんですが、それはそれで丸いもの好きの私としては可愛くて見ているだけでも幸せです^^ 首の周りでルリノジコがゴロゴロ動いていたら気持ち良さそう!ついでに匂いも嗅いでみたいです。。。(←はい?)

    ReplyDelete