Friday, November 5, 2010

Birding at Jordan Lake

Here are some birds that I found when I got lost at the Jordan Lake the other day. Well, there was no waterfowl or shorebird at all at the point where I was. Instead, I saw some perching birds.

先日近所の大きな湖で一人寂しく道に迷ったときに撮った写真です。湖に行ったのに水鳥に会わずじまい。。。一体何のために湖へ行ったのでしょうか。

Where is the lake?
これぞ湖の風景か!?なぜ湖に猫じゃらしが!?


Field Sparrow
初登場!ヒメドリです。茶色のキャップに白いアイリングが特徴です。





Song Sparrow
ウタスズメ。頭頂部のモッフリ感がいいですねー。


Eastern Phoebe
こちらもまるまるとして、さらにちょこっと頭頂部の毛が逆立っていてキュート。





湖に大きな期待を寄せてはいけない、と思いつつ、この時期になると水辺に行ってみたくなってしまう私。今週は湖にいくのは止めておこう。

6 comments:

  1. うん、私も湖には期待してないんです。
    オットとその仲間達は湖には鳥がいっぱいいると申しておりますが。
    その場所との愛称かもしれませんね。
    私は湖独特の空気と臭いに酔ってしまい頭痛がしてくるのです。

    ヒメドリ超キュート☆
    アメリカには可愛いSparrowが仰山いるので嬉しくなってしまいます。
    相変わらず鳥達が目の前にいるかのようなクリアな写真で感心です。

    下の記事ですが、鳥それぞれをヘアースタイルに例えた所が意外にも特徴がよーく理解出来て頭に残りやすいのでとってもナイスな説明だと思いました(^・^)

    ReplyDelete
  2. みんなホワホワで美味しそう~(^^)
    2枚目の正面顔もお茶目ですね。

    湖は枯れてしまったの・・・・?
    でも、目的が果たせなくても、こんなにたくさんのカステラと会えて良かったですね。

    これから買い物です。おやつにカステラ買っちゃおう。

    ReplyDelete
  3. luluさん、こんにちは♪
    私は頭痛こそ起こりませんが、湖で満足するような鳥見が出来たためしがありません。(見る場所とかが間違っているのかもしれませんが。。。)なのであまり大きな湖は好きじゃないんです。よかった、湖嫌いが私だけじゃなくて。
    この時はヒメドリをはじめ、sparrowと名のつく鳥がいっぱいいました。私もsparrow好きなので、ころころ丸いsparrow達をみると嬉しくなります^^ 他にもいっぱい居たので写真を撮ってみたかったんですが、sparrow系ってデジスコでは意外と難しいんですね〜。全然スピードについていけませんでした。
    下の記事、ありがとうございます。しっとり仙人とか意味不明ですけど、少しでも記憶に残ってくれれば嬉しいです♪

    ReplyDelete
  4. めるさん、こんにちは♪
    湖は大き過ぎて水辺につくのに片道2時間かかってしまいました。しかも間違えたポイントに出てしまいもう散々だったのですー。で、結局途中の草むらでいじけていたら、可愛いsparrow達が出て来てくれたので少し元気になりました。冬の時期は鳥がさらにポワポワのカステラ度がアップするので癒されますね〜。おやつのカステラ、羨ましい〜。私、そういえばカステラには(いや、どらやきも)牛乳という超へんな人なんですが(聞かれてないけど答える)、めるさんはお洒落にてぃーとかですか^^?

    ReplyDelete
  5. こんにちは。お久しぶりです。ブログの雰囲気変わりましたね。とてもおしゃれで素敵です。お写真もバッチリで鳥さんの背景がナイスボケできれいです。

    親が急に入院していろいろ用事ができて一時帰国していましたが、その間に何と親不知を抜いてきました。斜めに生えていて隣の歯が虫歯なので抜かないと治療ができないなんていう面倒な生え方をしていたのですが、とにかくイギリスでは治療したくなかったのでね。

    10日間のアメリカ旅行中にも歯を1本抜くようなことがあって(それがコロラド州のDurango なんていう聞いたこともない町で)、とにかく私は歯医者さんのいないところでは生きていけないんです。

    ReplyDelete
  6. shidekuboさん、こんにちは♪
    ご無沙汰しておりましたが、日本に帰国されていたんですね。ご家族の方が入院されたとの事、大変でしたね。しかもshidekuboさん自身も親知らずを抜かれたとは!斜めに生えていると結構面倒ですものね〜。抜いた後しばらくご飯食べにくかったのではないですか?イギリスの歯科医療事情はどんな感じなんでしょう?未知の世界なので興味があります。私は個人的にはアメリカの歯科は好きです。ただし高額なのが困りますが。。。やはり歯は大事にしないといけませんね〜。
    そうそう、ブログのテンプレートをデザイン一新してみました。お洒落ですかね?ありがとうございます♪鳥は今のところそんなにわんさか居るわけでもなく、とりあえず近くのsparrowなんかばっかり撮ってますが、そういうありふれた鳥でも撮ってみると結構可愛かったりしますよね〜。

    ReplyDelete