Sunday, November 14, 2010

Brown Creeper

週末、外に出てぼーっと木の根元に立ってみました。するとちっちゃな茶色い物体が頭上に飛んできましたよ。木の幹に何かくっついているのが見えますか?幹の色そっくりですねー。




その幹そっくりさんはBrown Creeper(アメリカキバシリ)でした。ちょっとWren(ミソサザイ)ちっくな外観です。NCでは冬鳥です。




このアメリカキバシリは木の幹をはって進みながら餌となる虫などを木の皮の間などからとって食べます。
木の上をはうといえばNuthatch(ゴジュウカラ)なども木をはいますが、このアメリカキバシリはゴジュウカラのように下向きに木をはうことが出来ません。キツツキ同様に、尾羽を支えに使っており、その関係で木を下降できないんだそうです。



木のてっぺんにたどり着くと次の木の根元に飛び移りまた上へ上へと上っていきます。その移動がまた速いんだ・・・今度はもうちょっとフワフワなお腹の毛とか見られたらいいなぁ・・・。

8 comments:

  1. アメリカにこんな鳥も居たんだ!かわいいなー
    ほんと幹に同化しちゃってますね!神秘だし感動です!
    木の根元に立つといい事もあるんですね。今度やってみます(^・^)
    私の場合多分リスが降りてくるくらいだろうけど....
    下から上に移動というのが撮りやすそうな感じがしましたが移動が早いんですね~
    しかもキツツキのように螺旋しながら上昇でしょうか?
    最後の写真、紅葉に囲まれてて素敵ですね。
    同化で思ったんですが、カモフラージュしてない鳥も多くいるじゃないですか。例えばカケスとかフウキンチョウとか。
    同じ鳥なのに大きく違う所があって面白いなーと
    アメリカキバシリを見せて頂いて思いました。

    ReplyDelete
  2. わぁ、秋色でステキです~♪
    1枚目、一瞬ムシかと思いました。次の瞬間はマーブル模様のチョコレートに見えました。
    木と同化して見つけるのが大変そうですが、動きが面白くて、一度見つけたら目が離せなくなりそうですね~。
    私はいまだに鳥撮りに行けていないけど(涙)、
    ここに来ると鳥見妄想できて楽しいです。

    ReplyDelete
  3. おはよ~
    アメリカキバシリってすごく小さそうだね。
    樹皮に同化してて面白い。でも、なかなか見つけられそうだ。
    きっとキバシリ君が同化する前にBBちゃんが自然に同化してて、キバシリ君も気づかなかったんだろうね。
    それにしても、すごく綺麗に紅葉しているね。羨ましい!
    写真も映えますな~
    そろそろTexasも昆虫がいなくなってきたので、鳥に重点を
    置いていこうかな。

    ReplyDelete
  4. luluさん、こんにちは♪
    アメリカキバシリ、2008年の秋に一度見かけて以来、全く見つける事が出来ず幻の鳥になっていたんですが、なんと今度のおうちではフツーに家の前の木を走っていました。おっしゃる通り、キツツキみたいに螺旋を描きながらさっさと木を登ります。よってデジスコ撮影は無理でした〜^^; 確かにまるっきりカモフラージュ風の鳥とそうでない鳥が同じような所で過ごしているのは不思議です。特にフウキンチョウとかカーディナルがすごい強い訳でもないし。。。敵に喰われるよりも異性にモテたい気持ちが強いのかしら?なーんて。
    木の根元に立つと冬場は風よけにもなるし、自分の姿も隠れるので私はよくやりますよー。寄りかかれるのでらくちんですし。リスでもなんでも自分の近くに来てくれるととっても嬉しいですよね^^

    ReplyDelete
  5. めるさん、こんにちは♪
    ただいまNC紅葉真っ盛りです。至る所で木々が赤や黄色に色づいていて、今が一番綺麗な時期かもしれません。
    このアメリカキバシリは小さいのもありますが、その見た目がまさに木!うまくとけ込んでますよね^^
    キバシリという名前だけあって、木を走っていて中々撮るチャンスがなかったんです。。。
    でも双眼鏡で見ているだけでもとっても可愛くて面白くて癒される鳥ですよ。日本にも同じようなキバシリいるみたいですよ〜♪ 是非、走っている所を見つけてみてください!

    ReplyDelete
  6. Chikaちゃん、こんにちは♪
    ごめんねぇ〜、なんか今年は紅葉が遅かった。。。今頃真っ盛りですよ。テキサスは紅葉はないのかな?
    アメリカキバシリはすずめよりも少し小さいくらいの大きさだよ。極端に小さくはないんだけど、模様のせいでとっても見つけにくいの。木に同化しているとびっくりするくらい小鳥が近くに飛んで来たりするので冬場は風よけがてらよくやります。Chikaちゃんも得意の同化、是非大きな木の根元でお試しを〜。
    鳥に重点を置くと言えば、テキサスの海岸沿いは鳥だらけなんじゃないかな?うらやますぃーーー!

    ReplyDelete
  7. イギリスのガーデンバードの本にもキバシリって載っているのでいちおう身近な鳥のようなのですが、残念ながらここでは見たことがありませんでした。 ボーっと立っていたら飛んできたなんて何と羨ましいことでしょう!
    特に1枚目の真下からのアングル、なかなか目のつけどころが良いですね。

    ReplyDelete
  8. Shidekuboさん、こんにちは♪
    キバシリは結構広く分布している様ですが、外観のせいなのか見つけにくく、私も久しぶりに見たんです。Shidekuboさんのおうちではクレちゃんも来るという事ですから、多分キバシリさんも居ると思います。というのも。。。こちらではクレちゃんに似た鳥で(いや、同じ?)Golden-crowned Kingletがいますが、どうもキバシリとこのGolden-crowned Kingletはどこかでつるんでいる感があって、Golden-crowned Kingletがデッキ近くに現れると必ずキバシリも木を走っているという。。。ということで、多分木をじ〜っと見ていれば出てくる可能性があるかもしれません!(根拠はない)

    ReplyDelete