Thursday, December 2, 2010

One of my favorite marshes . . . .

こちら私のお気に入りの湿地の1つです。ここは家からかなり近いんですが、このポイントに辿りつくのがかなり面倒なので滅多に行きません。Luckyだといろんな水鳥が見られます。そうじゃないときは何も出ません。でも人気のない湿地はしーんと静まり返っていて結構心が洗われたり。。。

この日はunlucky dayでした〜!


湿地なのにHouse Finch(メキシコマシコ)とか。。。
『あたし達、地味子♪よろちくね』


結局水鳥見つからず。。。Red-shouldered Hawk(カタアカノスリ)の若い個体とか。
グレーの舌に注目!

何やら真剣にマシコを物色しておりましたよ。

湿地なので水鳥を見たいと思ってしまう私です。懲りずにまた行くか!?

4 comments:

  1. 頭がずぶ濡れのめるでございます。←前回の続き。
    そうでした、ビーバーは水の中にいるのでした。
    モントレーでラッコのふあふあな毛皮を触って夢心地になりましたが、
    そういえばラッコも水上生活なのでした。気をつけねばなりませんね!
    1枚目、とっても幻想的な風景です。BBさんのいらっしゃるところは、鳥もいいけど景色もいい!
    茶系のメキシコマシコちゃんも、カタアカノスリも、
    シックでステキですよね~。
    メキシコマシコって、韻を踏んでいてなんだか好きな名前です。

    ReplyDelete
  2. ずぶ濡れのめるさん、こんばんは♪
    あ、でもビーバー、バス停にいるのは乾いてました。
    多分枕にしても泥臭いだけで頭ぬれないと思います。

    1枚目の写真みたいなところがまさにNCと思っていただいていいかと。建物は街の中のほんの一部にあるのみで、大体がこんな感じの場所です。手付かずの場所も多くて、逆にそういうところは入っていけないくらいに荒れ放題なので結局行動範囲が狭かったり~^^;
    メキシコマシコ、シコx2!しっかり韻踏んでますね!さすが吟遊詩人めるさん!しかしなぜメキシコが頭についているのか私自身理解しておらず・・・。
    でもせっかく湿地なのでオウギさんとかいるかと期待していたのにこの日はいらっしゃいませんでした。。。残念。

    ReplyDelete
  3. 気づくと12月・・・日本は忙しくなってきましたよ^^;
    アメリカでは全く感じなかった焦り。。
    どうも見えないストレスに襲われます(汗)
    そんな時、BBさんのお写真を見ると癒されます。
    アメリカの青い空、澄み渡った空気が写真から伝わるのよ。
    新潟も立派な田舎だけど、やっぱり空は狭いよね。。。
    そして野鳥も少ない(涙)
    先日は、主人の仕事に同行して和歌山行ったのね^^
    白浜に大きな動物園があって、まるでサンディエゴみたいでしたよ~~。
    テンションが上がりました。
    その動物園に、アメリカの国鳥(鷲?)を見ました。
    凛々しいよね~~。
    ついつい敬礼したくなったよ(笑)

    ReplyDelete
  4. Elflowerさん、こんにちは♪
    師走って響き自体に急かされてしまいますよね。それと、12月になると「xxの準備は出来ましたか?」的なコマーシャルも多くなってきますし^^;それはそれであわただしい日本の師走って感じで個人的には嫌いではないんですが・・・。
    私の写真とうかNCの景色はとっても癒されますよ。どこまでも森が続いていたりたまにこんな風に湿地があったり・・・建物が少ないので目には優しいかもしれません。新潟は新潟で海が近いし食べ物も美味しいし別の癒しがありますよ~^^ 私は新潟のおすしに癒されます。
    白浜の動物園に行かれたのですね!動物園って写真撮るようになってから行くとまた違う見方で動物を見られるからとっても楽しめますよね!アメリカの国鳥、Bald Eagleは私は実際に見たことがないんです。本当にカッコイイ鳥ですよね!

    ReplyDelete