Monday, May 31, 2010

Memorial day weekend

今週は月曜日がメモリアルデーという祝日で3連休でしたよ。
しかし休みを通して天気が安定せず、結局は家で過ごしてしまいました。
それで も少しは何かしないと~、ってことでとりあえずハチドリ。

まずは可愛いメスですよ♪
私の飲み穴はどれかしら~♪




で、オス。顔が、く・・・黒すぎる。
ハチくん、できれば反対側に座ってくれませんかね?




そうだ!メスがいるってことはここら辺で巣を作ってるよね!
ってことで、メスの行く先を目でいつも追ってみるんですが、参考に下の写真をご覧ください。
手前にぼーっと写っているのがフィーダーですが、いつもぶいーんと森に向かって飛んで行き、ちょうどピンクの矢印のあたりで姿をくらまします。



だいたいいつも同じ方向に行くからあの辺りに何かがあるに違いない!!!と思うんですが、場所も高すぎ、そして葉っぱ多すぎでどこを見ればよいのやらぜんぜん分かりません、正直言って。

一応山のほうをすこーし散策してみました^^
・・・けど鳥っ子一人おらず(いるんだろうけど)、しょうがないので苔の写真撮って来ました。



この苔の枝、びっくりするくらい芸術的な苔が生えていて、ここに何か変わった鳥がいてくれたら素敵なのに・・・と思いました。って、苔撮ってる場合じゃないんですけどね^^;
かも~ん、鳥!!!

Thursday, May 27, 2010

Cardinal's propose

A male Northern cardinal proposed to a female.


' Can you marry me?'



after a while ....



' Yes♪', said female.

先日はカーディナル達が庭先でなにやら怪しげな動き。
オスがメスを嫁にもらおうと頑張っていた模様です。
めでたくカップル成立です♪
もうすでに雛を連れてきているカーディナルもいたりしますが、実際には7月頃まで繁殖シーズンなので、まだまだこれからですね!頑張れ、カーディナル!

Tuesday, May 25, 2010

Red-eyed Vireo

One of the most common birds of the Eastern forests, the Red-eyed Vireo is heard far more than it is seen. It sings continuously from the forest canopy from dawn to dusk. The vireo's song is a series of phrases interspaced with short pauses, like the song of an American Robin broken into pieces (cited from Cornell Lab of Ornithology).

Red-eyed Vireo(アカメモズモドキ)は初登場ですよ。といっても名前ほどインパクトのある鳥ではなく、というかものすごく地味です。いつも高い木の上で枝葉が茂っている所にいるので、声は聞こえても中々姿を見る事はないんです。東部ではかなりどこにでもいる渡り鳥です。この時期は耳を澄ますと(澄まさなくても)必ず森の中からアカメちゃんの声が聞こえてきます。アカメといわれる所以の赤い目、わかりますか?



**********************************
ただいまハチドリの巣探し中ですが、当然の事ながら見つかりません。

Sunday, May 23, 2010

Ruby-throated Hummingbird #6

今日も大雨で時々雷雨でしたよ。
お家の中からハチドリを時々眺めて過ごしました。
メスのハチドリ。すっかりくつろいでフィーダーに座っています。
オスは一回の飲む量が少ない代わりに頻繁にフィーダーにやってきますが、メスは回数が少ない代わりに一回に飲む量がとっても多いのです。どこかで卵を温めているのかなぁ・・・。



そしてこちら、少し笑えるオスの動画。
雨の音が大きく入っているので、音量に注意!
まずは、雨が降るなか、枝でフィーダーを見張っているオス。最初は右、左と頭をちょこちょこ動かして余裕で見張っているんですが、20秒を過ぎたあたりで突然雨足が強まってきて、余裕ぶっこいていたハチがあまりの雨の激しさにだんだんあせってきて、最後は退散する様子が見られます。ハチって本当に面白いです^^

Saturday, May 22, 2010

Ruby-throated Hummingbird #5


今週末は雷雨の予報で、外はかなり怪しげな雲行き。こんな日は東向きのうちのポーチからハチ様の写真を撮るには最悪なんですが、なんと今日は4-5羽同時 にフィーダーに集まってくるくらい突然うちのフィーダーが活気付きましたよ^^ 理由はたぶん、先週と今週にあった大雨で咲いていたハニーサックルなどの お花やそのつぼみが全部落っこちちゃったからだと思います。また咲き出したら自然のお花に戻ってしまうんでしょうけど、少しの間でも、そして少しでも多く遊びに 来てくれると心が超満たされます♪

そういえば今年になってまだメスをご紹介していなかったので、真っ暗ですけどご紹介。って暗いんですけどねー^^; 可愛い白いお腹とアンヨに注目!!!






こちらここを自分のおうちと思っているオスのハチ1号。メスでも容赦なくぶっ飛ばします。


これはちょうど誰かがぶぃーんと近づいてきてハチ一号が焦っているところ。
ぺったんこ頭に興奮気味に開いた嘴が可愛いですね^^

Friday, May 21, 2010

Carolina Chickadee #1



正面からみると意外とブサイクなCarolina Chickadee(カロライナコガラ)です。黒いところの形が何か変です。

それではよい週末を♪

Wednesday, May 19, 2010

House Sparrow family

House Sparrow(イエスズメ)再登場。
モデル立ちのおとーさんです。

周りにはもうだいぶ大きくなった雛が3羽ほどいました。


羽をふるふるさせて、びーびー鳴きながらおとーさんすずめにおねだりしていました。
雛がおねだりする時のこの羽ふるふる、とっても可愛かったです♪



おとーさんすずめは子供の目の前にあった何かをひょいっとくわえて子供の口まで運んでいました。
目の前にあっても自分一人では未だとれない、食べられない、飲み込めないんでしょうか!?
甘えている所も可愛いですねー^^

*********************************
そういや、この方今日のyahoo japanのトップニュースの所で動画でNorthern Cardinal (ショウジョウコウカンチョウ)が紹介されているようでしたが(こちらでは動画は見られませんけど)いったいどういう状況でリポーターがカーディナルくんを握っているのかが気になりました。。。『イテテ』とか書いてありましたが、そりゃー、むりやり野生の鳥を握ったら怖がって、それに嫌がって噛むに決まっていると思うんですけど。まー、でもカーディナルくんも日本のトップニュースになれるくらい人気者という事でしょうねー^^


この冬のカーディナルくんです。

Tuesday, May 18, 2010

The food chain

先日窓の外が騒がしいなー、と思ってその騒がしい方向に目をやるとRed-shouldered Hawk(カタアカノスリ)の可愛い胴体が木の陰にちらっと見えました。ノスリが何かを狙っていてそれで周りの鳥達がウルサイのかなー、と思ってましたが、よく見てみたら。。。



本当によく見ないと小さくて分からないですけど、ノスリの左側の枝でNorthern Mockingbird(マネシツグミ)が一生懸命威嚇?しています。もうすごい勢いでぎゃーぎゃー騒いでしまいにはノスリに直接手(じゃなくて足)を出したりもしていました。
ノスリがマネシツグミの雛でも狙っていたのでしょうかねー?



こちら別の日のカタアカノスリ。これ、殆ど私の膝くらいの高さの枝に留っているんですけど、ちょうどノスリの見ている方向に小さな小川がありまして、小鳥なんかはよくそこで水浴びをしています。どうやらそれを狙っている模様。こうやって単独で見るとカタアカノスリはとってもこぢんまりとしているんですが、マネシツグミと比べると大きさの差は歴然。弱肉強食に食物連鎖(?)、そんな言葉を並べてみたくなりました。

Sunday, May 16, 2010

Summer colors ....

今日も朝はだらだら過ごしてしまいました。
これではいかん!ということで近所の山へハイキングに行きましたよ^^

蒸し暑くて山を登る足取りも重く・・・やる気ゼロ。というかあまり頑張ると翌日に響くので控えめに。
でもカーディナル以外で真っ赤な鳥の代表、Summer Tanager(ナツフウキンチョウ)が一瞬だけすっごく遠くに見えました。憧れの鳥なんですけど・・・遠くて遠くて^^;



そのあとの散策でWhite-eyed Vireo(メジロモズモドキ)を発見。



歌うメジロモズモドキ。




この頭でっかちな感じに白い目がとってもキュート♪



先日の記事でも書きましたが、この鳥は私の夢の鳥のひとつでして。
可愛くて可愛くてたまらないんですねー。
ちなみになき方には色々なバージョンがあるんですが、思いつくのを真似ると・・・

「ちっ、ぶらでぃみーる」

って感じで。ぶらでぃみーるって一体誰!?

Saturday, May 15, 2010

Spotted Sandpiper --in breeding plumage

ノースカロライナでは渡りの時期に立ち寄ることが多いSpotted Sandpiper(アメリカイソシギ)。喉からお腹にかけての水玉模様は繁殖時期に見られる模様で冬には真っ白になるようです。実際の繁殖の地は微妙に私が住んでいる地域は外れているようで、春から夏の間はいつも見られるという訳でもありません。



この鳥、歩くときにお尻をピクピク上下させながら歩くので見ていて面白いんです^^
Carnell lab ornithologyのウェブサイトでこの鳥に関する面白い事が書いてあったのでご紹介します。
普通、渡り鳥はハチドリなんかがいい例ですが、オスが先ず先にやってきてそれからメスというパターンなんですが、この鳥はメスが最初に繁殖の地へやってきて縄張りを確保するようです。そして卵を産んだ後も女王様よろしくオスが卵を温めて更に雛のお世話もオスがするようです。メスはその間何をしているかというと。。。なんと他のオスとの間に卵生んでたりするらしく^^;
さらに驚愕の事実はこのアメリカイソシギのメスはオスの精子を体内に貯蔵できるらしく、めでたくカップル成立後に他のオスとの間にもうけた卵を産む事もしばしばだそうで。なんにも知らないオスは自分とは血のつながりのない子を育てる事になるんですって!!!アメリカイソシギのメス。。。意外と魔性の女だったりして怖いです。

*********************************
おまけで笑えるハチドリ。小さいので拡大してご覧ください。

いったい何やっているんでしょーか?意味が分かりません。



Thursday, May 13, 2010

Northern Cardinal #3



カーディナルの前に今日のお花。ピンクの薔薇です。しかもショッキングピンク!
紫の薔薇の人(知らない人の方が多そう)ならぬピンクの薔薇の人が現れてくれないかしらー、と思ったほど鮮やかなピンクでした。

で、本題に移りまして。最後にカーディナル達を載せたのはまだまだ寒さが厳しい時期でしたが、今はこの通りすっかり夏模様になりました。

カーディナルくん、ハチドリの大好きなハニーサックルの側がお気に入りです。
ハチドリにしてみれば嫌がらせです。


メスも最近では子育てに忙しいようで。。。


毛並みもなんだかボロボロです。


カーディナルくん。緑の中で赤い炎が映えますね〜。



すこし男らしいカーディナルくん。


こちらもカッコイイカーディナルくんですが、食べかすは気にしません!!!


みんな子育て真っ最中。もうすぐ雛を連れてくるのかな?楽しみです。

Monday, May 10, 2010

Mallard family #2

1週間前に見かけたMallard(マガモ)の雛たち、この日曜日には一回り大きくなって見えました。自分で水から簡単にあがれるし、羽繕いだってできるようになりました。嘴もなんとなく大きくなったように見えます^^




で、こちら池の近くの側溝で偶然見かけた別の親子。この子達は本当にちびっこでした。たぶん2-3日前に卵から孵ったばかりなんだと思います。



一番上の1週間前に生まれた子たちよりも嘴がミニミニサイズです。



「おかーたん」という感じに見上げているところがまたキュート♪ちなみに画面左側が母マガモのおなかです。




で、久々に登場、うちのハチくんです。
今日はまた違った萌えポイントをご紹介します。
いつもは正面とか横からですが、今日は後ろから撮ったところ。
羽をピクピクさせながら飲んでいるところが萌ポイントです(私にとってという意味で)。

Sunday, May 9, 2010

Purple ball flowers and Gray Catbird

今日は気温も暑すぎず寒すぎずちょうどよい気持ちのいい一日でした。リスが木の上でこんな風になっちゃうのも頷けます^^




今日はまた可愛いお花を見たのでご紹介。
これは見た目そのまんま、Purple ball flowers (正式名称Allium Purple Sensation)と呼ばれるタマネギ科のお花です。タマネギの仲間だけどタマネギ臭はしませんでした。



私、丸い形のものが大好きなんですけど、この丸さはかなり私の癒しのツボを刺激してくれました。



手前がちょっと暗くなってしまって残念なんですが、この丸い花がずら~っと並んで咲いていました。私には匂いは分からなかったけど、タマネギの花なんて蝶々とか鳥とかは好きじゃなさそう・・・。どうなんでしょうか?ハチドリがこのお花に止まってくれたらすごく可愛いと思うんだけどなー。



そして新ブログでは初登場、今年のGray Catbird(ネコマネドリ)です。ノースカロライナでは夏鳥です。名前から想像できるように、この鳥は猫のような声で鳴きますが、ほかにも色々な鳥の鳴きまねが得意だったりする芸達者な鳥でもあります。頭のてっぺんの黒いところが海苔くっつけたみたいで笑える和み系の鳥です。


とくに夕方おかしな鳴き方の猫が沢山いるなー、と思うとこの鳥だったりします。

Friday, May 7, 2010

Northern Mockingbird #2

ようやく嬉しい週末ですよー♪
いつものごとく帰宅後ポーチを掃除していると、視界にへんな動きをするモノが飛び込んできました。
うちの横には汚い小屋があるんですが、その前でNorthern Mockingbird(マネシツグミ)が羽をパカパカ閉じたり開いたり。これが噂のマネシツグミのディスプレイか!?

あっち向いてぱかっ!



こっち向いてぱかっ!!!



さらにさらにぱかっ!!!!!!


これ、飛ぶ直前とかではありません。本当に羽をパカパカしているんです。私の鳥本にはディスプレイだと書いてあるんですが、いったい何のためのディスプレイなのかは書いてないんです。今日も別にメスがいたわけじゃないし。・・・はっ!もしかして私が惚れられていたのかしら!?ごめんねー、あたしはもうハチラブだから~♪(←バカもほどほどに)

Thursday, May 6, 2010

Common Grackle #2

ここノースカロライナに限ったことではないことですが、Common Grackle(オオクロムクドリモドキ)などのGrackle(ムクドリモドキ)はアメリカ全土結構どこにでもいて、しかもやかましいので嫌われている、もしくは注 目されていないことが多いように思います。でもよく見ると意外と面白い顔をしているので、結構気に入ってます。

今日は暑さで参っているオオクロムクドリモドキです。
水辺で口開けっぱなしです。




さらにお口開けッパで。
極道風に見えるのもこの鳥の魅力のひとつかもしれません。



おぬしも悪よのぅ~


・・・ってこの鳥はぜんぜん悪くない鳥です、念のため。

Tuesday, May 4, 2010

Mallard family

先日Mallard(マガモ)のヒナが孵るころだろうな、と思って池に行きました。
運よく、ちょうど孵ったばかりのベイビーマガモがお母さんマガモの後を追って一生懸命泳いでいましたよ^^





少し進むとお母さんマガモは後ろを振り返ってちっちゃなベイビーがみんなそろっているか確認します。



お母さんの背中はおおきいね~、なんてヒナたちは思っているかもしれませんねー^^


Monday, May 3, 2010

House Sparrow's bathing time


ここ2、3日とても暑い日が続いているノースカロライナです。
人間が暑いと感じれば鳥も同じく暑いと感じるのか、こういう暑い日には鳥ちゃんの水浴びシーンが見られるのでちょっと嬉しいです。

今日はHouse Sparrow(イエスズメ)のお風呂タイムをご紹介します♪
スズメかよ。。。といっているそこのあなた!(誰?)スズメのお風呂シーンを侮ってはいけません。

お風呂の前に、このオス。茂みから出てきてはちょっと高い見晴らしのいい枝で何やら怪しげな動き。で、また茂みに戻るというのを何回も繰り返していましたよ。茂みからはメスがビミョーな面持ちで眺めています。これって求愛行動なのかな?



そしてお風呂タイムです。このオス、ずぶ濡れです^^ 可愛い♪


見てください、この豪快な頭の振りっぷり!(ちなみに嘴は体の左側を向いてます)。


こちらはメスのお風呂タイム。何となくおっとりおしとやかです。


この人間はあたしのお風呂シーンなんかみて面白いのかしら?とは思っていないと思いますが何か言いたげな顔が可愛い♪


このメススズメ、とっても可愛い顔をしています。


そして土の上では別のオスが身だしなみ中です。私としては嘴に付いている何かが気になって気になって仕方がありません。


これ、上のスズメと同じスズメで同じところから撮ったんですよ。同じとは思えないくらいにしゃきーんとしてます。よっ、男前!(食べかす付いてるけど)