Friday, January 14, 2011

Brown-headed Nuthatch

Brown-headed Nuthatch(チャガシラヒメゴジュウカラ)はこのブログでは初登場です。名前の通り頭がココア風の茶色で、全長10cm程とこの辺でよく見られるWhite-breasted Nuthatch(ムナジロゴジュウカラ)よりもだいぶ小さめです。また、このチャガシラヒメゴジュウカラは北アメリカ南東部の松林のみという非常に狭い範囲に生息する、いわばご当地限定の鳥ですよ!それから、この鳥はなんとマツ男ことPine Warbler(マツアメリカムシクイ)の宿敵で、松の実を巡ってバトルを繰り広げることもしばしばだとか。

お約束通り、松ぼっくりで逆さまにぶら下がってます。


この鳥はぶら下がっている方が快適なんでしょうか?我が家のフィーダーに飛びつくときも必ず逆さまにひっくり返ってみたり。。。


結構アクロバティックなことをサラっとやってくれます。


逆にこんな感じに留っていると、普通過ぎて違和感があったりします。

このチャガシラヒメゴジュウカラは鳴き方がまた可愛らしくて、例えて言うなら。。。赤ちゃんのおもちゃで、お腹を押すとちゅーちゅー鳴るゴム?プラスチック?製のお人形がありますよね?あんな感じです。ちゅーちゅー人形の声がこだまする松林。。。どうです?魅力的でしょう?

4 comments:

  1. 私、ナットハッチ類が好きです。コロンとした顔と体型がかわいい^^ 日本でも見かけましたが、可愛かったです。変化に富んだ気候のせいか、日本は自然もとりもカラフルな気がします。知人の写真を見ていても、ネブラスカの冬はモノトーンだなぁとおもいました。里帰り楽しみですね!

    ReplyDelete
  2. 茶菓子と区切ってしまいました(^^;
    ちんちくりんで(失礼)、色塗りの途中のチカディやシジュウカラのような(失礼)淡い色が、とても愛くるしいです。
    この茶頭っぷりは、まさに鈴カステラですね~。
    鳴き声も、想像するだけでよだれが・・・(失礼)
    こんな可愛いご当地鳥がいるなんで羨ましいです。
    これからの登場も楽しみにしていま~す(^^)/

    ReplyDelete
  3. @アリスさん
    我が家の周りにはびっくりするほどNuthatch, Chickadee,Titmouseなど、木の上をちょんちょんする類の鳥がいっぱいます。彼ら、見た目もとっても可愛いですが、せわしない鳴き声が明け方聞こえてくるととっても幸せな気分で目覚められます^^ ネブラスカの冬は想像もつかないのですが、勝手にフクロウとかいっぱいいそうだな、なんて想像しています。里帰り、いよいよ目前です。美味しいもの食べて可愛い鳥たちを楽しんでこようと思います^^

    ReplyDelete
  4. @めるさん
    いえいえ、本当にちんちくりんって言葉がぴったりの茶頭です。色合いが本当にふんわりとやわらかいミルクココア色で、この鳥をみて「かわいい~♪」と思えない人はいないはず。鈴カステラ~!もうすぐ食べられる~!可愛いチャガシラさんたちを見て、カステラへのモチベーションをあげようと思います。めるさんのお家にくるようなメジロやそのほかの鳥たちもこちらの鳥にはない可愛いさがあって、丸めたくなっちゃいますよ^^ あ~、鳥の話したらお腹空いてきた(←怪しい)

    ReplyDelete