Sunday, February 27, 2011

Hairy Woodpecker

NCのキツツキで唯一ブログに登場していなかったキツツキ、Hairy Woodpecker(セジロアカゲラ)です。今日も出かけるのが億劫で庭にて鳥観察・・・。
一見すると、Downy Woodpecker(セジロコゲラ)ととてもよく似ているのですが、実際には生物学的に別種に分類されているようです。体長14-17cmのセジロコゲラよりもセジロアカゲラは随分大きく、18-26cmほどあります。嘴もセジロコゲラのそれよりも随分長く尖っているのが特徴です。興味のある方、
セジロコゲラ(←クリックでセジロコゲラ記事が表示されます。この記事の最後にも写真追加しました)と比較してみてください。しかしなぜHairyなのか気になります。







比較用のDowny Woodpecker(セジロコゲラ)写真、追加しました。昨日撮ったのを忘れてました。こちら、嘴がセジロアカゲラよりも随分短いですね。全体的に垂直方向につぶされたイメージ。。。


今日は75Fまでいきました。暖かくて人間も動物もみんなそわそわしてましたよ^^

8 comments:

  1. キツツキ系(に限らないけど)って見ていて飽きないので、お庭でこんな鳥が見られるなんて羨ましくてしょうがないです。
    セジロコゲラの方がファーマスク(鼻毛?)が立派ですね。
    セジロアカゲラの方がすっきりスマートに見えるけど、気温のせいでしょうか?75Fって、とっても懐かしい♪(Fが)。日本と違う単位がなかなか覚えられなかったんですが、気温とオーブンの温度、牛乳の単位だけは自然に覚えるものですね。こちらは春かと思えば今日は極寒。花粉だけはものすごいです。(涙)

    ReplyDelete
  2. @めるさん
    キツツキ系は何だか特別な感じがして私も大好きなので、毎日見ていても見飽きません^^ レントなのでいつかはここを離れなければならないのだけれど、それでもこんなに沢山鳥がいると離れたくなくなってしまいます。
    セジロコゲラの方が確かに嘴の周りがモサモサですよね!このHairyの意味が気になって調べたら、普通に文字通り嘴の周りや、足周りがHairy(毛むくじゃら!?)だからそういう名前になった、という記載を見ました。そんなに毛が多そうにも見えないんですけどねー。むしろセジロコゲラの方がHairyだわ、と思ったり。こっちは最近本当に暖かくて、昨日なんか少し歩くと汗ばむ位でした。でも、また寒い日が来るみたいで。。。こうやってだんだん春になっていくんでしょうね〜。あ、ちなみに私は温度しか覚えていません(ガロンやオンス、パウンド、ヤード、マイル、インチにフット、どれもこれも言われても微妙な感じです^^;)

    ReplyDelete
  3. あ!ホント、同じキツツキの雄ですね!!姿を見ることができる時期なのでしょうか・・・?(それともいつも居るのかしら)Hairyの意味、私も気になってましたが足周りまでは気が付きませんでしたね(笑)解ってスッキリしましたー♪

    ReplyDelete
  4. 写真だけ見ていたらDowny Woodpeckerかと思いました!
    見比べると確かに垂直方向に潰されている感じ。
    Hairyの最大26センチって!でかっ!!いや、
    Downyが小さすぎるのか・・・
    Hairy Woodpecker今初めて知ったキツツキなので勉強になりました。

    ReplyDelete
  5. @kさん
    最後の小さいのはkさん家に現れたキツツキのオスです♪ このセジロコゲラは我が家の周りでは一年中いますが、夏だと葉っぱの陰に隠れてしまって見えにくいのかもしれません。今の時期が一番見やすいですよね^^ 一方で、今回初登場のHairyことセジロアカゲラはとってもシャイなキツツキのようで、セジロコゲラのように公園でも街中でもどこにでも出現ということはなく、ある程度木が沢山生えているような所を好むみたいです。今まで3−4回しか見た事がなかったのですが、フィーダーを発見してくれたので、最近はよくフィーダーにぶら下がっているのを見かけます。HairyもDownyもどっちもふわふわで毛がいっぱいだからこんな名前がついたんでしょうね^^ 型にはまった和名よりも、こう全体のイメージで名付けた英名が結構気に入ってます^^

    ReplyDelete
  6. @luluさん
    実は私もHairy Woodpeckerは数えるほどしか見た事がなかったんです。しかも、一瞬とかいうレベルで。
    大きいので見応えがあっていいんですが、かなーり臆病で中々他の鳥みたいにフィーダーに年中来る、ってこともないみたいでちょっと残念。lulu師匠が初ってことは、南カリフォルニアにはほぼ居ない、って思ってもよいのかしら?北アメリカ全体的にいるみたいですが、山を好むってあったので、都会では滅多に出現しないんでしょうかねー?

    ReplyDelete
  7. はろぉ~。
    私の写真にコメントありがとぅよぉ~(涙)。
    セジロコゲラとセジロアカゲラすごい勉強になった。かわいいね。一見すると、太っちょと細っちょの違いだけみたいなのに。何回も写真見直して見てしまいました。
    いいなぁ、うちも庭が欲しい!!

    ReplyDelete
  8. @Chikaちゃん
    どもー。元気そうで何より。
    ラストスパートの写真楽しみにしてるぞ~!!!
    そうそう、最初は私もぜんぜん区別がつけられなかったんだけど、実際に両方を見るようになってから「あ!こんなに違ってたんだ!」って気づいたの。嘴に注目すると分かりやすい感じかな?なんなら帰国前によっていくかい^^?

    ReplyDelete