Thursday, February 3, 2011

Long-tailed Rosefinch and Eurasian Siskin

Long-tailed Rosefinch(ベニマシコ)

日本の実家の近くで撮りました。ちょうど水を飲みに小さな池に来た所です。こちらは何となく北アメリカに生息するHouse Finch(メキシコマシコ)に似ている様な気がしますが、メキシコマシコよりも色のパターンにバリエーションがあって素敵だなー、と思いました。




こちらは枝がいっぱいですが、ちょうど梅の花のつぼみを食べている所でした。ちょっと春らしいでしょうか?(←本当は激寒)


Eurasian Siskin(マヒワ)
こちらも実家近くの山で撮りました。見た目が北アメリカに生息するAmerican Goldfinch(オウゴンヒワ)に似ていますが、嘴の形がオウゴンヒワのそれよりもかなり細く尖っています。


マヒワが食べている実のなる木が何の木なのかはよく分かりません。実家周辺にいっぱいありました。

2 comments:

  1. BB さんが撮影すると
    日本じゃないみたいだわ。
    見慣れたすずめすら
    外国種みたいよ。

    私の勝手な先入観だとは
    思うんですけど(笑)

    ReplyDelete
  2. @j-coさん
    日本では食べて飲んで遊んで、のつもりだったんですが、体調が今ひとつで結局あまり派手に飲み食いはできませんでした。無念。と関係ない話はさておき、このご時世、鳥インフルエンザで鳥とか撮っている場合ではないのかも知れませんね。それでも平日なのに鳥を追いかけておられる方は結構いらっしゃいました。日本の鳥は初めて見る物も多く、私にとってはかなりエキゾチックで外国の鳥という感じでした。私が撮ると構図も何もあったもんじゃなくて、ど真ん中日の丸撮影だから、逆に常に構図を考えて撮ってらっしゃる方々には斬新で外国風に写ってしまうのでしょうか!?(←と都合良く捉えてみます)

    ReplyDelete