Friday, February 25, 2011

Pine Warbler and Yellow-rumped Warbler

Pine Warbler(マツアメリカムシクイ)と Yellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)はどちらもアメリカムシクイ、小さくて動きの速い小鳥です。この冬から気になっていた驚きの発見を大公開〜!

先ずはおなじみPine Warbler(マツアメリカムシクイ)の松男。いつ見ても可愛い。


こちらYellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)。こちらも負けずに可愛いですねー。


で、何が驚きの発見かというと、このキヅタアメリカムシクイの体勢を見て分かるでしょうか?(いや、分からんて!)
突撃3秒前。

私はキヅタアメリカムシクイはチョコチョコ他の鳥に混ざってフィーダーに来る様な、気の弱い小鳥ちゃんだと思っていたんですが、我が家に来ているキヅタアメリカムシクイはもう大変!ハチドリのオス並みにフィーダーを死守します。しかも同じアメリカムシクイ系の仲間をフィーダー周辺で見ようものなら、もうすごい勢いで飛んできます。そして可愛い松男はいつもフィーダーに降りたとたんにキヅタアメリカムシクイの飛び蹴りをくらうわけです。本当にもー、どこからでも飛んで来て攻撃。でもキツツキとかルリツグミとか明らかに自分より大きいのには飛び蹴り出来なくて、羽をぱかぱか広げて威嚇したりして。こんなにキヅタアメリカムシクイが攻撃的だったなんて私、初めて知ったんですが、もしかしてこれって常識でしたか!?

4 comments:

  1. どうだったでしょう・・??チャバラちゃんかキヅタちゃん、どちらだったか、「可愛いのに食事のお行儀が悪い」って思った事があります。つつき方が激しいので辺りに飛び散るんですよね(笑)今度よく観察してみます。

    ReplyDelete
  2. @kさん
    チャバラちゃんとキヅタちゃん、どちらも可愛いですよね^^ kさんのところでお行儀が悪かったのはどちらの鳥でしょう?突く、ってことはチャバラちゃんかしら?チャバラちゃんの突き作業といえば・・・チャバラちゃんがフィーダーから大き目のナッツを獲ってお気に入りの場所に持っていってひたすら突いて細かくする作業が、あまりにも一生懸命すぎて笑えます^^

    ReplyDelete
  3. LAにはなにが居なくてもキヅタアメリカムシクイだけは仰山いて否応なく性格を知り尽くしてしまっていたので(笑)そういうイメージも持たれる事もあるのかと新鮮な感じです(^-^)
    突撃3秒前写真かわえぇぇ~♪♪
    BBさんが以前撮られたチャバラちゃんの突撃直前写真もお気に入りです(^・^)

    ReplyDelete
  4. @luluさん
    なんとー!そちらにはキヅタアメリカムシクイが山のようにいるんですね!こっちでは、いる事はいるけど、そんなに多くもなく、去年なんかフィーダーに来てくれて私ったら大喜びだったんですぅ〜。その程度の出現頻度なので、性格を知る事なくこれまで過ごしてきましたが、やはり西も東もキヅタアメリカムシクイは攻撃的なんですね!突撃3秒前の頭ぺったんこな感じがキュートですよねー^^ チャバラちゃんの3秒前まで覚えていてくださったのですね!ありがとうございます。チャバラちゃんのも可愛いし、ハチドリの3秒前も可愛いし、みんな可愛すぎるよー!

    ReplyDelete