Friday, February 11, 2011

Red-flanked Bluetail and Common Redstart

こちらの鳥たちも引き続き日本から。

Red-flanked Bluetail(ルリビタキ)とCommon Redstart(ジョウビタキ)のメスですが、嘴といい背中の色といい、どちらもよく似ていますね。オスはお互いに全然違う見た目なんですけどね。残念ながらオスはどちらも見つけられませんでした。無念!

Red-flanked Bluetail(ルリビタキ)
少しだけ尾羽に青が見えます。



Common Redstart(ジョウビタキ)



*****************
こちらまたまたメジロですが、ここまでめちゃくちゃな背景で撮られたメジロはむしろ珍しいのでは!?梅にメジロ、桜にメジロ、そんな素敵な組み合わせもいいですが、雑草とメジロも中々臨場感があっていいと思いません?



雑草のなかで、何やら巨大な実を食べてました。何でしょうか!?

明日はどこかに鳥でも見に行こうと思います。

6 comments:

  1. こんにちは。ルリビタキとジョウビタキって似ていますね。
    私は日本でジョウビタキのメスしか見たことがありませんが、たくさんの方がブログでジョビ子さんとか名前をつけて写真を載せていらっしゃって人気が高いみたいですね。
    雑草にメジロ、冒険的、刺激的、斬新な組合せかもしれません。

    ReplyDelete
  2. ホント、とてもよく似ていますね。
    ジョウビタキのメスは実物をじっくりと見たことがないので、写真嬉しいです♪
    ルリビタキもジョウビタキも、なんだか女の子らしくしっとりしていますね。
    (そういう感覚って鳥界にもあるんでしょうか?)
    雑草にメジ、なんの違和感もありませんでした。
    うちの庭がそうだから・・・?(^^;;
    愛くるしいメジも厳しい自然の中で生きているんですよね~。

    ReplyDelete
  3. めじろ可愛いですね!
    このところ、編み物にはまっていて(笑)、外に出られていませんけど、やっぱり鳥のある生活理想だなぁ。日本ではバードフィーダーがあまり一般的ではないですものね。日本の庭は美しいけど、管理にお金がかかるし。。。
    そちらは、雪はいかがですか?
    今年はアメリカも豪雪みたいですね。日本は雪が降ってますけど、もう春の気配です^^

    ReplyDelete
  4. @shidekuboさん
    こんにちは♪ ルリビタキにジョウビタキ、どちらも日本の方のブログではわんさか出てくる鳥なので結構沢山いるのかしら?と思って期待して日本に行ったのですが、オスは全然見つけられませんでした。写真を乗せておられる方々は相当根気よく待っていたりするのでしょうね。メスはお約束通り、とっても地味な風貌ですが、それでも私に撮っては初めての鳥ばかりだったので、興奮しっぱなしでした^^ 私はメジロは木の上にしか居ない物だと思っていたので雑草の中でモゾモゾうごくメジロを見つけてびっくりしてしまいました!

    ReplyDelete
  5. @めるさん
    こんにちは♪ 私は最初は同じ鳥だ〜、って思っていたんです。本当に外観も習性も何だか似ているから、オスとかは間違えて違う種のメスをお嫁さんにしてしまったりしないのかしら!?なーんて。似ていると言えば、こちらアメリカ大陸で日本とは全然関係ないルリツグミのメスもこのジョウビタキとかルリビタキのメスによく似ているような気がします。ところでめるさん、ジョウビタキのオスはどこに居るんでしょうか?日本滞在中に私は一度も会えませんでした。見ているポイントが間違えていたのかな。。。
    めるさんのおうちには雑草もあるんですか!?里山といい、雑草といい、何と素晴らしい都会だこと〜!どうぞ、メジさん達に心地よいお庭を目指してください!

    ReplyDelete
  6. @アリスさん
    こんにちは♪ メジロは本当に可愛くて、私はハチドリの次に好きかもしれません!身近で毎日見られるのにこんなに愛くるしい顔立ちって日本を含めアジアの方々はかなりラッキーですよね。メジロは無理としても、野鳥のいない生活は今の私には考えられません。。。アメリカってフィーダーとか設置しやすい環境だから嬉しいです。
    この冬は本当によく冷えてくれました。雪もどっさり降りましたし。それでも、NCでは確実に春が近づいている感じで、昨日なんかは本当に3月下旬のようなさわやかな暖かい一日でした。鳥達のさえずりも春先バージョンになっています。もうすぐ春!本当に待ち遠しいです!

    ReplyDelete