Sunday, March 6, 2011

Spring is upon us

冷え込んだり暖かくなったりの繰り返しですが、自然界では着々と春めいてきていますよ。今まで茶色の枯れ草で覆われていた道路わきにこんな小さな花が咲き始めたり・・・


Purple Henbit(ホトケノザ)

冬には裸だった木にこんな花がつき始めたり。


こういう小さな春を見つけるとかなり嬉しいです。これでフキノトウとかが生えていれば言うことないんだけどな~。



今日は庭でみたHermit Thrush(チャイロコツグミ)です。NCでは冬の鳥です。北アメリカ東部では松や樫の林の奥に
る事が多く、さらに臆病な性格なのかどうかはわかりませんが、あまりじっくり見る機会のない鳥だったんです。それでも冬の終わりあたりから我が家の庭に降りてくれるようになりました。大きさはルリツグミと同じくらいでしょうか。喉から胸にかけてのポチポチ模様が可愛い鳥です。




意外に足がすらっと長い鳥です。


最近鳥を見に外に出かけておりません。4月に入ったら活動的になる予定です。もう少しで渡りがいっせいに始まりますね。楽しみです。

2 comments:

  1. ホトケノザ、そちらでも咲いているんですね~。こちらもボチボチです。
    チャイロコツグミは目がくりくりで、すっくとした姿勢で、希望の春という感じ。正面のヒゲ面が我が家でおなじみのアオジっぽくて親近感がわきます。和名も響きがかわいいですね。ロコロコ~♪←切る所が間違っていますが。

    ReplyDelete
  2. @めるさん
    ホトケノザという名前、じつは今回初めて知りました^^;名前が面白いですよね。でも小さいころからこの花を見ると春だなー、って思っていました。あと、イヌノフグリとかもあちこちで見かけると春だな、って思いますよね。そして、そのイヌノフグリの意味を知って愕然としたり(←ってこれは関係ないですが^^;)
    チャイロはともかく、コツグミってのが可愛いと私も思います^^めるさんの区切り方を見て、その昔汚職事件をお食事券と思っていた幼少時代を思い出しました〜(←それはアホ)。

    ReplyDelete