Wednesday, April 20, 2011

Spring migration #3 -- Hooded Warbler

今日の鳥はすごいです。すごいです、って自分で言うのもなんですが、あまりにも思い入れが強すぎる鳥なので許してください。私がNCに来てからずーっとずーっと憧れていた渡り鳥がいます。その鳥は、これまで一度として見た事も実際にさえずりを聞いた事さえもなかったのですが、あまりにも好き過ぎて鳥のウェブサイトにあるサンプルのさえずりを聞いてはうっとりしていました(アホでしょー)。
前置きが長くなりましたが、そんな憧れの鳥は、NCでは夏鳥のHooded Warbler(クロズキンアメリカムシクイ)です。クロズキンちゃん♪もう名前からして可愛過ぎます。

この黒い頭巾風の模様に、くりっとした大きな目が超キュート♪ 頬被りをしたコソ泥風に見えなくもない。。。


私が持っている鳥の図鑑によると『もっとも美しいアメリカムシクイと言えるだろう』だそうです。警戒心が非常に強くて滅多に見られない上にこの風貌、筆者の方がそういう風に思える気持ち、分かるワ〜。

出会いは突然やってくるもので、つい先日の夕方に花に水を遣ったり鳥の餌を補給したりしていました。するとどこからか『ケキョケキョホケキョ、ケキョケキョケキョホケキョ!英語だと"ta-wit ta-wit ta-wit tee-yo."』って聞こえてくるじゃありませんか!2年強にも及ぶ入念な予習の甲斐あって(?)声の主が誰であるかすぐにピコーン!と来たんですが『夕方遅いしどうせ見られないだろうし』と思って庭先をぼーっと眺めていました(とかいいつつカメラ構えて)。声が途切れてからどれくらい経ったでしょうか、突然黄色い小粒が視界の隅に飛び込んできました。黄色といえば私の中では渡りのアメリカムシクイ達なので、ワクワクしながらカメラをその方角に向けてみると、それがこのクロズキンちゃんだったんですねー!留っていたのはほんの数秒、すぐにどこかに飛んでいってしまったのでこれしか写真がありませんが、もうそれだけで私の満腹中枢は120%満たされました。心臓があり得ないくらいにドキドキしているのが分かりました。来てくれて本当にありがとう〜、って思いました。と一人で勝手に盛り上がっている私。

6 comments:

  1. いやいや!西部でも一人大盛り上がりした人1名います!
    興奮しすぎて心臓がドキドキしてきました!
    こちらにお邪魔した瞬間、目の中にドカーン!!!!!!!!と
    クロズキンちゃんが飛び込んできました!
    バーダーとして生きている人には一番魅力的なムシクイでしょう。
    Megさんの所には滞在してくれないのでしょうか・・・
    こちらに、“ちょっぴりクロズキンちゃん”ことHermit Wablerを春頃観る事が出来るんですがどうやら渡りの途中のようです・・・
    ちょっぴりクロヅキンちゃんでも大興奮してしまいますので
    きっと、ほんまもんのクロヅキンちゃんを観たら高血圧症の私は逝ってしまうかもしれません・・・
    ちょっと興奮しすぎて頭痛くなってきました(笑)
    いやーしかし!!数秒なのに、こんなにクッキリはっきり撮れててすごいです!!
    しかもデジスコ撮影ですよね?!

    ReplyDelete
  2. うわ~、私までドキドキしながら読みました。
    この鳥は知りませんでしたが、憧れの鳥を初めて見るときって
    ほんと夢のようですよね。
    こんなキレイな鳴き声に包まれてなら、なおさらでしょう♪
    似たさえずりのウグイスは声に反して外見は地味だけど、
    このコは個性的なデザインしていますね(^^)

    私はユキヒメドリをクロズキンちゃんと呼んでいましたが、正式なクロズキンちゃんがいたんですね。
    今後ユキヒメドリはクロズキンモドキ、もしくはクロメダシボウと呼ぶことにします( ̄ー ̄)

    ReplyDelete
  3. 何だかよくわからないけどものすごく盛り上がっていますね。
    まずお写真の印象。この顔立ちというかクリクリっとした目から髪の毛を思わせる黒い色の頭の部分までがちょうどおでこを想像させる、何となく和の雰囲気を醸し出す感じですね。初めてこんな鳥を見ました。
    そしてさえずりを聞いてヒアリングの特訓をしていたなんて
    そこがまたすごいです。Megさんの努力にも拍手です!

    ReplyDelete
  4. @luluさん
    一緒に興奮してくださってどうもありがとうございます~!!!私もドキドキしすぎて血管切れるかと思いました。写真はおっしゃるとおりデジスコです。薄暗くなってきていたのでピント合わせに死ぬ気で挑みましたワ。撮り終わった後は軽く息があがってましたもの。
    いまやどこもかしこもアメリカムシクイの渡りの時期なのですね!Hermit Warblerは初めて知りましたが、白い部分が黄色と黒をよりいっそう引き立ててくれる感じで、これまた素敵なムシクイなんですね。是非luluさんの前に現れますように♪
    このクロズキンちゃんは渡ってきたばかりで疲れてヘロヘロでとりあえず家で休むか、って感じだったと思います。普段はもっとうっそうとした森のなかの下草(Poison Ivyなど)がわんさかしているような場所にいるみたいです。なので残念ながら我が家の周りで今後見ることはほぼないでしょう。

    ReplyDelete
  5. @めるさん
    ドキドキしてくださってありがとうございます!!!興奮を分かち合えるってすばらしい~!(いや、興奮の押し付けか!?)憧れの鳥との出会いほど感動するものはないんじゃないだろーか?と思うほどに鳥バカになってきている今日この頃です。このクロズキンちゃん、ウグイスの鳴き声に本当によく似ていてなんだか懐かしくなりました。といっても実際のウグイスの声って本当に小さいころに聞いただけなのでもしかしたらぜんぜん似てないのかもしれません^^;素直なおメメのジュンコがクロメダシボウ・・・そのままクロズキンでいいと思います^^

    ReplyDelete
  6. @Shidekuboさん
    すみません、私嬉しくて興奮しすぎて頭が完全にイッてしまっておりました^^;でも、この鳥を見た直後は魂が抜けてしまったみたいな感覚になってしまいました(←エッ!?)それだけ衝撃的だったのだと思います。渡りのアメリカムシクイ達は本当にエキゾチックな外観で種によってパターンもぜんぜん違うので本当に今の時期はアメリカムシクイハンティングが楽しくて仕方がありません。この鳥、確かに和の雰囲気・・・。私には日本の漫画に出てくるようなコソ泥に見えてしまうんですが^^;

    ReplyDelete