Monday, April 18, 2011

Spring migration #2 -- Red-eyed and White-eyed Vireo

先週末の竜巻による被害はNCが最も深刻だったとの事。幸いにして我が家は建物も人間も皆無事です。竜巻が去った翌日の日曜日は抜ける様な青空でした。今日ご紹介するのは、そんな良いお天気の日曜日に出会ったRed-eyed Vireo(アカメモズモドキ)です。White-eyed Vireo(メジロモズモドキ)も登場するので2種のモズモドキをご堪能ください(といっても各1枚ずつという。。。)

Red-eyed Vireo(アカメモズモドキ)
Red-eyed Vireo, Apr. 2011
この鳥はとても綺麗なメロディ(←クリックで歌が聴けるサイトに飛びます)歌います。今の時期に森の中で聞こえる綺麗な歌声の主は大抵アカメモズモドキです。

White-eyed Vireo(メジロモズモドキ)
White-eyed Vireo, Apr. 2011
焦って撮ったら尻尾切れた。歌声に興味ある方はこちら(←クリック)。

どちらもモズモドキでNCでは夏鳥です。両者とも目がとっても特徴的ですね。鳴き声はそれぞれ全然違うメロディーなんですが、どちらもとっても特徴があって『春だなー』としみじみと思わせてくれます。

ところで、我が家で孵ったルリツグミですが、よくよく観察した結果、雛は蛇に食べられた訳ではなく、普通に巣立った模様。単に私が巣立ちの瞬間を見逃しただけという事だと思われます(汗)。両親が激しく鳴いていたのは雛を上へ誘導する声だったと思われます。実は雛は我が家の庭先の木にずーっといたようなのですが、それはもう、ものすごく高い所に留っていて、いなくなった当初は見つけられなかったのです。先週中にお母さんルリツグミがフィーダーから餌を取って飛んでいく先に、3羽の雛が団子みたいに並んでじーっと待っているのを見つけました。飛ぶ様子が未だおぼつかなくて見ていてハラハラするんですが、どうやら無事だったみたいです。写真は1羽だけしか写ってないんですが、もう2羽近くに隠れていましたよ^^ まだ青い羽根は全くなくて、メインが黒でお腹に白と黒のブチブチ模様があります。
土曜の夕方の写真です。写真がブレているのはトルネードのせいか!?

10 comments:

  1. かわいいーーっっ!!!胸毛(??)のぽあぽあした感じが超キュートです。こんな子達がお団子みたいに並んでいたら、もー可愛過ぎですね。無事で良かった、あの嵐にも耐えたんですね。良かった良かった^^

    ReplyDelete
  2. 竜巻のことを知ってメッセージを送るところでした。
    ご無事だったんですね。よかった~~(^。^)ホッ
    そしてルリツグミたちも~♪
    鳴き声がハンパなかったのは、巣立ち直後で親たちも必死だったんでしょうか。
    雛かわいすぎ!羽根密度が濃そうです。羽根というか、羊毛!?
    雛団子の撮影、ぜひ成功させてくださ~い!

    そしてモドキたち(一緒にするなって!?)の歌声、聞いてみたいです。
    春を感じるということは、日本のウグイスみたいな存在なのでしょうか。

    ReplyDelete
  3. 凹○ コケッ

    そうだったんですねー(^_^;)
    涙した私って・・・www
    でも!良かったですね!
    ルリツグミの赤ちゃんは東部が可愛いですね。
    なので、毎年撮ってはいるものの一度も出した事ないですぅ...
    デッキ?の所で日向ぼっこしてくれるかな~♪

    やっぱりモズモドキは可愛いですね。
    なんていうのかな・・・鳥の格?が違うというか、
    私の目には他の鳥達とは違うイメージに見えるのです。
    うーん、上手く説明出来ない所がさすがluluですが(失笑)
    えっと・・ジャニーズで言うと東山みたいな(笑)
    しかし、空の色!目が覚めるような濃い青ですね!
    空をバックに綺麗に撮れててお見事です(o^-')b

    ReplyDelete
  4. 竜巻の被害が無かったとのこと・・・安心したよ~~。
    ニュースの映像見て、本当に怖かった。
    複数の竜巻が襲った感じでしたよね。。
    自然災害は防ぎようもなくって、東日本大震災以来、防災グッズを揃えたりして、自分の身は自分で守るという意識が高くなっているように思います。
    BBさんもお気をつけ下さいね^^

    澄み渡った青空・・・天気が荒れた翌日は快晴@@率高いですよね。
    野鳥達のさえずりが聞こえてきそうなお写真だね^^
    一枚目の写真の子、クチバシの開け具合がツボです^m^

    ReplyDelete
  5. @kさん
    成鳥ではありえないこのホワホワ感がたまりませんよね^^ きっとすごく保温性に優れているんだろうな〜って思います。この小さな羽毛団子ちゃんたちでもあの暴風雨の中、無事に枝に掴まっていられたのだから自然ってすごいなーと感心せずにはいられません。なにはともあれ、皆無事で私もホッとしました。まだまだ蛇などの外敵には油断できませんが、最初の一歩はひとまずクリアしたのだと思うと本当に嬉しく思います。一時は個体数が減った鳥なのでじゃんじゃん子づくりに励んでもらいたいものです。今後のベイビー達の成長をご期待ください♪

    ReplyDelete
  6. @めるさん
    竜巻はちょうど我々が住んでいるカウンティの南のカウンティで左右二つに分かれて、真ん中にあった我々のカウンティは避けて過ぎていった模様です。すぐ近くの地方大学では建物が壊滅状態で大学を閉鎖しているとの事。結構な規模だったのには改めて驚きました。
    ルリツグミは本当に無事で何よりでした!(先日は勝手に殺して済みません^^;) 食べられたと思っていたのが生きていたって分かると嬉しさ倍増です!全身がほわほわで、まさに羊毛みたい。こんなにモコモコじゃ飛びづらそうですけど。団子になっているところ、いつか頑張って撮ってみますのでそれまでお楽しみに〜♪ モドキズの歌、記事の中に声のリンク付けておきましたので是非聞いてみてください。 そそ、うぐいすみたいな『いかにも!』って感じの特徴ある鳴き声です。

    ReplyDelete
  7. @luluさん
    本当にもう、すみません^^; 涙まで流していただいたのに。私も、涙流しつつ悲しい記事を書いていた自分がちょっと恥ずかしゅうございますわ。でもベイビー達が無事で本当に嬉しくて嬉しくて〜。とはいっても、この先まだ何があるか分かりませんけど。デッキで口開けっ放しで斜めってひなたぼっこしてくれる事が夢です。そんな可愛いシーンを見られるチャンスが私にもくるといいな〜。
    モズモドキが別格で少年隊の東山!?あはは〜、ってことは他の彼らは。。。なーんて冗談です。本人やファンの方に失礼ですね。
    話それましたが、確かにモズモドキは私の中でも特別な存在です。歌声も半端じゃなく綺麗ですし(いや、メジロモズモドキのは綺麗というより怪しい)。空の色は台風が去った後の空を思い浮かべていただくとお分かりいただけるかと。本当にもう、空気中の汚れ全部さらわれたみたいに綺麗な澄んだ青でした。写真が撮れたのは綺麗な空気のおかげです^^

    ReplyDelete
  8. @Elflowerさん
    今回の竜巻は日本でも結構大きなニュースになっていたようで、私も後からニュースで知ってびっくりしたくらいです。でも、本当にすぐそこまで来ていたかと思うと、本当に今回はラッキーだっただけなんだ、って思います。災害はいつやってくるか分かりませんものね、私も気をつけようと改めて思いました。
    そんな荒れた天候の後の空の青さにびっくり。明くる日は本当に鳥見日和でした。鳥達も嵐の後に思いっきりさえずっていましたよ^^一枚目のモズモドキは本当に綺麗でよく響く声なので、この嘴の開け具合も納得という感じがします。ただいまNC、春の渡りのシーズン真っ最中で、あちらこちらから冬の間には聞こえなかった新しい声が聞こえてきています。

    ReplyDelete
  9. 無事で何よりでしたね、Megさんとそしてルリさんたちも。こちらはカラス科が卵や雛をねらうけど、ヘビっていうのはそういえばイギリスに来てからこの辺りでは見ないなと、Megさんの記事を読んでからずっと思っていたのでした。
    (世界のニュースに疎い私。竜巻が発生したなんて知りませんでした。)

    ReplyDelete
  10. @shidekuboさん
    最初本気で悲しんでいたので、実は生きていたって分かると嬉しいのと同時に、何か非常に恥ずかしい気持ちになります(汗)何はともあれ、雛達が無事で安心しました。これからの時期は本格的に蛇が鳥を狙うようになってくるので気をつけたいと思います。こちらでは蛇が木の幹に同化して鳥を待っているってことがよくあるんです。。。また違った攻撃ですが、こちらではコウウチョウという自分で子育てしないとんでもない鳥がいて、他の巣に卵を産みつけて元の卵を捨ててしまうという、そんな被害も多々あります。
    私は世界のニュースどころか地域のニュースにも疎く、今回の竜巻もNCで竜巻の可能性ありというニュースを車のFMでちらりと聞いただけで、詳しくは被害が明らかになってから知りました。こんな事ではいざというときに危ないですね。

    ReplyDelete