Tuesday, April 26, 2011

Spring Migration #6 -- Yellow-breasted Chat

今日はYellow-breasted Chat(オオアメリカムシクイ)をご紹介します。名前の通り、普通のアメリカムシクイが11-13cmなのに対してこのオオアメリカムシクイは18cmとかなり大きめです。とは言っても、遺伝子学的にはアメリカムシクイとは全く異なる様です。

黄色い胸の色がとてもよく目立つように思えるでしょうけど、このオオアメリカムシクイは草木がごちゃごちゃと生い茂ったような場所を好むので、実際はこの鳥を探すのは結構大変だったりします。

1枚目の写真ですが、この木に留る直前に、恐ろしくコミカルな飛び方で飛んでいました(言葉でうまく説明できないのがもどかしい)。どうやらその変な飛び方もメスにアピールする方法の一つだそうです。あの飛び方に魅了されるとは。。。メスの感性に驚いた!
Yellow-breasted Chat, Apr. 2011

定位置の首。
Yellow-breasted Chat, Apr. 2011

みよーんと伸びた首。絶好調(?)で歌ってる時です。
Yellow-breasted Chat, Apr. 2011

この鳥があまりにも面白い声で鳴くので動画を撮ってみたんですが肝心の声は全く入っておらず。。。残念!かわりに近くにいる別の鳥の声が入ってます。でもNCの朝の雰囲気だけでもお楽しみください。

2 comments:

  1. とてもキレイな黄色ですね♪ 目立ちそうなのに上手に隠れちゃうなんて、自然界ってうまくできたものです。
    動画見ました~。一生懸命鳴いていますね。違う声でも楽しいです。
    ところで1つ前のボフ写真に癒されました。私、丸っこくなった鳥に弱いのです。
    それからトップ画像の青!屋台のヒヨコを思い出してしまいました。なんて鮮やかなんでしょう!(例えが貧弱ですみません)

    ReplyDelete
  2. @めるさん
    こんにちは。黄色の部分が大きくて結構派手な鳥なのに、意外と見つけにくいというのもあってか、今まであまり積極的に見つけようと思っていなかったのですが、良ーく見たら居ました^^ 茂みを好むので見つけにくいというのもありますが、この黄色が意外と朝の逆光だとものすごく良い保護色みたいな感じになってそれで見つけられないのもあったんだと思います。動画、声が殆ど入ってないのに見てくださってどうもありがとうございます。音量マックスにして聞くと、ものすごい遠くからオオアメリカムシクイの変な声が聞こえてきます。
    一つ前の記事、モサモサのカオグロちゃん、私も大好き〜♪ 一生懸命綺麗に羽繕いしていたのに急に風が吹いてきて台無しになった感じがまた可愛かったです♪
    屋台のヒヨコ、そういやカラフルにされてましたねー。子供の頃はそのままの色で大きくなると信じていたのに。。。

    ReplyDelete