Monday, April 11, 2011

Spring migration #1 -- The White-eyed Vireo

いよいよ春の渡りの時期がやってきましたね!早速週末に鳥が渡ってきそうな湿地に出かけてみました。最後にその湿地に行ったのはいつだったか覚えていませんが、そのときはまだまだ冬の景色でしたが、この週末には草木が芽を出して、所々に小さな花が咲き、すっかり春らしくなっていました。寒い日が多かったNCですが、春はちゃんと来てくれました。嬉しいです。鳥の声もすっかり春らしくなっていて、夏鳥たちの声もちらほらと聞こえてきていました。来週末辺りにはどっと夏鳥が渡ってくると思います。

今シーズン初の夏鳥はWhite-eyed Vireo(メジロモズモドキ)です。彼らは冬場はメキシコ湾岸沿いで過ごします。外観は小さくて(13-15cm)地味なんですけど、目が本当に可愛いんです。

枝がこの鳥の周りにいっぱいあったので、鳥がびっくりして逃げてしまわないようにほんの少しずつ横に移動。傍目からみるとトイレに行きたくてモジモジ我慢している人風。この瞬間を誰も目撃していなかった事を祈ります。




ほら、この目が!!!ああ、なんて可愛いんでしょう♪


モズモドキという名前の由来がよく分からないんですけれども、嘴の先がモズみたいになっているからモズモドキなんでしょうか?下の2枚の写真だと嘴の先の感じがよく分かります。






この鳥は普段湿地の茂みの中にいて、かつものすごく活発に動くので今回ほんの一瞬とはいえ少し明るい所に出てきてくれてラッキーでした。普段は大抵一番最後の写真のような枝や草がごちゃごちゃした低い薮の中にいます。ちなみに全体像を下に追加してみました。このような湿地っぽいごちゃごちゃした所が好きみたいです。

そして!Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)、4月9日に最初のオスが我が家に到着しました。去年は4月3日だったので、まあ大体同じ位の時期ですね。今のところ、そのオス1羽です。ちなみに証拠写真追加してみました。顔真っ黒。

6 comments:

  1. ほら、この目が・・・というところでよく目を見たら
    メジロみたいに目の周りではなく、目玉そのものの白が
    目立つ鳥なのでしょうか? 白目がくっきりといった感じで
    本当にユニークですね。

    ReplyDelete
  2. 目玉全部が真っ黒だとラブリーな可愛さがありますが、
    このコは視線がよくわかる興味深さみたいな感じでしょうか。
    白いところがあると、とっても賢そう。
    そこが赤いと、ちょっと怖くなり(笑)。。。目ひとつで印象って変わりますね。

    ところでハチドリご帰還おめでとうございます!
    ノドアカちゃん写真、楽しみにしていますね。

    ところでアメリカではハチドリというとノドアカなのでしょうか。
    自分では見ることがないのに、お店で見かけるハチドリグッズはノドアカ率高しでした。

    ReplyDelete
  3. @shidekuboさん
    目玉自体が白い事に気付いてくださって嬉しいです!この白目は、幼鳥では普通に茶色で、とってもクリッとしたつぶらな瞳なんですが、大人になるとこんな風にギョロっとした感じになり、そのちょっと怖い感じがまた可愛かったり。。。目が黒い鳥ってどこを見ているのか分からないですが、このメジロモズモドキに限っては視線がどっちに行っているのか結構分かりやすくて面白いです。メジロは実は目は白くないからむしろメジロモドキですよねー^^

    ReplyDelete
  4. @めるさん
    目が人間みたいで、確かに本当に賢そうに見える鳥ですよね。ちょっと意志が強そうなイメージ。
    そうそう、去年めるさんにイクラ風と言っていただいた目の赤いアカメモズモドキも飛んできました。目白も赤目もどちらもただならぬ目ヂカラを持っていますよね^^
    ノドアカちゃん、今1羽きりでフィーダーを縄張るひつようもなく、いつも気ままにぶーんと飛んできてはぶーんとどこかに飛び去ってしまうのであまり写真を撮るチャンスに恵まれず。昨日の晩頑張って撮ってみたんですが、夕方の逆光という事もあってか顔が真っ黒。何がなんだか分からない鳥が写っていました^^;確かアメリカのハチグッズってノドアカ風のハチ率が高いですよね。生息範囲が広いのとやっぱり毎年春に渡ってくるっていうのが何ともロマンチックだからなのでしょうか?といっても、他にも渡るハチいますよねぇ。。。

    ReplyDelete
  5. なんて可愛いのでしょう!
    可愛さと凛々しさがあって更に魅力的!
    White-eyed Vireo、
    Vireoの中では派手な方かなと思います。
    西海岸は地味なんですが、でもやっぱり目元が魅力的。

    ルビーくん、無事の到着おめでとうございます♪(^・^)
    今回はどれくらいの感動でしたか?
    そうそう、ハチドリと言えばノドアカで、
    ハチドリのフィーダーの箱にAnna'sが載っていたら
    「珍しい!」って思ってしまいますもん(笑)

    ReplyDelete
  6. @西に住む鳥好きさん
    この人面鳥といえそうなwhite-eyed Vireoは数ある渡り鳥のなかでもかなりお気に入りです^^赤や黄色の鳥も可愛いけど、こういう地味系の鳥も渋くていいですよね!撮ってる人も少なめだし。でもこれで目が普通だったら多分私もここまでは必死で探さないだろうなぁ、なんて思ったり。西のVireoはやっぱり砂漠色ってイメージがあります。嘴はやっぱりこんな感じですか?
    ルビー君の到着時、外はものすごい雷雨(どこぞの地域では野球ボール大の雹がふったそうです)で最初フィーダーの近くに何か飛んできたときには目を疑ったんですが、ちっちゃなずぶ濡れのルビー君でした^^ もう、それは大感動でしたよー!!!外はもうかなり暗かったのでフィーダーを見つけてくれて良かったです。もしかしたら去年もうちにいた子で去年のフィーダーの位置をちゃんと覚えていたのかもしれませんね。やはりハチグッズにAnna'sは強烈過ぎるからかしら?鳥離れした外観が購買意欲を喪失させてしまうのかな?なんて(私だったら即買いだけど)

    ReplyDelete