Monday, May 30, 2011

Blue Grosbeak

Indigo Bunting(ルリノジコ)がいる所にはBlue Grosbeak(ルリイカル)もいると言われています。ということで先日のルリノジコに続いて同じ場所で撮ったルリイカル。前回のルリイカルカップルとは別のカップルです。


オス。多分メスの動きを監督中。
Blue Grosbeak, May 2011


メス。『私、上手に葉っぱに隠れてカモってます♪』
Blue Grosbeak female, May 2011


Male Blue Grosbeak, May 2011

オスを撮ってたら(上の写真)メスが参入。しかし、メスはすぐに飛び立ち、とっさの動きに対応できない私の手元にはこの一枚しか残らず。。。でもさ、ビミョーに空いた嘴が可愛いと思いません?
Blue Grosbeak couple, May 2011
しかし本当に大きな嘴だな。

8 comments:

  1. ルリイカルも綺麗で可愛いね。
    ルリノジコよりも目の黒い部分が広くあって少し凛々しい印象ですな。
    嘴の太さが特徴だね。噛まれてひねられたらボキッって折れそう(痛っ)。あと上の嘴の色がすこし濃いんだね。
    私も青い鳥みたい。カワセミは近くにいるんだけど、気づいたときには飛んでるから撮るの難しい。
    昔、川で調査していたとき、カワセミがこちらに気づかずに手のところまで来たことあったけど、そのときは幸せだったなぁ。

    ReplyDelete
  2. 青は青でも深い青ですね~。
    同じ場所で2種類の青を見ることができるなんて、なんて贅沢な(*^^*)
    カモってるメス、口半開きも舌ペロンも、プッと笑ってしまいました。
    Megさん、いい写真をお撮りになりますね~。

    しかし、本当に大きな嘴だな・・・(私もボソ)

    ReplyDelete
  3. @ Chikaちゃん
    ルリイカルは一昨年と去年はほんの一瞬、しかも豆粒大でしか見る事が出来なくて、可愛いのかどうかすら実際にこの目で確かめる事が出来なかったんだけど、今年はよーく観察する事が出来ました。こうやってじっくり見てみると本当に可愛いよね!黒い部分がカーディナルのそれとよく似ていて、さすが同じファミリーというだけはあるな〜、なんて思いました。嘴もカーディナルは赤くてなんかキュートな感じだけど、ルリイカルの嘴は黒っぽくてゴツくていかにも強そうに見えるよね。こんなにゴツい嘴なら、何でも食べられちゃいそうだよね。蟹とかも皮ごといけそう(ってこの鳥、多分蟹は食べないでしょうけど^^;)。
    鳥ってこう、何も考えてないときとかカメラ持っていない時とか、結構すごいいい所に来てくれたりするよね〜。カワセミが手の所にまで来たなんて、なんだか夢のよう。。。カワセミはそれこそ夢の様な色の組み合わせだよね!そんな鳥が身近にいるなんて羨ましい〜!!!

    ReplyDelete
  4. @めるさん
    ルリノジコとはまたひと味ちがう瑠璃色で、こちらもなんとも言えない可愛さですよね〜。海の色で例えれば、ルリノジコは何となくリゾート地の浅めの海で、ルリイカルは深い海のど真ん中の色、みたいな。。。どちらも茂み好きの鳥なので、どちらかを探していると必ずもう一方もどこかにいたりするので、1度に2度美味しい鳥見になります^^
    私、個人的にはカモっているメスが好きなんですが、舌をべろーんとしているオスも可愛いし、半開きのオスメスも可愛いし、結局は全部可愛いんですが^^;、だからこそルリイカルはいつまでも見ていたいなー、って思わせてくれるんだと思います(言ってることがよく分かりませんが^^;)
    ま、基本的に私の技術でこの瞬間が撮れた訳ではなく、たまたま運だったとしか言いようがないんですが、今度は舌べろーんとした所をくっきり撮れたら嬉しいわ♪なんて。それにしても嘴が飛んでるみたいな鳥ですよね、ホント。

    ReplyDelete
  5. メ、メスちゃん!可愛すぎる!!
    またまた素晴らしいシチュエーションの数々!
    警戒心が強くてあまりちゃんと撮れたためしがないです。
    あ、どちらにしても私は撮れませんけどね(-公- ;)
    これも、動かずにジッとしてて撮れた写真ですか?
    ルリノジコの撮影方法、オットも同じ事を言っていました!
    やっぱりその手法しかないんですね。
    極暑の南CAで一箇所に居るというのはとても危険です(笑)
    一度試した事があるのですが私の時は来てくれなかったです(;_;)

    ReplyDelete
  6. 本当に青の色がまた違った感じで渋い感じですね。
    それより、下あごならぬ下クチバシのこの形、
    そっくりなのがうちにもいますいます!メタボ腹の
    Bullfinch. 
    種の皮をうまく剥ぐのですが、ゴミが散らかるから
    殻なしのひまわりの種をフィーダーに入れたら
    それを更に大根のかつらむきみたいに薄く剥いて食べているんですよ。嘴の技だけで固い実を食べられるのだからすごいですよね。

    ReplyDelete
  7. @luluさん
    カーディナルもメスが可愛いですが、ルリイカルも負けないくらいメスがキュートですよね^^
    やはり、このドデカ嘴が秘訣でしょうか?
    私、冠羽が立ったオスが見たいんですが、私が見るときは常にぺったんこ頭なんですよねぇ。。。もう、もっとオトコらしく〜!って心の中で叫んでます。
    ええ、この写真も動かずにじーっと作戦で撮りました。私も暑いのは嫌なので、さすがに木陰っぽい所で突っ立ってます。そして、この時期、湿気多めのサウナの中に経っている感じで汗の量が半端じゃなく、水を飲まないと危険な感じです。最近、鳥を見に行くと1リットルくらいの水を消費しているので、新陳代謝が活発になってダイエット効果も期待できるかしら!?なーんて。南カリフォルニアだと完全にドライサウナ状態ですものね、水があっても長時間は危険ですね〜。もしかして、西海岸は暑くて乾燥しすぎていて、ルリイカルもなるべく日陰の茂みの中で待機しているのかしら?
    ルリイカルにしてもルリノジコにしても最近は卵を温めているのか、一回どこかに消えてしまうと中々出てこないので、また雛たちが孵った頃に会いに行こうと思います^^

    ReplyDelete
  8. @shidekuboさん
    渋めの青が南国風で、とっても魅力的な鳥です^^
    そういや、メタボさんもこんな嘴していましたね!メタボさんもカーディナル科かしら?ルリイカルが種を食べている所は見た事はないんですが(というかウチのフィーダーには来ないんですが)、同じカーディナル科のカーディナルはフィーダーのひまわりの種をまさにかつらむきしています。職人技ですよね、あれは。ルリイカルはカマキリを食べている写真とかをよく見かけます。カマキリなど、足の生えている虫を食べるときは器用に足だけもぎ取ってからお腹を味わう、って感じなんだそうで。なんだかそれも職人技、て感じがして、やはりこのドデカ嘴、不器用そうで意外と器用なんですね〜。

    ReplyDelete