Monday, May 2, 2011

Eastern Bluebird juveniles

我が家の巣箱で生まれたルリツグミの幼鳥達、先週末位からひとりで餌を獲るようになりました。今の時期は虫も豊富でこんなお子ちゃま鳥でも結構簡単に見つけられるようです。まだ時々親鳥(お母さん)が様子をうかがっているようにも見えますが、完全にひとりだちする日も近いでしょう。お父さんは既に子供達が近づくだけで、こっちに来るな!とばかりに威嚇しています。

親の真似して木の上から地面をじーっと眺めて虫を探しています。



木陰で休むルリツグミ。



青い羽根が見えてきました。






まだまだあどけない表情のルリツグミ。たくましく育って欲しいものですね。

そして結局使い終わった巣はそのまま彼らの両親が再利用。お母さんは籠りがちになってきています。そしてお父さんはでっかい虫をお母さんの為に運んでいます。大家族になりそうな予感です。


******************
オマケ
Ruby-throated Hummingbird in Carolina Blue

4 comments:

  1. 雛ちゃん、かわえぇぇぇ♪(´艸`)
    この種類は生涯家族で暮らすので本当に大家族ですね!
    それは楽しみです♪

    ReplyDelete
  2. 羽をのばしている写真、青い色が見えて来て本当に成長するのが早いですね。その下の写真も、”どうよ!”ってな感じでこちらを見て、なかなか目ジカラがすごいです。

    ReplyDelete
  3. @luluさん
    ルリベイビー達の水玉模様がなんとも可愛らしくて、本当に可愛い可愛い小鳥ちゃん♪って感じですよね^^
    前開は3羽だったけど今度は5羽とか7羽とかだったらにぎやかでしょうね〜。
    庭先でルリツグミがうじゃうじゃ、、、想像しただけでもにんまりしてしまいます^^

    ReplyDelete
  4. @shidekuboさん
    本当に鳥の世界は成長が早くて、あっという間にこんなに立派になっていました。正面の顔、目を見開いて口をへの字に曲げてだるまさんみたいだなー、なんて思っていました^^ 幼いけど目ヂカラだけはもう立派に野生の動物って感じがします。羽根が青くなってきましたが、まだオスなのかメスなのかはよく分かりません。次に写真を撮る事には分かるかしら?

    ReplyDelete