Monday, May 16, 2011

Eastern Cottontail and Summer Tanager

週末に野原を歩いているときに小さな小さなウサギちゃんを発見!

Eastern Cottontail(トウブワタオウサギ)という種だと思うのですが、それにしても小さかったです。手のひらに乗っちゃうくらいの大きさでした!
草むらでじーっと座っていたので、具合でも悪いのかしら?と思ったんですが、私が一歩踏み出したとたんに草むらの中へダッシュで逃げていきました。元気そうで良かったです♪



うさぎちゃんのウルウルな瞳に写った青空と雲に結構感動しました^^

そしてこちらは予期せぬ登場をしたSummer Tanager(ナツフウキンチョウ)です。同じく野原を歩いていたらいきなり目の前の枝にいました。しーんと枝に留っていて、目が合ったときはびっくりしました。



その後、すぐに飛び去ったのでもう居ないだろうと思って上を見上げたら、また居ました!!!びっくりしました。


ちょっと鳴いてくれるとこちらも心構えが出来るんですが、沈黙の状態で枝に留っていられると予期せぬときに鳥出現!ってな具合で、かなり焦ってしまいます。

******************
そうそう、我が家の巣箱ユーザーのEastern Bluebird(ルリツグミ)の近況を。子育て第2弾が少し前に始まったんですが、最近とーっても静かだったので、もしかしたら巣を放棄したのかしら?とちょっと心配になってきました。で、週末にスコープで覗いてみたら


いました^^ 目を凝らしてみると、メスが巣の中からこちらを睨んでいるのが分かります。ちゃんと卵を温めていたのね。あと1週間くらいで雛が孵るのかな?

14 comments:

  1. 私は真っ先に、ウサさんの眉毛が目に飛び込んできました(笑)
    ナツフウキンチョウ、逆光?なのにすごい色鮮やか!
    Summer TanagerはWestern Tanagerより懐っこい感じで
    両方を同時に(同じ木)で見た事があるのですが、
    WTよりもジッとしている事が多いと思います。
    うっすらと見える瑠璃鶫が愛らしくてこれまた笑みがこぼれました(^・^)
    ちょっと今、カモが我が子を殺す動画を見てしまいかなりショッキングで
    凹んでいたのでちょっと復活しました~
    自分の卵が一斉に孵化すると我が子でも殺してしまうそうな。
    一度、オットと親カモが子供を殺す所を間近で見た事があるのですが、
    他の鳥の子供を殺しているのだとばっかり思っていましたが、
    今思えば、その親にそれでも付いていこうとしていたので実子だったかもしれません・・・
    アー・・ダークな話ですんません…

    ReplyDelete
  2. うふふ~。Megさんの写真って本当に癒されます(*^^*)。
    手の平サイズのウサギ、以前の私だったら信じられませんが、
    種類は違うと思うけどCAで目撃したので、この写真からカワイさが想像できます!
    私と同じくMegさんも、ポッケにいれて持ち帰りたかったのではないでしょうか(^^)

    睨みをきかすルリツグミ母さん、さすがしっかりしていますね。(といいつつ、写真見てふきました。失礼しました)
    また雛たちの可愛い声を聞けるなんて羨ましいですー。

    ReplyDelete
  3. 草むらと溶け込んでいる小ウサギちゃんも、おすましナツフウキンチョウ嬢(もしや♂?)も可愛い!

    ルリツグちゃんは同じつがいの二度目の子育てなんですか?しっかりカメラの方を睨んで牽制しているみたいですね(笑)

    ReplyDelete
  4. Hello Meg,
    Beautiful photos. We need a blog on google translator.
    Ornitophilous Greetings from Portugal.

    ReplyDelete
  5. @luluさん
    ウサさんの眉毛!!!
    言われてみれば結構凛々しいゲジ眉ですね^^ 
    ナツフウキンチョウの留っていた枝は私の目線くらいの高さで、逆光だったんですが、近かったせいか真っ黒写真になりませんでした^^ そういや、ナツフウキンチョウ(少なくとも私が見かけた個体)って他の渡り鳥に比べると結構堂々としているように思います。渡り鳥って、臆病で警戒心が強めの鳥が殆どだと思うんですが。。。何でしょうね?この鳥、もしかしてコスタリカとか、冬期にバーダーであふれかえっている所から飛んできて、NCの人間の一人や二人は余裕です、って感じなんでしょうかねー?あ、でもWTも冬場は同じ様な場所で過ごすのかしら?
    鳥が我が子を殺すシーン、結構ショックですよね。私が見たのはカモじゃなくて、Common Moorhenですが、生まれて間もない雛を親鳥がメッタ突きして殺してしまう所を何かのドキュメンタリー(BBCか何かだったかしら?)で見ました。雛は何が何だか分からないけど、親に付いていこうと一生懸命になり、余計に攻撃されてしまうという。鳥なりの理由があっての行動だとはいえ、やはりか弱い雛がぐったりしていくのを見るのは、かなりやるせないです。。。しかし、カモがそんなにアグレッシブだったとは!!!のんびり池で泳いでいるだけだと思っていたので、ちょっとその事実にびっくりです。外敵だけじゃなくて自分の親兄弟もいつ敵になるか分からないから、自然界で生きていくって本当に厳しいですよね。

    ReplyDelete
  6. @めるさん
    ふふふ、本当に小さくてぽわぽわで可愛らしいウサギちゃんでした^^ポッケに余裕で3羽くらい入ってしまう大きさでしたよ。しかも、草を食べるときの口とか鼻の辺りの動きがたまらなく可愛いかったです〜。可愛過ぎて自然と笑みがこぼれてしまいました^^(←ウサギが見えていない人にはとても怪しい状況に写っていたと思います)。なついてしまって後を追いかけてきてくれたらどんなに嬉しい事か〜!!!
    ルリツグミのこっそりこっちを見ている感じが可笑しかったです。見えそうで見えない目が怪しげで笑えますよね^^ でも、ああやっていつもこっそりこちらを見ていたのね!?と思うと、ちょっとドキドキします。雛ちゃん、今度は巣立ちの瞬間を逃さないようにしないとー。

    ReplyDelete
  7. @kさん
    私も何度も野うさぎに遭遇していますが、こんなに小さいウサギちゃんは初めてです。
    ぬいぐるみみたいにふわふわで、じっと座って草を食べたり休んだりしていて、本当に罪な可愛さでした。
    おすまししているナツフウキンチョウは、ナツフウキンチョウ小僧(?嬢の男性バージョンってなんでしょうか???)でした。嬢さんは黄色で、ちょっと薄汚れた感じです^^;どちらもとっても可愛いですが♪ルリツグさん達は同じつがいです。最近は活発な動きが特になかったので巣箱が空っぽなんだろうなー、と思っていたので、実はメスがこっそり覗き見していたという事実に私がドキッとしてしまいました^^

    ReplyDelete
  8. @Armindo Tavares
    Thanks for posting. I added google translate on the top of the menu bars (it also should appear under the tool bar). I am not sure if it works for Portuguese since translating my page in English seems to collapse the original meaning in Japanese. I can write my post in English as well as Japanese. Translating from English to Portuguese might work better than that from Japanese to Portuguese, I guess :)

    ReplyDelete
  9. Hello Meg,
    I can already read.
    Thanks.

    ReplyDelete
  10. こんにちは。ウサギさんも鳥さんも目が可愛いですね。ウサギって子供でなく大人でそのサイズなのですか!本当にちっこいのですね。
    ところで巣箱の中ってどうなっているのだろうとすごく気になりませんか? ガーデンセンターに行くと日本¥で1万円前後の巣箱があってそれがカメラ付きらしいのですが、そんなのを買って鳥が巣を作ってくれなかったらサイコーにショックですよね。だから私もMegさんみたいに穴を覗いて偵察しています。

    ReplyDelete
  11. @ Armindo,
    Thanks for commenting again. It is funny to read my blog in other languages :)

    ReplyDelete
  12. @ shidekuboさん
    ウサちゃんは多分赤ちゃんだと思います^^ って、大人だったりして!?ちっちゃくて、昔動物園で見たモルモットよりも大きいなー、なんて思いました。
    巣箱の中、気になって気になって仕方ないんですけど、ここは彼らのためにもぐっと我慢して繁殖の時期が終わるまでは箱の近くには行かないようにしています。冬前には多分開けて中の掃除をすると思うので、巣がどんな形をしているのかとか調べようと思っています^^ しかし巣箱に一万円ってすごいですよねー。自分でカメラ買って付けたら半分以下で済んでしまいそう。アマゾンで鳥の巣箱用のカメラが確かすごい安い値段で売っていた様な。来年はやってみようかしら?

    ReplyDelete
  13. 砂糖水、4個のフィーダーを毎日取り替えられてるのですか?
    それは、たかが砂糖、されど砂糖ですね。
    24℃以下だったら2日は飲んでもらってます。
    なんせ愛情のコユイネクターですから(笑)
    真冬なんて3日間も置く事がありますが腐ってません。
    さすが4日間は置いた事がありませんが。
    てか、こんな話ここだけだな(苦笑)
    自分のブログに説明している事と違うやん
    ニゲル!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(;;≖□≖)┘
    カメラ是非やって頂きたいな~
    青い卵が観たい・・・ 壁|д・´)

    ReplyDelete
  14. @luluさん
    ええ、4個。報われない努力とはこういう事を言うのかも、と少し虚しいです^^;
    もう、いっその事フィーダー減らしてみようかしら?
    でも、多い方が集まりがよいのは確かだし、きっといつか懐いてくれるはず。。。
    今年は例年よりもずーっと涼しいので、とりあえず2日は飲んでもらう事にします。愛情エッセンス仕立てだから、多分日持ちもするでしょう。
    先日、コメントを頂いた後に愛情マックスにしてみたんですが、ハチを見る時間がなくてその後どうなったのかわかりません。
    今日は夕方よーく観察してみようと思います^^
    ルリツグミの子育て、結構楽しいかもしれないですね!
    来年に向けてちょっと検討してみまーす♪

    ReplyDelete