Friday, May 13, 2011

Ruby-throated Hummingbird

とある日の夕暮れ時
太陽が西に沈みかけた誰もいない草原で




一羽のRuby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)に出会いました


♪きゅっきゅっ♪

よい週末を♪

8 comments:

  1. 結論・・・昨日オットがデジスコでフクロウを撮り続け、
    Megさんの明るいレンズには到底敵わないという事を改めて認識いたしました。
    ノドアカさんの綺麗なお写真に改めて溜息~♪
    三角のヒラヒラお髭がキュートです☆
    バックがNCカラーですね(^・^)
    ちなみにフクロウはLong-eared Oulの両親&キッズと
    Great Horned Owlの両親&キッズでしたが、
    やはり、ちょっと暗い・・・
    せっかく撮ってきてくれたのに、
    「いい加減、スズメ大のNorthern Pygmy-Owl撮ってきてよー(ブーブー)
    小さすぎて見えてないだけできっとオットの事見てると思うよ」と急かしました(笑)

    ReplyDelete
  2. くっ、ハチドリってやっぱり可愛い(^。^)
    このコ、とってもキレイな輪郭をしています。
    というか、Megさんの撮り方がお上手なのでしょうね(^^)
    きゅっきゅっ♪←生で聴いてみたいです♪

    ReplyDelete
  3. @luluさん
    フクロウを撮り続けたですって!?後からすごい写真とかどどーん!って出てきそうな予感。。。
    私のスコープ、やはりluluさんやluluさんのオット様のお勧めを購入して本当に良かったって思います。でも、色々見ていると880シリーズにしておけば良かった、とか思ってしまったりすることもあるんですよねぇ。。。
    >Long-eared Oulの両親&キッズとGreat Horned Owlの両親&キッズ
    フクロウを生で見たことがない私には、実際に自分の目で見られた、ってだけですごい羨ましいです!!!それを撮り続けたなんて!!!羨ましすぎます。
    Northern Pygmy-Owlもものすごい憧れ!私、アリゾナに行ったときにElf Owlを見られたら嬉しいな、って思っていたんですが、ElfどころかGHOさえ見ることも出来なかったので、やはりフクロウって簡単にあえるものじゃないんですよね。会いたいなぁ・・・。
    ノドアカハチドリ、家のフィーダーに来るものじゃなくて、野原で生きているホンマモンの野生のハチドリのほうが結構人懐っこかったりして・・・。我が家のハチドリたち、ぜんぜん写真撮らせてくれないんです(涙)これが最後のオスの写真とかだったら悲しい・・・

    ReplyDelete
  4. @めるさん
    やはりめるさんは根っからのハチオタですね!?
    分かります、分かります、ハチドリが可愛くて仕方ないのが!!!私もハチドリなら何でも可愛くて仕方がなく、ハチドリ写真とかじーっと眺めていることがあるんですが、その行動は夫には理解されていない様子・・・^^;でも可愛いものは可愛いですから仕方ないですよね♪
    このノドアカさん、またしても赤い部分がほぼ黒っぽくなってしまってなんか微妙なんですが、可愛い顔をしていたので記事に載せてしまいました^^ こういうちょっともふっとした輪郭も可愛いですが、私はやっぱり緊張したときの絶壁のぺったんこ姿にとっても癒されたりします~。

    ReplyDelete
  5. 以前と重複して申し訳ないんですが、
    他の鳥のフィーダーがあると止まる事はないと思います。
    ハチドリの季節だけ他のフィーダーはハチドリから見えない所に設置するか、
    出来ればハチドリのフィーダーのそばを他の鳥が通らない方がもっと良いです。
    ただ、今年これを実践したとしても、他の鳥達が、ここにフィーダーがあった=馴染みの場所という事で、
    フィーダーが別の場所に移動した後も来てしまうかもしれないので
    本当は年中ハチドリのフィーダーから見えない所に他の鳥のフィーダーを設置し続ける事が一番です。
    上記はあくまでもハチドリ写真を家で撮る法方ですので、
    それは嫌だわ、または難しいという事であれば、
    家ハチの枝に留まった所を撮るのを諦められるか・・あとは偶然留まった所を狙うかになってしまうと思います。
    ELFやNPOは無理としてもGHOは天敵が居ないからかどっこにでも居ますのでやはり諦めずに鳥撮りしながら探してみてください。
    木の下に大量の糞、又はペレットがあればその周辺に居ます。
    けっこう枝ゴシャで暗い所に居るので同化して見え難いだけだと思います。
    私も今年始めてGHOを鳴き声で探しあてたのですが姿が見えない・・・
    翌日、オットに場所を教え行かせたら一瞬で見つけて撮ってきました^^;
    やはりかなり枝ごしゃな所にいました。
    GHOは夜行性なので早朝か夕方以降が特にお勧めです。
    緑豊かで動物がいっぱいいるNC、そこには必ずそれを狙うフクロウがいるでしょうね。

    ReplyDelete
  6. @luluさん
    そそ、以前luluさんに教えていただいた通り、普通のフィーダーとハチフィーダーは常にかなり離して設置してあります。エントランス側のデッキはハチドリ専用で、他にはお花くらいしか置いてないんです。家を真ん中に挟んでお互いに見えない位置にあり、距離も家1軒分以上離れているのでフィーダーにくる野鳥が恐くて、ってことはないと思うんですよねぇ。。。もっとも、フィーダーがあろうとなかろうと、我が家は山の中にあるので、常にコガラやエボシガラはごちゃごちゃ密集しているんですが。。。どっちにしても山の中で暗いので、我が家の周りはあまりハチドリ撮影には向いていないのかもしれません。
    緑豊かなNCで動物もいっぱいいるんですが、、、これからの時期緑が豊か過ぎて、どこに何がいるのかまったく分かりません^^;早朝とかBarred Owlが鳴いているのだけは聞いた事が何回かあるんですが、これも姿を見た事はなく。。。葉っぱがなくなる秋冬まで待つしかないですねー。
    フンとかペレットとか野球ボールくらいあれば私でも見つけられるんですが、さすがに鳥の口やお尻から出た大きさのものは難しそう。それを一瞬でフクロウを見つけてくるオット様って、、、本当に人間ですか!?(笑)NPOがアップされる日は近いか!?

    ReplyDelete
  7. 西のハチヲタMay 16, 2011 at 11:45 PM

    それは大変失礼しましたm(__)m
    いえ、昨年も同じ失態をした記憶が・・・m(__)m
    期間限定なのと、なるべく沢山接したいのでは、撮りたいのでは
    と思うと、ついついお節介をやいてしまいました~(~_~;)
    では、色々と試してみましょうか?
    昨日からネクターの愛情エッセンスの量を増やしてみたら、
    大人気!嘴を入れたら、吸い付いたタコみたいに顔を上げません(笑)
    しかも飲みっぷりがよく、あっという間になくなりました。
    Megさんのお庭事情よーく判りました。
    なるほどです。ハチドリ達、慣れるまでもう少し時間がかかるかもしれませんね。
    何か他に魅力的なものを置くのも手かもです。
    うちに来るハチドリ達が喜ぶ時は、
    フィーダーの数を増やした時、
    ネクターをタップリ入れてあげた時などで縄張り争いも激化し
    目の前で5羽とか留まり続ける事もあります。
    ハチドリも人間と同じく欲深いなーと思っているこのごろでした(笑)

    ReplyDelete
  8. @西のハチヲタさん
    いえいえいえ、色々アドヴァイスを頂いて、本当にありがとうございます。嬉しいです♪ 撮りたいし接したいです!!!
    今のところハチドリ自体は、多分10羽位はいると思うんです。ですが、他のハチドリに会いたくないのか、フィーダーを見張る事もなく、飲んだらさっさと消える、みたいな感じなんですよねぇ。。。愛情エッセンスは経費削減のためマックスではないので、ちょっとマックスにしてみます^^ ちょっとフィーダーに執着してくれると嬉しいんですが。フィーダーは、なんと今年は4個も出しているんですが、あまり売れ行きは良くなく、商売あがったりですぅ〜(涙)とりあえず、出来る事と言えば愛情エッセンス作戦ですね!今晩にでもエッセンス仕込みをしてみようと思います。ハチタコ目指して頑張ります!
    はっ!そういえば、今、我が家の周りの道路や空き地では野生のハニーサックルが真っ盛りなんですよねぇ。。。もしかしたら、本物の蜜の味には勝てないのかも、ってちょっと弱気になったりして。。。

    ReplyDelete