Wednesday, May 4, 2011

Spring migration #8 -- Indigo Bunting

今日は渡り鳥界のロマンチスト、Indigo Bunting(ルリノジコ)です。ロマンチストな理由は以前の記事にも書いたように記憶しているんですが、渡りの際には日暮れとともに飛び立ち、夜空に輝く星座を目安に自分が向かうべき土地へ飛んで行くという、聞いただけでもため息が出てしまう様な(←え?出ません?)素敵な渡りをするのです。

憧れの松の木の先っちょに留ったルリノジコだったのに。。。鳥でなく松の木にピントが合ってます。そして、その後2度とこの松の木に留る事はなく。無念!
Indigo Bunting, Apr 2011


いい所に留ってさらに歌ってくれているのに、またしても鳥にピントが合っていません。そしてこの木に留る事は二度と無く。。。この日2度目の無念!
Male Indigo Bunting, May 2011


この木がお気に入りみたいでした。しかし遠いんだ、これが。
Indigo Bunting, Apr 2011


Male Indigo Bunting, Apr. 2011


Male Indigo Bunting, Apr. 2011明らかに私を見ているようにも見えるんですが、鳥って目が横にあるから、実は私とは全然違う方向に集中しているのかしら???

Male Indigo Bunting, Apr. 2011

ルリノジコを撮っている最中の出来事。いい所に来てくれた!とシャッターを押していると『メモリーがありません』みたいな表示が出ました。以前撮った写真を消すの忘れてメモリーが一杯になってしまった模様。その後、早朝の草原にてしばし要らない写真を削除する作業に追われる事に。。。そしてそんなアホな事をしている間にもバッテリーを結構使ってしまい。。。この日最大の無念!!!こんな悲しいハプニングは二度とごめんなので大容量のメモリーカードと予備のバッテリーを買いましたしかし、まだまだ彼らはNCに来たばかり。今後もっと面白い姿を見せてくれる事を期待します。


今日のオマケ
何も考えずにだーらだーら湿地を歩いているときに突然目の前の木に出てきたProthonotary Warbler(オウゴンアメリカムシクイ)です。『なにーっ!!!このタイミングで出るかっ!?』と焦りつつ写真を撮ろうと試みる私。動くと逃げちゃう!と思って最小限の動きで目の前のオウゴンアメリカムシクイを撮った結果がこれです。そして瞬く間にオウゴンアメリカムシクイはどこかに消えてしまいました。やはりカメラ持っている間はいつでも撮れる状況にしておかないと、私のように後悔の嵐に苛まれる事になるでしょう。

6 comments:

  1. あっという間にカルガモの月になりました(毎日楽しんでます)
    どの記事もしっかり読ませていただいているんですが、ちょっと立て込んでいてなかなかコメントできずにごめんなさい。
    今回はきれいなブルーに負けてコメント書いています。すんごい青ですね。ど青!(*^^*)ポッ
    ピント、合っていないんですか?私にはわかりませんでした。もし私だったら最高の出来♪と上機嫌だと思います。
    無念続きとは思えない、素晴らしい写真ばかりですよ~。(^^)/

    ReplyDelete
  2. @めるさん
    お忙しい中コメントくださってどうもありがとうございます。
    そうでした!5月はカモの赤ちゃんでしたね!
    最初『めるさんのおうちの近くにはカルガモが居るんだなー、毎日会えるなんていいなー』なんて思ってしまいました。
    この鳥は本当にどこもかしこも青く、しかも青さが半端じゃない青さなのですよ!
    写真でなくて、本物を是非いつか見ていただきたい。。。
    ハチドリほどではないですが、小さい鳥なのに存在感は抜群です。
    野原で双眼鏡覗きながらため息でちゃう位の鳥です(実際によく野原で『ああ、アレがルリノジコなのね〜♪ 本当に綺麗だわ!』って言っている妙齢の方々によく遭遇します)。ピントはよーく見ると木に合っていたりお腹の毛に合っていたり。。。目も含めて全体にピントが合っていると、毛が1本1本浮き上がってくる様な写真に見える(ような気がする)んですが、残念ながら私の場合、木や葉っぱに合っているという事が多々あり。。。でもめるさんに気に入っていただけて(?)嬉しいです^^

    ReplyDelete
  3. ちょっとご無沙汰してしまいましたm(_ _)mルリツグ雛ちゃんずのリクエストまでしていたのに、ごめんなさい!写真しっかり拝見しました。子供達の成長って目覚しいですね。

    そしてまたまた新顔が登場^^こちらも鮮やかな青ですね~!
    めるさんのコメントの「ど青」思わずしっかりうなずきながら心に刻み込まれました(笑)

    >早朝の草原にてしばし要らない写真を削除する作業に追われる事に。。。

    ああ!すごく良く解る^^;シャッターチャンスでのバッテリー切れも・・無念お察し致します。

    ReplyDelete
  4. すごい!!!!!!!っ♪
    これ以上ないくらい上出来の写真じゃないですか!!!!!!!っ♪
    こんなに美しく撮れたノジコ初めて見ました!!
    まるでキャノンの一番高いカメラで撮ったような画総数ですね!
    囀っている所の写真は一眼で撮ろうがデジスコで撮ろうが必ず目元がボケますね…
    留まっている所などがこっちのノジコとやっぱり同じで微笑ましいです。
    そうそう(*≧m≦)探している時は見つからないのに、「このタイミングで!!」という時に珍しい鳥さんに出逢えるのも鳥撮りの愉しい所ですね(^・^)
    こっちのノジコの鳴き声は「ヨイショヨイショヨイショッ♪」なんですが
    そちらのノジコさんはどんな鳴き声ですか?
    ありえないくらい美しい麗しいお写真なので、一枚デスクトップの背景にお借りしてもいいですか?
    というか、私の『美しい鳥の写真集』のファイルに入れてもいいですか? 壁|д・´)ソー――ッ
    個人で楽しむならいいですよね?って強制(爆)
    というか今までもMegさんの素敵なお写真数枚既にファイルに入ってます・・・
    =ε=ε=ε=┌( ;; ̄д ̄)┘ニゲル

    ReplyDelete
  5. @kさん
    こちらこそコメントを頂いたのにお返事が遅くなってしまい、すみません。せっかくの週末なのにこちらは夕べからまた雨です・・・。
    ルリツグミの雛達の成長は目覚しく、おぼつかない飛び方からしっかりした飛び方に変わり、餌獲りの真似事から本格的な餌獲りに、とあっという間に完全ひとりだちしてしまいました。見た目こそお子ちゃまですが今は一人で頑張ってるみたいです^^
    ルリノジコは本当に綺麗なとりで、NCだと春夏にしか見られないので、もし機会があったらぜひ見ていただきたいです!!!もともと東海岸にしか来ないのでNCにいる間がチャンスですよ~!!!
    カメラのハプニング、前はバッテリーを充電器につけたまま野原に参上してみたりしたこともあって、やはり予備は必要だと改めて痛感しています^^;

    ReplyDelete
  6. @luluさん
    こんにちは♪ そんなにほめていただいちゃっていいんでしょーか!!??いや、もっと綺麗に撮れたルリノジコはきっと山のようにあると思います・・・^^; 私のノジコ写真を気に入っていただけて本当に嬉しいです!!!どーぞどーぞ、煮るなり焼くなり好きにしてくださって結構です^^
    囀っているところ、本当はどうしてもフォーカスがぴったり合った写真が欲しかったんですが、普通のカメラでとってもぼけるとおっしゃっていただいたので、そもそもデジスコで撮ってみるってのが無理な話なのでしょうねぇ~。
    こちらのルリノジコも高い木のてっぺんとかで囀っていることが多いんですが、やはりノジコは東西同じような行動を取るんですね^^ちなみに鳴き方は「ぴ、ぴよぴーよ(下がり調子)、ぴよぴーよ(上がり調子)、ぴよ!」みたいな・・・(オイ!)ぴよ、っぽいけどぴよじゃなく、でもそれ以外で表せない音だったり。。。「ヨイショヨイショヨイショ」可愛すぎ!そして面白すぎ!でも、言われてみるとそんな風に鳴いているように聞こえることもあるような。
    最近は「このタイミングで!?」っていう登場のされ方ばかりで、ちょっとがっかりな鳥撮りが続いているんですが、ストレス溜めたらバードウォッチングの意味がないですものね、気楽に行こうと思います~♪

    ReplyDelete