Monday, June 20, 2011

American Goldfinch with Sunflower

先日ヒマワリの花が咲きそうとお伝えしたばかりですが、週末にこんな可愛らしいシーンが見られました。こうなってくれたら嬉しい、と思って大事に育てていた(といっても基本的に放置ですけど)ヒマワリですが、American Goldfinch(オウゴンヒワ)とのコラボレーションという夢が実現!同じ様な写真ばかりですが、オスの色の違いとだんだん日が暮れていく様子をお楽しみください。
*全部窓越しの撮影です。


先ずはとっても綺麗なオスがお花の品定め。黒い所は真っ黒、黄色い所は真っ黄色でこれぞオウゴンヒワ!って感じのオスです。
male #1



male #1


次にやってきたのは少し冬毛が混ざっているオス。頭も最初のオスのように真っ黒ではなく、所々薄い色の毛が混ざっています。
male #2


3枚目とはまた別のオス。頭はほぼ黒ですが、首の後ろの毛がグレイがかった冬の色。黄色になりきるエネルギーがなかったのかしら?
male #3


このチマチマとした食べ方と半開きの目がキュート♪
male #3


male #3

だんだん日が暮れてきて背景が綺麗になってきたと思ったら、あっという間にヒマワリは日陰に入ってしまいました。そしてヒマワリの花もすっかり食べ尽くされてしまいましたよ。こんなに楽しめるんだったらもっとヒマワリの種をこぼしておくんだった。。。うん、来年はそうしよう!

**************
おべんとにっき、先週の金曜日の分の写真を取込むのを忘れたので明日まとめておべんとにっきにします。

8 comments:

  1. Great goldfinch photos!!! Talented photography!

    ReplyDelete
  2. んにゃ~~~!と思わず奇声を発してしまいました。
    黄色い鳥が黄色い花に。すごく絵になりますね。
    しかもこれで窓越しとは・・!(うちも窓拭きせねば)

    ヒマワリ、種になるのを待つのかと思いきや、
    花も食べちゃうんですね(^^;;
    花のうちに食べられちゃっても種になるのかな。

    ReplyDelete
  3. @ Tim
    Thank you for posting. Also thanks for being patient with collapsed English translation by Google Translate, if you have tried. Unfortunately, Google Translate does not seem to work translating from Japanese to English... American Goldfinch is very common here in NC, but I still get so excited whenever I see this bird.

    ReplyDelete
  4. @ めるさん
    んにゃ〜と言いたくなる気持ち、分かります^^ 私もこのシーンを発見した時はかなりびっくり&興奮しましたよ。というのも、私も種が完成してから食べるものだとばかり思っていたので、かなり不意打ちを食らった感じです。写真は載せていないんですが、オウゴンヒワ達、花びらはぺっぺっとむしって捨ててました^^;そして奥にある種の元?をホジって食べてました。なので、種はもう出来ないと思われます。。。やはり咲いているお花の種はジューシーさが違うのでしょうか?あっという間に食べ尽くされてしまいました。
    しかしコガラがこぼした種がこんなに私たちをハッピーな気持ちにしてくれるなんて想像できませんでしたが、こうなるとコガラ様々です^^ 今からこぼしたら夏前にはお花が咲くかしら?と意図的にこぼす作戦を練っている私です。

    ReplyDelete
  5. アメリカのGoldfinchの方が黄色い部分がたくさんあって
    きれいですが、それをひまわりとコラボさせるなんて!
    写真を撮るのは一瞬ですが、長期にい渡る努力が報われた感じですね。 

    ReplyDelete
  6. 黄色のひまわりにオウゴンヒワとは、豪華だね~。
    う~ん、なんかこの綺麗さを表す四字熟語があったような・・(思い出せない・・)。とにかく、綺麗ってことが言いたい。
    品定めしている表情がいいね。吹き出しをつくって言葉を入れたいくらい。
    新たな楽しみの発見で来年ヒマワリいっぱい撒く楽しみが増えたね。

    ReplyDelete
  7. @ shidekuboさん
    American Goldfinchは和名もオウゴンヒワと言われる位なので、繁殖期はそれはもう、レモンみたいに鮮やかです(アメリカには他にもLesser Goldfinchというのがいますが、そちらはヒメキンワ。名前もそうですが、見た目もオウゴンにはなりません)。でも私はやはりマルチカラーのゴシキヒワに憧れてしまいます。。。
    ヒマワリはコガラにこぼされてから芽が出てきた辺りで、何度か邪魔なので引き抜こうと思ったんですが、何となく放置していたらあっという間に花が咲きました。オウゴンヒワが来てくれたらいいなーとは思っていましたが、まさか花がきれいに咲いている段階で来るとは思っていなかったので嬉しい誤算です^^ 長期に渡る努力と言うか、、、放置が実りました!

    ReplyDelete
  8. @ Chikaちゃん
    かつて鳥の餌としてフィーダーにあったヒマワリが再び鳥の餌として生まれ変わった瞬間です。来年はもっとこぼそうと思います。今回、花が綺麗に咲いているときにオウゴンヒワが来てくれてラッキーでした。これがメキシコマシコのメスとかだったら、、、私はがっかりです。四字熟語、なんだろう?容姿端麗?眉目秀麗?豪華絢爛(これは違うか。。。)?それ以上はもう四字熟語が出てこないです。。。
    そうそう、同じヒマワリの種なのにね、いっちょまえに選ぶんですよ。わざわざとりにくそうな所から攻めてみたりして。『俺のジューシー種ちゃんはどこに〜♪』って思いながら探しているのかもしれないねー(←Chikaちゃんが思っていた台詞とはほど遠かったかしら?)

    ReplyDelete