Monday, June 6, 2011

Topsail Island #1

この週末に1泊で海に行ってきました。Topsail Islandという、大西洋に面した細長い島に友人がキャビンを所有しているので泊めてもらいました。鳥でもいるかしら?と思ってカメラを持っていったのですが、びっくりする程鳥がいなくて(カモメすら殆どいないという、、、)代わりに貝を見つけて写真撮ってきました。

夕方の砂浜で見つけた貝殻。ホタテ風の貝は中身があったら結構美味しそう。



こちらは初めて見たんですが、1センチくらいのパステルカラーの小さな貝達。もちろん、中身が入っていて生きています。波が引くと一斉に砂浜の表面に出てくるのですが、波が来るのと同時に一斉に砂の中に潜り込んでしまいます。で、また出てくる。。。



少し開いた貝の端からちょろっと中身が見えますか?真ん中の貝は薄いブルーに濃いめの模様が中々可愛いです。



この貝達の色!うっすら桜色と紫色が混ざった様な色合いがとっても可愛いと思いました。



これは砂に潜る所を撮ろうと頑張ったんですが、なんか不気味な砂嵐のなかに貝がしがみついているようにしか見えませんねぇ。。。^^;本当は波がもっとこう、さらさら流れていく感じだったんです。



こちら、たまたまキャビンのバルコニーから見つけたGreat-crested Flycatcher. なんでも食べちゃう強者です。NCでは夏鳥で、秋になると越冬の地(中南米)に渡っていきます。



大きめな冠羽が素敵な鳥です。






Topsail Islandはホテルやレストランなども少なく(というか殆どない)、殆どが個人で所有するキャビンやコンドなので、一般の観光客が少なく本当に静か〜なビーチです。のんびり静かに読書したい、という方にはおすすめのビーチですが、鳥をがっつり楽しみたいという方にはお勧めしません。

*************

とある夕暮れ時のチャバラちゃんベイビー。夕飯の準備中に窓の外を見たら、ちょこんと座っていました。疲れちゃったのかな?



そこへ親が虫をくわえてやってきました。夕方で暗かったので親がブレブレになりゴースト状態です^^;



このベイビー、親が嘴を突いて餌を食べさせようとしても、中々口を開けませんでした。親が枝に飛んでいくと一緒に飛んでいける状態なので、具合が悪いという訳ではない様なんですが。普通に食べ物の好き嫌いなのかしら?『こんなグロい虫、食べられないっ!』とか思ってるのかな?


そそ、お弁当日記始めました。私は料理人でもないし、料理上手でもない、ただのバーダーですので、下手な料理は見たくない方は閲覧禁止です(笑)。お弁当作りに気合いを入れるための記録です。

8 comments:

  1. 赤さん、めっさ無防備で「どーぞ私を食べてください」状態ですね(笑)
    貝殻見たり集めたりするの趣味なので幻想的で綺麗な写真に癒されました(昔はお金出してまで買っていた程)
    本当に貝なのか??と疑いたくなるような美しいのやら面白いのがあるのでやめられません。自然は偉大で素晴らしい。
    しかし、鳥が居ない島というのは珍しいですね。魚が居ないわけでもないでしょうし、興味深い現象です。なぜなのか知りたくてたまりませんな~

    ReplyDelete
  2. いいね、海辺でゆっくりとした時間を過ごせたようですね。でも鳥が少ない、とは残念。
    貝殻はとても素敵。あんなにいっぱい、しかもカラフルで綺麗な色合いで私も癒されました。
    Great-crested Flycatcherの2枚目、可愛いけど、顔細すぎない?思わず「細っ」と心の中で言ってしまったけど、体のサイズと不釣合いでそれもまた可愛いね。

    ReplyDelete
  3. @luluさん
    チャバラちゃんにしろ、カーディナルにしろ、ベイビー達は世間知らずというか、何と言うか、人間の私ですら『ああっ、そんな所にいたら危ないっ!!!』とかハラハラしちゃいます。ま、親が近くで見ているでしょうから、きっとそれをふまえての無防備なのかもしれませんが。
    luluさん、貝がお好きでしたか!!!私は貝といえば、もっぱら食べる方専門だったんですけど、今回鳥がいなくて見るものがなかったので足下を見ていたら、結構貝って可愛い♪ 新たな発見でした。色も、生きているとなんとなく貝殻自体が透き通る様な透明感があって、幻想的でした。
    鳥がいないのはなんででしょうね?島自体が細すぎて鳥がくつろいだり餌をとったりする場所が少ないのかしら?もしかしたら本土の方に一杯鳥が集まっているのかもしれません。でもカモメすらチラッと見ただけなので、鳥がわんさかいると期待していった私は肩すかしを食らった感じですー。

    ReplyDelete
  4. @Chikaちゃん
    この浜辺は我が家から2時間半なので、1泊でもまあまあくつろげました。でもどうせ行くなら生き物がいっぱいいる所にいきたいわ〜、などと贅沢を言ってみたり。でも鳥がいなかった代わりに、沢山貝やら海藻やらを見つけたよ。貝は小さくて透き通っているみたいな感じで、びっくりする位綺麗でした。アレはあさりみたいに大きくなるのかしら?潮干狩りとかできそうなくらい沢山いました。
    Great-crested Flycatcherは顔が細いというか、頭が長いというか。冠羽が立派だから、顔のほかのパーツが貧弱に見えるよね。頭でっかちな鳥が好きな私にはたまらない鳥です^^ 

    ReplyDelete
  5. 貝殻、久しぶりにじっくり見ました。私はこの間、モンシロチョウを見てホタテと動きが似ていることに気づきました。(私だけかも)波に流される砂を見ていると自分も吸い込まれそうになる不思議な感覚を思い出していたところで、チャバラちゃん!(笑)この無防備さはたまりませんね~♪Megさんの手がそーっと伸びているのが見えるような見えないような(^^)

    ReplyDelete
  6. ”ビックリするほど鳥がいない”って言うところがMegさんの気持ちがすごくよく表れているようでよくわかりました。
    波が引いていく時の貝と砂の模様やパステルカラーがきれい。
    お弁当、ちょこっとのぞいちゃいました。私もアイデアください。 メニュー困ってます。

    ReplyDelete
  7. @めるさん
    ホタテの動きをまじまじと見た事がないんですが、モンシロチョウの動きなら想像できます!ホタテもゆっくり閉じたり開いたりするのかしら?私は貝の中身が出ている所をちろっと触ったときに引っ込む仕草が結構好きだったりします(←変ですか?)波は結構、だまされますよね〜。最初に来た波で『あ、これくらいまでしか来ないんだな』とか思って、浜辺でしゃがんで貝を見ていたりすると、突然お尻までびっしょりにされる様な波が来るという。。。これだから海は危険です(←???)
    チャバラちゃん、むぎゅっと握ってしまいたくなる可愛さですが、ここは心を鬼にして握らずに置きました。赤ちゃんは純粋というか怖いもの知らずというか、、、そのうち私を見るだけでも逃げるようになると思うと、貴重な瞬間だったのかもしれませんね〜^^

    ReplyDelete
  8. @shidekuboさん
    いや、本当に鳥がいなかったんですよ。普通、海辺ならカモメとかわんさかいるはずなんですけど、ここの浜辺にはなーんにもいなくて、かなり寂しい感じでした。でもそのせいか、生きた貝がいっぱいいましたね~。普通の海岸だとたいてい貝殻になってますから。
    波が引いていくときの写真、本当の波はもっとゆっくりで綺麗なんですけど、カメラの設定もよく分からず鳥の設定のままで撮ったらこうなりました。なんか妖怪でも出てきそうな不気味な雰囲気が漂っているんですが、それでも波の雰囲気が出ていたかしら?
    Shidekuboさんもおべんと派ですか?お野菜のおかず、なにかいい案ありませんかー?私はもっぱらほうれん草かブロッコリー。野菜のお料理って結構難しくて困ってます:(

    ReplyDelete