Thursday, June 30, 2011

Wood Thrush

今日は初登場のWood Thrush(モリツグミ)です。NCでは夏鳥で、冬はメキシコ南部やその他の中央アメリカの辺りで過ごします。

この鳥は森の中であれば比較的どこにでもいるようですが、私は今まで数える位しか姿を見た事がありません(声はよく聞くんですが)。そう、そのモリツグミの声は北アメリカに生息する鳥の中でも最も美しいもの、と言われる事が多くて、実際に聞いても、他のどの鳥にもない様な妖精のような可憐なイメージの声です。楽器で言えばフルートでしょうか?興味のある方はこちらのサイトで声を聞く事が出来ます。

庭に降りてきた所。なんだかどこにもピントが合ってない感じですけど、これと下の写真しか撮れなかったので。




臨月ですか?

モリツグミはいつも森の中でこだまする声だけの存在で、本当に妖精みたいなイメージを持っていたんですが、この臨月風のおちゃめなお腹を見て、モリツグミも普通に鳥なんだな、なんて思いました。でも水を数口飲んだ後、すぐに飛び去ってしまい、モリツグミはまた声だけ聞こえる妖精に戻ってしまいました。

**********

そうそう、ハイビスカスの花が昨日なんと8個咲きました。いつも2−3個とかで、8個同時に咲くのは初めてです。せっかくなので記念に。写真で見えていないけど、鉢の向こう側にもう3つ咲いています。




花が全部入っていないのが残念。花は一日しか咲かないので、このお花達は既にしぼんでしまい、今朝は普通通り1個しか咲いていませんでした。

4 comments:

  1. お久しぶりです。
    本当にこのポッこりおなかこれから卵をた~くさん産みます!
    みたいな感じですね。そんなめったに見れない森の妖精が
    庭にやってきたら、やはり感動しますよね。
    ハイビスカスって一日しか咲かないのですか。 
    それは知りませんでした。Megさんのお宅のベランダからの眺め、軽井沢の別荘にいるみたいです。

    ReplyDelete
  2. すごく素敵な環境のお宅ですね〜。ほんとに、別荘にいるみたい。
    持ってませんが^^;。
    家の周りでも、鳥の声が聞こえるんですが、何の鳥かわかりません、、。

    ReplyDelete
  3. @ shidekuboさん
    ウィンブルドン出張、お疲れさまでした♪ いつもながらイギリスは気候が穏やかでテニス観戦もとっても心地良さそうでしたね!
    そうそう、このモリツグミ、本当に卵を産む直前だったのかもしれません。というのも、週末に庭先を観察していたんですが、このぽっこりお腹のツグミが庭の水たまり周辺から枯葉や泥が混ざったものを頻繁に運び出していたので、おそらく近くで巣を作っているんだろうと思われます(普通はメスが巣を仕上げるようです)。2羽つがいでやって来ていましたが、1羽はただ観察しているだけ?みたいな感じでした。妖精が庭に赤ちゃんを連れてきてくれたら嬉しいなぁ、なんて夢を見ています。
    ハイビスカス、そうなんです〜、一日しか咲かないんです。せっかく大きくてゴージャスに咲いているのに一日って、本当に花火なみに儚いですよね。何のためにあんなにゴージャスなんだか。。。そういえば、月下美人も一晩しか咲かないですよね。ハイビスカスも月下美人もほんの短時間の開花なのに何故にそこまでゴージャスなのか。。。謎です。我が家のデッキ、眺めだけなら軽井沢ですが、気温と湿度は東京都心って感じです^^;

    ReplyDelete
  4. @ kojyutoさん
    kojyutoさん達が前回NCにいらしたときはオンボロアパートでしたものね〜。本当にお見苦しい場所にお連れして申し訳ありませんでした^^;
    今のところはちゃんとリサーチしてから決めたのでそれなりに快適ではあります。写真だと別荘みたいですが、実際に住んでみると暑くて虫だらけで、某英語教師Jさんの別荘のように優雅にデッキで朝食という訳にはいきませんねぇ^^;
    kojyutoさんの家の周りで聞こえる鳥の声、気になります〜〜〜。ちなみにハチドリのフィーダー、付けられましたか?

    ReplyDelete