Thursday, July 21, 2011

Yellowthroat again

少し前に見たCommon Yellowthroat(カオグロアメリカムシクイ)のオスです。
このオスには3カ所程見張り台的なところがあるようで、それらを行ったり来たり。一カ所でひとしきり歌って満足すると(?)他の所にいってまた歌って、また飛んで。忙しい鳥です。
Common Yellowthroat, Jul 2011見張り台1

見張って
Common Yellowthroat, Jul 2011

歌って
Common Yellowthroat, Jul 2011

また見張る
Common Yellowthroat, Jul 2011
見張り台2

見張り台その3も撮りたかったのですが、失敗しました。

4 comments:

  1. 見張り台2のポーズが何とも言えません。3か所もきちっと確認できてすごい観察力ですね。鳥って適当に木の枝にとまっているのかと思いましたが、私も何種類か、お気に入りの場所がわかってきました。
    そして下の記事、コーヒー飲んでいてボトッと何か落ちてきたって、それが雛ちゃんだなんてどういう世界なのでしょう!

    ReplyDelete
  2. @ shidekuboさん
    見張り台2は歌い終わって余韻に浸っているところだと思われます。3カ所確認できて、といっても実際の見張り台の位置はそんなに離れてなくて小さな三角形の中をちょろちょろ回っている感じでした。鳥のお気に入りの場所が分かると、わざわざ動き回って探さなくて済むから便利ですよね。
    ちょうど屋根の真上くらいで以前、このヒナの親鳥と思われる雄雌のフウキンチョウが一生懸命カケスを追い払っていたので、もしかしたら本当に屋根の上にある木に巣を作っていたのかもしれません!こういう落とし物なら可愛いので大歓迎ですが、たいていは芋虫だったり糞だったりです。。。

    ReplyDelete
  3. ご無沙汰しておりました。最近はめっきり野鳥観察にでかけることもなくなり、鳥に関する知識がフェードアウトしていっています。証拠に、自宅周辺でよくみかけたAmerican Goldfinchじゃありませんか、と懐かしく写真を拝見したのですが、よくタイトルを見ると違う種類でしたね。beyond my capacityを改めて痛感させられた一瞬でした。さえずっている鳥さんと、葉の緑とバックの青空のコントラスが目に焼き付く秀作と思いました。

    ReplyDelete
  4. @ MI48103
    コメント欄が出たり消えたり、はたまたコメント自体が消えたりすることもあるブログにコメントいただいてありがとうございます。
    汗まみれになって歩き回っても何も見られなかったなんてこともしばしば、、、ってことを考えると、この時期の野鳥観察は重い腰を上げるのに気力が要りますよね。
    このカオグロアメリカムシクイは色合いも大きさもAmerican Goldfinchに似ているので全然間違えても問題ないと思います!さえずりの写真は遅いカメラで撮るのに結構苦労したのでお褒めいただいて嬉しいです!残念ながら最近は湿気が多いせいか?空も何となくどよーんとくすんで見えます。。。

    ReplyDelete