Friday, September 30, 2011

Scarlet Tanager and Summer Tanager

秋も大分深まってきました。今日は先ずはScarlet Tanager(アカフウキンチョウ)です。といってもメスだけですが。

オスは最近、というか、夏に一回見ただけでそれ以降全く見かけません。Summer Tanager(ナツフウキンチョウ)が多い場所だから居心地が悪いのかしら。。。メスは一年を通して淡い黄緑色〜黄色のボディにうっすら黒い羽根が特徴です。繁殖期以外のオスも似ていますが、オスは羽根と尻尾が真っ黒なので区別がつきます。

Scarlet Tanager female
Scarlet Tanager female, Sep 2011

このメスはオスのナツフウキンチョウに嫌がらせをされていました。同じフウキンチョウでも、やっぱり仲良くは出来ないのかしらね。。。

Scarlet Tanager female, Sep 2011

ちなみにナツフウキンチョウと違ってアカフウキンチョウはフィーダーには殆ど来ません。庭の周りに生えているハナミズキの赤い実を食べていましたよ。


続いてこちら、アカフウキンチョウのメスに嫌がらせをしていたSummer Tanager(ナツフウキンチョウ)のオス。そうです、例のおじさんです。去年は10月1日に渡って行ったのですが、今年も同じ様な感じなのかしら。自分の中でスケジュールがきっちり決められているんでしょうね。カレンダーがなくても、ちゃんと体内時計でわかるんだろうなぁ。渡り鳥ってすごい。

Summer Tanager male
Summer Tanager, Sep 2011

2 comments:

  1. おじさんの嘴、なんとなくわかりました!(遅)
    鳥ってなかなか個体の区別が難しいので、
    身体に特徴があるとありがたいですね。
    しかも毎年渡りだと「またあのヒトが来てくれた!」ってわかって
    嬉しさもひとしおですね♪

    フィーダーにこないアカフウキンチョウ、これまた可愛いです。
    おじさんに負けず(というか、もういない?)、また来て欲しいです。

    ReplyDelete
  2. @ めるさん
    おじさんのくちばし、気付いていただけて嬉しいです♪
    他のフウキンチョウ達は全然区別がつかないんですが、このおじさんだけは分かります!来年また来てくれたら、、、ってその時のことを考えるだけでもう、心がウキウキドキドキしちゃって、春が待ちきれません!!!
    アカフウキンチョウ、一回だけフィーダーに接近しようとしたことがあったんですが、そのときにおじさんにパワハラを受けてからというものの、フィーダーには近寄ろうともしません。。。でもハナミヅキの赤い実を美味しそうに独り占めしていたので、きっとアカフウキンチョウも満足しているはず。
    あ、ちなみにおじさんもアカフウキンチョウも多分みんな南国へ飛んでいったみたいです^^

    ReplyDelete