Tuesday, September 6, 2011

Summer Tanager update

昨日の晩から荒れた天気が続いておりましたが、今朝は豪雨と雷で目が覚めました。雷もすぐ目の前の木に落ちたんじゃないかと思う程の衝撃が伝わってきて結構怖かったです。鳥達は雷の最中はさすがにフィーダーにいませんでしたが、少し弱まると一気に皆押し寄せてくるという感じでした。で、日中は今度はトルネードが我々の地域を通過中との事で、職場にいた私は建物の地下に避難するように指示されました。こんな事は初めてなので結構どきどきしてしまいましたが、その後トルネードは進路を変えたか、消えたかで避難指示は解除されました。最近NCで災害が多くてなんか緊張してしまいますね〜。

今日は久しぶりのSummer Tanager(ナツフウキンチョウ)です。今のところ、我が家にはオスの成鳥2羽と今年生まれと思われる幼鳥2羽がよく訪れます。メスは用心深くてあまり庭先に降りてきてくれません。先ずはオス#1。



これもオス#1。この鳥は少し前までちょっぴり黄色い羽根が混ざっていたんですが、今はすっかり羽根が綺麗に真っ赤になりました。若くてとっても健康そうなオスです。




こちらは去年我が家に来ていたのと同じオス#2。嘴の形がちょっといびつなので区別がつきます。こちらはただいま羽根の抜け替わり中で、尾羽が殆どありません。渡る頃には生えそろわないとうまく飛べないんじゃないか、なんて余計な心配しています。




こちらは今年生まれの若いナツフウキンチョウ。お尻の下とか頭にうっすら赤い羽毛が混ざっておりますが、この時点ではオスメスの区別はつきません。写真では1羽しか写っていませんが、大体いつも2羽連れ立って行動しています。



バードバスで水浴び中の幼鳥。水浴びの仕方も何となくヘタでたまに溺れているんじゃないか?と思わせる様な変な動きをします。

最近天気がよくない事が多いのと、写真を撮るチャンスをいつも逃しているのとで、可愛い写真が撮れなくて。。。彼らがいなくなっちゃう前に可愛い写真を撮りたいな、って思っています。

9 comments:

  1. Megさんの所は雷雨も酷かったんですね、「トルネード」なんて自分の所には来ないと思っていたけれど、地震といい色んなことが起こるんだわと気を引き締めています。

    「少し弱まると一気に皆押し寄せてくる」そうそう、そんな感じですよね(笑)風雨が激しいと鳥達のことが心配になるので、元気な姿を見るとホッとします。

    ReplyDelete
  2. NCと言っても広いのはわかっているんですが、ニュースで耳にすると気になってしまいます。ご無事でよかったです。
    ナツフウキンチョウ、発色も色合いも綺麗ですね。オス#1が健康そうっていう表現、ぴったりです。我が家ではカレンダーのおかげでおなじみの鳥さんになりました。無意識に首をかしげちゃうんですが、オットもそうらしいです(^^)次は想像で、お風呂で溺れた真似をしてみようと思っています。

    ReplyDelete
  3. アメリカの東海岸て地震が起こらない地域だと思っていたのに
    最近地震があったなんて言うニュースを見てビックリしていましたり、通過しているのが、台風とか雷とかでなくトルネードというから想像を絶します。でもうまく逸れてくれて何よりですね。
    若いナツフウキンチョウがあの赤い色になるなんてこれも想像がつきません。ものすごく色がかわるのですね。それにしても水にぬれてとがった頭がすごくいいです。

    ReplyDelete
  4. この間のアイリーンが過ぎ去ってすっかり安心していたら
    そんな恐い事があったのですね~
    何事もなくて良かったです。
    なんだか最近、世界中で次々と天災があり、
    今になって3.11前ってなんて平和だったのかしら・・と思う日々です・・・

    このナツフウキンチョウ「ニヒッ」って笑ってる!
    可愛いなー(*´∀`*)
    ハチドリの若に限らずやっぱり幼鳥って愛らしくて食べたくなる(笑)
    尻尾がまだ生えかわってないのを見ると心配になりますよね。
    ナツフウキンチョウさん、
    お食事は何を召し上がっているのでしょうか?

    ReplyDelete
  5. すみません、、、
    笑っている風に見えるののは1枚目のオスの事です^^;

    ReplyDelete
  6. @ kさん
    雷と雨がすごくて、結構あちこちで浸水の被害があった様です。よく行くショッピングセンターの駐車場に止めてあった何台かの車は水没したとかいうニュースを地方新聞で読みました。怖いですね〜。私の家が低地にあったら、とおもうと怖いです。
    トルネード写真を探していたら、ちょうどシャーロット辺りで撮られたものと思われるものを見つけたんですが、巨大な漏斗状の黒ーい雲がかなり怖かったです。避難警告が出される直前空を見ていたんですが、空は全体に曇っていましたが、特に黒くて厚い雲が一部の方角にあって、その表面か中のほうで稲妻が光っていたりして、あー、あれが竜巻かしら?なんて思っていました。
    あれだけ暴風雨でしたが、あんなにちっちゃなハチドリ達も以外と無事でとっても安心しました^^鳥って以外とタフなんですね〜。

    ReplyDelete
  7. @ めるさん
    ここ最近NCで自然災害が多いように感じます。私の住んでいる地域ではニュースで報じられる程の被害は受けていませんが、近い所でそれが起こっていると考えると、怖いですね。
    オス#1、毛並みもツヤツヤでまさに健康優良児って感じですよね^^ カレンダーのオスはオス#2さんでして、鳥年齢からするときっともう、おじさん、またはおじいさんなのかも。こうやって庭に来てくれると結構身近に感じますが、山に行っても中々見つけられない鳥だったりして、最初に我が家に住み着いてくれたおじさん#2に大感謝です^^
    お風呂でナツフウキンチョウ風に溺れたフリですか!?それはまた、すごい鳥マニアですね!!私も溺れたフリが出来る様な大きな湯船に浸かりたい、、、

    ReplyDelete
  8. @ shidekuboさん
    地震は東海岸では殆ど起こらないものと思っていたので、あの時の地震は結構貴重な教訓になりました。この辺は耐震設計とかされてない建物ばかりな気がするので、いざ本格的な地震が来たら大惨事になること間違いなし!(って太鼓判押してどうする〜)トルネードのときは雷も凄くて、本当に目の前の木に落ちたとしか思えない様な感じでしたよ!庭先がカメラのフラッシュみたいに光ると同時に凄い地響きが伝わってきて)、こんなに凄い迫力の雷は滅多に味わえないな、なんて思ってしまいました。トルネードは結局この目でしっかり渦を見た訳じゃないんですが、空はかなり不気味でした。
    ナツフウキンチョウは次の春頃になると、オスは赤い羽根が沢山出てくるようになるみたいです。一体何が羽根の色を変化させるんでしょうね。オスは鮮やかで目を引きますが、メスや幼鳥もまた黄色くてとっても可愛らしいので写真を撮るのも楽しいです。

    ReplyDelete
  9. @ luluさん
    本当にもう、NCでは地震にハリケーンにトルネードと自然災害のオンパレードになっているし、日本でも地震に豪雨と立て続けで災害が起こっていて、なにか嫌な感じですよね。今回も特に我が家の地域では何事もなく(といっても水没した車はあるらしいですが)ホッとしている所ですが、いつ自分たちに降り掛かってくるか分かりませんものね。災害対策しないと行けませんね。しかし本当に地球はどうなっちゃってるんでしょうねぇ。。。
    一枚目、毛並みのせいか、確かに口角が上がっている感じ^^ このオス、本当にツヤツヤで綺麗な朱色でほれぼれします。幼鳥さん達は餌に興味を示すんですが、まだどれを食べたらいいのかよく分からないみたいで、迷っているうちにナゲキバトに追い払われるという感じです。#2のおじさんフウキンチョウが食べているのはsuet doughの固まりを包丁で細かく切り崩したもので、ナツ様専用のsuetフィーダーです^^。#1の若者は普通にsuetフィーダーでも食べますが、その他にもsuet perlという、ヒマワリの種のむき身をsuetでくるんだものも好んでお召し上がりになります。あと、ときどきピーナッツに挑戦している所を見かけますが、硬すぎるのか?なんかうまく砕けないみたいです^^;

    ReplyDelete