Saturday, October 8, 2011

Pine Warbler

ちゃくちゃくと秋は深まっています。今日出かけた野原で野生の柿を見つけましたよ。まだ青々しているところがいっぱいでしたが、熟したらきっと鳥のごちそうになりそうです。
Wild Persimmons
Wild persimmon, Oct 2011

そしてPine Warbler(マツアメリカムシクイ)の季節がやってきました!私の住んでいる地域では秋から春先まで見られます。地味一色のNCの冬ですが、唯一、色合いが夏らしく鮮やかなマツアメリカムシクイです。
Pine Warbler
Pine Warbler, Oct 2011


Pine Warbler, Oct 2011

このマツアメリカムシクイの他に、冬鳥のYellow-rumped Warbler(キヅタアメリカムシクイ)と Ruby-crowned Kinglet(ルビーキクイタダキ)も見かけました。秋ですね〜。

そして、冬鳥がぞくぞく到着し始めると姿を消すのがハチドリ。昨日は2羽ほどハチドリを見ましたが、今日は一度も見ていません。そろそろフィーダーを取り込む時期かしら?来年まで待てない〜!!!

4 comments:

  1. ぅわー秋色写真ですね(^・^)
    こちらは四季がはっきりしていないので手肌の乾燥状態で、
    あ、秋になったのかしら・・(笑)と思いつつ明日からの
    35℃前後に耐えないといけません┐(´ー`)┌ マイッタネ
    こちらもムシクイがグググッと増えてきましたが、Pine Warblerは来てくれないので(涙)可愛いお写真を穴が開きそうなほど拝見しました。
    アイリングと薄毛みたいな黒い?模様も可愛いです。
    デジスコでムシクイを撮られるのはすごいです。
    デジ一眼なのに、かなり苦戦中です・・・

    >冬鳥がぞくぞく到着し始めると姿を消すのがハチドリ。

    ここを読んで胸がグッときました(;_;)淋しいです・・・
    フィーダーもう閉まっちゃうんですか?
    やっぱり冬に出しっぱなしにしていてもハチドリは来ませんか?
    ハチ本を見るとNCにも迷ハチドリが行っているようなので
    どんなハチドリが行っているのかしらと思う事があります。

    ReplyDelete
  2. @ luluさん
    夏が終わったかと思ったら、なんだか冬が近づいてきたような冷え込みが続いていたんですが、今週末はポカポカ穏やかで、まさに秋!というお天気でした。手の乾燥状態で秋を知るというのもなかなか乙ですね〜。ちなみに秋は乾燥するんですか?それとも潤うのでしょうか?でも10月に入って今更35度は反則ですねー。せっかくやってきたムシクイ達も暑さで出てこなそうですねぇ。。。西のアメリカムシクイといえば、、、カタジロアメリカムシクイって今頃見られるムシクイでしたっけ?あこがれの鳥です。
    マツアメリカムシクイもかなり動きますが、やっぱり庭に来るようなアメリカムシクイってどことなくサービス精神があるというか、なんとなく動きを止める瞬間も多いような気がします。そうでもなければ私には写真撮れませーん^^:
    ハチドリたちはやっぱり今日も一度も見ませんでした。みんないなくなっちゃいました。なんかまるでルリツグミの雛が巣立ってしまった後に心にぽっかりと穴があいたような感覚と似ています。穴があきすぎて心がスカスカですわ。NCの海岸で去年、Anna'sが観察されて大騒ぎになっていたみたいですが、私個人的には動物園から逃げ出したんじゃないか〜?なんて思ってます(先日行った動物園にいるはずだったのにいなかったのです。。。)でも、たまーにRufousくるらしいですからね、やっぱりフィーダー2個くらいはキープしておこうと思います^^

    ReplyDelete
  3. 柿、こちらも色づいてきました。
    なんとなく漢字で見慣れている柿が外国で生っていると
    不思議な感じがします。
    そうめんカボチャも「アメリカにもあるんだー!」と興奮していたら、
    原産がアメリカでした(笑)。
    マツアメリカムシクイの鮮やかさは、こちらのメジロ的存在ですね。
    視界に明るい色が入ると嬉しいですよね。
    たくさん通ってきてくれますように♪

    そして、来るか来ないかわからないハチドリのために、
    フィーダー設置!しかも2つ!
    (ハチドリにはわかってもらえないけど交換時用でしょうか)
    さすがmegさん、ハチドリ愛あふれてますね~。

    ReplyDelete
  4. @ めるさん
    柿が美味しくなってくる季節ですよね〜^^
    私は、渋抜きしてないそのままの甘くてカリカリした柿が好きです(と聞かれてもいないのに答える)。こちらでも絶対に気候的には柿栽培にぴったりだと思うんですが、スーパーではほとんど見かけません(たまにあるけどほぼ甘みゼロ)。柿ってアメリカで果物としての認知度低いんでしょうかね?四季がはっきりしている日本でないと、やっぱり『秋の味覚』とか完全に?な世界なんでしょうか。。。
    マツアメリカムシクイはその昔メルさんに命名していただいたメキです^^まさにメジロ的存在。毎日キャピキャピしながら遊びにきてくれると私もとーっても嬉しいです^^
    ハチドリ、いや実は一番小さいフィーダーを3つほどしばらくキープすることにしました。くる確率はかなり低いと思うのですが、もしもの為に備えておくのも悪くないでしょう、ということで。4個にしないように気をつけます^^;

    ReplyDelete