Monday, October 17, 2011

Weekend birding

この週末は天気もよかったので、寝ている夫を無理矢理起こして近場の大きな湖に鳥を見に行ってきました。その湖ではBald Eagle(ハクトウワシ)が見られるという事で有名なようで、我々も見る気満々で湖に到着。が、待てど暮らせどBald Eagleは現れず。。。結局Bald Eagleの食べカスを記念に撮って参りました。





結構な数の巨大魚達が陸の上で白骨化しておりましたよ。こんなに骨があるなら、きっと根気づよく待っていればいつかはBald Eagleが魚を食べているところを見られるでしょうか?



Bald Eagleは見られなかったけど、Osprey(ミサゴ)を一瞬見ました。ただ飛んでいるだけでお魚ハンティングはせずどこかに行ってしまいました。彼らは11月になると南へ渡る様です。

バックヤードも寂しいし、湖も寂しいし。。。鳥がこう、どかーっといてくれると嬉しいんだけどなぁ。。。

6 comments:

  1. 食べかすだけでも迫力を感じます。(((;゚Д゚)))ガクブル
    本物のハクトウワシは、さぞかしカッコイイんでしょうね~。
    こちらも最近鳥の勢いがなくなったように感じます。
    毎日来るキジバトとスズメでさえ、回数が減ったような。
    気のせいかもしれませんが。。。
    でももう少し寒くなったら、またお庭がにぎやかになりますから。
    パンプキンパイでも食べて待ちましょう ( ^‐^)_且~~

    ReplyDelete
  2. ハロウィンシリーズ?骨が笑って見えます。怖い~^^;
    こんなに大きな魚をワシは水の中からどうやって運んで来るんでしょう、不思議!

    今ってバードウォッチングの端境期なんですか、変化に疎くて全然気が付かなかった・・・

    ReplyDelete
  3. @ めるさん
    食べかすとはいえ、こんなに大きい魚の骨って普段お目にかかる事はまずないので、結構面白かったです。湖に面した林の中を歩いていると、結構あちこちに魚の骨が転がっていて『ああ、ここでワシはお食事したのね♪』と骨に感激する私でした^^;
    ハクトウワシ、かっこいいですよね!写真はいっぱい見た事ありますが、本物は私は一度も見た事がありません。フクロウと一緒で、いつまでたっても見られない鳥です。。。鳥運悪いですー、本当に。
    そちらも鳥活動がスローになってきているみたいですね。メジロにアオジに、ジョウビタキ、エナガ、などなどそちらは冬場に素敵な鳥がいっぱいいるから羨ましい〜!
    パンプキンパイの時期ですね〜。週末作りまーす^^

    ReplyDelete
  4. @kさん
    最初の魚、なんかやけに顔の大きい魚ですね〜。普通の魚とは違うのかしら?大きな口が確かに笑っているみたいです^^
    そういえば、確かにワシはこんな大きな魚、どうやってとるのかしら。こんなに大きいのって水面近くを泳いだりするものなのかどうか。。。さすがに釣り人が釣った魚をその場で食べているとは思えないし。今度こそお魚ゲットしたところを見ないといけませんね〜。
    そうなんです、我が家の周りでは鳥密度が低くて。。。寂しいんです!でも元々カーディナルとかがいっぱいいるkさんのお家では変化が少ないのかも!?

    ReplyDelete
  5. ご無沙汰しちょります(どこ語?)
    最近庭に集中できない用事が重なって私も
    バックヤード離れの今日この頃です(来月もこの状態続く)

    食べカスの写真もいいですよ。貴重ですよ。
    それに動かないから集中して時間かけて写真撮影すれば
    いいオブジェになるですよ。(少しマニアックでしょうか?)

    ReplyDelete
  6. @ shidekuboさん
    こちらこそご無沙汰しちょります。
    shidekuboさんもいろいろとお忙しそうですね!
    こちら、バックヤードの派手な鳥達が過疎状態で、今後はカーディナル君などがメインのブログになりそうです。
    食べかすですが、居場所や好みの魚の種類が分かったという意味では大変貴重な気もします。が!やっぱり生きている鳥や動物を撮りたい〜!!!生き物(特に鳥)がいない所では、私、生きていけないかもしれません。。。

    ReplyDelete