Wednesday, November 23, 2011

Gila Woodpecker

Gila Woodpecker(Gilaはヒラと読みます)は北アメリカでは南西部のソノラ砂漠の一部と、メキシコにかけて生息するキツツキの1種です。Saguaro cactus(サワロサボテン)に巣を作る事で有名で、雌雄を見分ける特徴としてオスのオデコにのみ見られる赤い羽根があげられます。Gila Woodpeckerは、東海岸でよく見られるRed-bellied Woodpecker(シマセゲラ)に姿形が似ていますが、赤い部分の面積が小さいのとメスには頭部に赤い部分が全くないこと、またシマセゲラのうっすら赤いお腹と違って、Gila Woodpeckerのお腹はうっすら黄色です。

Gila Woodpecker male


male


Female


Female


Female



Male



Male


Male



4 comments:

  1. ひゃーーーーーーー!!!!!♪
    こんな可愛いキツツキがこの世にいたんですか!!
    野鳥の写真集に載っているような写真ばかりで大感動!
    鳥の可愛さはもちろんの事、バックの色合い植物が素敵すぎる( ̄‥ ̄) フー 
    だんんだん鳥の写真がパワーアップしてきてますね。
    今でこんなに可愛い素敵な写真なのに、
    最後のアリゾナ特集の時はどんなスゴイ写真が出てくるですか?!という感じです。
    お腹側の黄色もちゃんと撮れているし、おでこが綺麗な色合いですねー
    理想が全て詰まったキツツキですね。
    こんな可愛いキツツキ観ちゃったら、もう他のキツツキ撮る気なくしますわ^^;
    最後の写真なんて、このキツツキの色に合わせたようなバックグラウンド!お見事でございます<(_ _*)>
    バックの薄っすらサボテンも良いね~♪
    オットも素敵な写真ばかりで吃驚すると思います(^・^)

    ReplyDelete
  2. 痛そうな足下と対照的なポフポフ体~~~♪
    思わず頬擦りしたくなります。
    もしくは襟元にもぐりこんでくれてもいいです~。(* ̄m ̄)
    正面顔って、鳥にとって一番見える角度なのかわかりませんが、
    なんかコミュニケーション取れたみたいで嬉しくなります。
    オスは日の丸弁当ですね。

    ReplyDelete
  3. @ luluさん
    こんにちは♪
    感動していただけて嬉しいでっす!
    これと似たキツツキで、記事中にあるRed-bellied WoodpeckerとかGolden-fronted Woodpeckerとか、言われてみればアリゾナ以東でしたね。そういえば、カリフォルニアのキツツキは、例えばドングリキツツキとか、もっと派手系が多いような印象を受けました。常に派手鳥に憧れている私ですが、時々はこんなちょい地味目なキツツキも可愛いですよね♪
    ほとんどの写真のバックは砂漠のサボテン林(というのかどうか?)とか、赤い岩山です。やっぱり砂漠はメルヘンちっくな背景色になるからいいですよねぇ。今回の旅では思い残す事がありすぎて、次の旅こそ真面目に鳥に取り組もうと思います。あ、ちなみにこのキツツキがアリゾナでは一番よく目にした鳥で、写真もいっぱいあって。。。なので、今後の記事は下降の一途をたどるのみです^^;ご期待に添えずに済みません!

    ReplyDelete
  4. @ めるさん
    本当にこんなトゲトゲで刺さったら(というか刺さった事も何度もあるはず!?)痛いんじゃないかしら、とこちらが心配したくなりますが、彼らは平気な顔してサボテンにダイブしますからねぇ。。。不思議です。足はともかく、お腹とか、目とか危険ですよね。
    私もお腹の下にもぐったり背中にのったりと、自分が小さくなって鳥と戯れる夢を見がちですが、実際にこういう鳥が首元とかでコショコショっと動いてくれたりしたらそれこそ本当に幸せな気持ちになれそうです^^
    鳥って横向きだと精悍なのに正面顔になると急に可愛くなっちゃいますよね〜。日の丸弁当!(笑)

    ReplyDelete