Tuesday, December 6, 2011

Acorn Woodpecker

砂漠一面と思っていたアリゾナですが、Tucsonの南にはcanyon(渓谷)と名のつく国立公園が沢山あって、そういう場所では結構普通に山肌には緑が生い茂っていて、アリゾナにいるという事を一瞬忘れさせられます。そんな渓谷のうちのひとつで見つけたのがこちら、Acorn Woodpecker(ドングリキツツキ)。東海岸では見られないキツツキなのでとっても恋い焦がれておりました。



あまりにも有名なキツツキなのでここであえて説明する必要もないので詳細は記しませんが、名前からも分かるようにどんぐりを集めては木の幹などに埋め込んで冬の蓄えにする様です。といっても、他のキツツキ(東海岸ではズアカキツツキとかシマセゲラとか)もどんぐりを木の幹に埋め込む作業は普通にしますけどね〜。『どんぐり』の名前をもらったのは埋める量が半端じゃないってところが最大の理由なのでしょうか!?





朝方壁をコンコンたたく音がして、表に出てみるとドングリさん、ロッジの壁でドングリを埋め込む作業中でした。







またいつか会えますように。

そして今日のオマケ写真は。。。キャニオンのトレイルを歩いているときに見つけた串刺しにされたトカゲ。Loggerhead Shrike(アメリカオオモズ)の仕業でしょうか?


8 comments:

  1. ロッジの壁にもどんぐりを埋めてしまうのですか!!
    以前NHKのテレビで見たとき木が穴だらけになっていたけど
    建物が穴だらけになってしまったら大変ですね。
    〆にくし刺しを持ってくるなんてMegさんらしいかも!
    ごちそうさまでした。

    ReplyDelete
  2. @ shidekuboさん
    そこかしこの木も穴だらけ(どんぐり入り)でしたが、ロッジも既に穴だらけでした。。。幸い内部までは貫通していなかったのですきま風はなかったですが^^;大事などんぐりを隠せるところならどこでもいいんでしょうかね〜。

    >〆にくし刺しを持ってくるなんてMegさんらしい

    ですか!?うう〜ん、これがシシカバブとか焼き鳥だったら最高なんだけどな〜(←ってそういう事を考えるからですね)

    ReplyDelete
  3. 「ドングリ」って、顔つき(目)から付けられたのかと最初思ってしまった私です^^; そういえば、トトロのモデルは梟かと思っていましたが、ドングリ集めるのはキツツキなんですね。この嘴でつつかれたらロッジの壁も痛いだろうなぁ、、

    〆のトカゲの「参りました~」っていう感じが哀れを誘いますねT_T

    ReplyDelete
  4. ぬすっと顔のドングリ君、そっか東海岸では見られないのでしたね。
    megさん、生コンコンを聞けたなんて羨ましいです~♪

    トカゲ、痛々しいですね。
    こんな最後はできれば避けたいものです。
    せめて、こうなる前に息絶えていたい・・・
    (とかいいつつ、はやにえって見てみたいと願っている私)

    ReplyDelete
  5. @ kさん
    『ドングリキツツキの由来は実は顔つきでした〜!』って言っても違和感ないですよね。びっくりしたような目が確かにどんぐりまなこです^^ トトロって耳がフクロウの耳みたいだからkさんの予想通りフクロウで良いのではないですか?キツツキがモデルのトトロ、、、口が尖っていそうでちょっと怖いです^^;
    穴だらけのロッジの壁にはドングリがギュウギュウに詰め込まれていて、とっても和みました。こんな可愛い生き物の仕業だと思うと、壁の修復とかもしにくいでしょうね。。。
    トカゲ、お嫌いだったらごめんなさい!でもあまりにも衝撃的な状況だったので思わず載せてしまいました。

    ReplyDelete
  6. @ めるさん
    ぬすっと!確かに頬かむりをして鼻にスス付けた昔風の盗人にみえます〜(あ、めるさんのは違うイメージの盗人だったりして、、、)。キツツキってどの地域でも似た様な模様だったりしますが、このドングリキツツキは特別個性的な模様ですよね!こちらで毎日見られないのが寂しいです。。。ロッジの壁への生コンコンは結構激しかったです♪
    トカゲちゃん、かわいそうかな〜、と思いつつ載せてしまいました。でもなんだか既にパリパリに干涸びていて、肝心の持ち主は忘れちゃっているのかしら?なんて思ったり。。。めるさんちにさすがにモズは来ませんか?あ、でもメジをいじめたりしたら困るな〜。

    ReplyDelete
  7. どれもこれも素晴らしいですが下から2枚目の写真、超最高です!
    これはドングリキツツキが大好きな妹にmegさんのブログ教えなきゃ♪
    近所の公園にもいるキツツキでもありよく撮りますが、一度たりとこんなに綺麗に撮れた事がない・・・_| ̄|○
    数年前のLA新聞に4枚目のような写真付きで『困った鳥/害鳥」と紹介されていましたが(^_^;)他人事なので(._+ )☆\(゚▽゚ )バシッ
    笑ってしまいました(笑)

    トカゲぐっさり写真、お見事です。よく発見しましたね!

    Canyon Wrenは、うちのブログで最後に更新した時のように、
    警戒心ゼロで呼べば足元まで来ますし、触ろうと思えば触れると思います。
    オットを呼んでも来るんです(爆)とにかく懐っこすぎて(近すぎて)撮れないのが難点なくらい。
    超渓谷(真っ暗)な岩だらけの所にいますので是非逢って楽しい夢のような一時を味わっていただきたいです。

    ReplyDelete
  8. @ luluさん
    下から2枚目、若干スリムに写っていて、ずんぐりむっくりが好みの私にはちょっぴり物足りない感じだったんですが、 luluさんに気に入っていただけて嬉しいです^^ そちらでは近所の公園にいるようなキツツキとこのと、羨ましい!キンランチョウといいドングリキツツキといい、ホント、カリフォルニアには奇抜な模様の鳥が集まっていますね〜。
    確かに、家の壁に穴あけるのは、見ている分には可愛いけど、それが実際自分の持家で新築だったり、改築したばかりの壁だったりする場合、穴をあけてドングリ詰め込んだりしていたら確かに困るかも。。。(アパート住まいだったら全然オッケーですが)。
    トカゲの串刺し、忘れ去られてしまったのか、お肉の部分がかなり干涸びておりました。カチカチのトカゲジャーキー状態でもモズはお召しになるのかしら???
    Canyon Wren、そんなに人懐っこいなんて、今度アリゾナ方面にいくときは絶対に遊んでもらわないと!!!サボ味噌やウズラにばかり気を取られていてはいけませんわ!!!

    ReplyDelete