Sunday, January 15, 2012

American Robin

American Robin(コマツグミ)がこのところ我が家周辺で活動的です。近くのお宅に赤い実のなる木があって、コマツグミはお食事はたいていそちらで済ませているようなのですが、我が家には水を飲みにやってきます。一気に群れでくるので、水がいきなり少なくなります。美味しそうに飲んでいるところをみると、こちらも何となく幸せな気持ちになったりします^^






私自身アカハラという鳥を実際に見た事がないので比較はできませんが、日本のアカハラという鳥によく似ているようですね〜。ツグミ系の鳥は目が大きくて顔立ちが可愛らしいので大好きです。

8 comments:

  1. ホームシックなイギリス移民がこの鳥を見て故郷のRobinの名前を付けたなんていう逸話があるらしいですが(ウソかホントかわかりませんが)言われてみればお腹の色がこちらのRobinの色に非常に近いです。

    私はツグミという種類の鳥は日本ではお目にかかったことがありません。イギリスに来てさまざまな種類のツグミを知り、この鳥は見れば見るほどその顔立ちやMegさんのいう目に引き付けられました。

    それからこの前のハイタカさんのクチバシ、第一印象は奇形が思い浮かびます。イギリスでも変形したクチバシの鳥が色々な種類で報告されています。原因を特定するのは難しいようですが。

    ReplyDelete
  2. @ shidekuboさん
    確かにそういえば、American Robinのお腹の色の入り方がRobinと似てますよね!ネーミングにそんな背景があったとは知りませんでした!私も日本にいる頃は鳥と言えばスズメとハトくらいしか知らなかったのですが、こちらに来てからツグミの存在に気付き、どうしてこんなに可愛い鳥の存在に気付かなかったのかと悔やまれます(笑)
    ハイタカのくちばしは栄養が足りないというよりは(本当に根拠のない想像ばかりして済みません^^;)奇形の方の可能性が高いのでしょうかね。いずれにしても、このハイタカは立派に成長して問題なく獲物を捕ったり食べたりできるようなので特に問題ないんでしょうね。shidekuboさんの情報でまた勉強になりました〜!

    ReplyDelete
  3. 嘴の先を上げて、くっくっくと
    お水をのどに流す姿って好きです。
    ロビンちゃんは散歩中に飽きるほど会ったのに、
    日陰ばかりで・・・
    1枚もまともな写真が撮れなかった鳥です(涙)。
    日に当たるとこんなに色鮮やかなんですね~。
    うちに来るツグミ(今年はまだ来ていないけど)は
    細目の醤油顔の印象がありますが、
    目の周りを白くしたら
    こんな雰囲気になるのかしら( ̄ー ̄)ニヤリッ。
    他の鳥にはいつも負けるけど、
    食べ方が豪快で、大好きな鳥です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ブロガーに返信機能が付いたようなので使ってみます。
      鳥の水飲みって、本当にちょっとずつで、しかも一生懸命飲むからもう、益々可愛らしいですよね。
      反対に、ナゲキバトは顔を上げずに直接ガブガブ飲むので、普通過ぎてあまり可愛いらしくはないですね〜^^;
      ロビンちゃんは私もあまり一生懸命追いかけなかったせいか、今までびっくりするくらい写真が少なくて、今回はせめて近くに来てくれるうちに、と写真を撮ってみました。実際、撮ろうと意気込まないと中々撮れないですよね。結構地面での作業が忙しそうですし。。。
      醤油顔のツグミ、大好きです〜!あの方も結構ロビンみたいな感じで、撮ろうと思うと意外と難しかったりしませんか?日本で挑戦した時もう、悪戦苦闘の末結局撮れず。それとも私から撮らせろオーラが出過ぎだったのかしら。。。^^;?

      Delete
  4. お~コメント覧やっとこ出現しました~
    しかも飛び出しコメント覧でなんかかっこいいー( ̄‥ ̄) フー 
    しかも既にセキュリティー文字も出ているし
    HTMLの事も説明してあってなんか良くなりましたね!
    ガラリと使い易くなったのではないでしょうか(^・^)

    小松組が団体行動するとは知りませんでした・・・
    私は載せた事はないですがバトルシーンだったら撮った事があり、
    団体行動が出来ない鳥だとばかり思い込んでいました。
    さすが小松組!
    そういう所はやっぱりツグミの仲間なんですね。
    shidekuboさんのお話が興味深いです。なるほど・・・
    でもイギリスのロビンの方が可愛い(._+ )☆\(゚▽゚ )バシッ
    いやいや小松組もいつも行く湖の入り口に必ずいて愛想振ってくれるので可愛くて大好き♪

    ReplyDelete
  5. @ luluさん
    そう、コメント欄、今まで埋め込み式に設定していたんですが、今度はポップアップ式に設定し直してみました。これで問題が解決されれば良いのですが。でもどーせブロガーですからね〜、また何かあるでしょう^^;
    コマツグミ、可愛いですよね^^ 愛想いいし、大きくて目の周りの白いところがあるせいか、目にフォーカスをあてやすくて私も大好きです^^ こちらではほぼ団体様です。何となくヒメレンジャクみたいな感じでしょうか?こう、木にワラワラ〜っといっぱい寄って来て、一気に地面にワラワラ〜っとおりてくる感じです。バトルシーンでは無いですが、水飲み場で無理矢理割り込んでくるコマツグミに大して、両隣が『こっち来んな!』みたいな表情をしているのは良く見かけます^^ なんでしょう、コマツグミ同士でも一応近寄ってもオッケーな境界線とかあるんでしょうかね?

    ReplyDelete
  6. ルリ男さんは、一見日本の俳優さんでいうと向井理くんのような出で立ちに見えたイケメンくんですが、私の好みというか、私が鳥なら同じ臭いのするアメリカンロビンにコメしちゃいます。彼らはMIでもウザイくらい沢山生息しておりまして、なんら特徴のない風貌というイメージだったので、自分に投影しています。久しぶりに見ると意外と色彩がイケていますね。冬のわが街でもウザイくらい見かけるのはムクドリで、見かける頻度は似ていますがロビンに比べると相当地味系です。

    ReplyDelete
  7. @ 48103, MIさん
    ルリ男さんは優しくてホント男前で、私は向井理さんをあまり良くは知らないのですが、きっと人間だったらモテるタイプだと思います^^ 中々どうして!アメリカンロビンも男(または女前)じゃないですか!でも場所に寄っては、とくにミシガンだと、それこそ信じられないくらい毎日毎日出会う鳥なんでしょうね〜。そうすると、さすがの美貌も見飽きちゃうのでしょうか?ここNCでは(少なくとも私の住んでいるところでは)それほど飽きるほどいるという訳でもないので、来てくれると嬉しい存在だったりします。この鳥を見るとアメリカに来た〜って感じがするのでは?
    日本のムクドリをあまりよく覚えていないんですが、茶色い丸が電線にずらーっと並んでいる景色を覚えています。それこそ、私が小さい頃は通学路でも鳥が豊富だったのに、鳥に興味が無くて素通り。ホント、惜しい事をしました。

    ReplyDelete