Saturday, January 21, 2012

Eastern Bluebird and Hermit Thrush

Eastern Bluebird(ルリツグミ)と Hermit Thrush(チャイロコツグミ)は仲しです。というか、むしろルリツグミが勝手に敵対視していると言った方が正確かもしれません。我が家の周りのルリツグミは最近は縄張り意識が最高潮に達しているようで、自分と同じような鳥にはパチパチ謎の音(羽なのか鳴き声なのか、どっちなのか良く分からず)を出しながら威嚇しています。写真のルリ男さんは巣箱の近くの枝で巣箱をキープしているところ。





もうすぐ始まるお家の内覧会を控えて、他の鳥に乗っ取られるという粗相があってはなりません(ルリツグミのオスは、何カ所か巣の候補を選んでおいて、その後メスに一つずつ紹介していくそうです。最終的にはメスが決定するようです)。枝は変われど、ひたすら巣箱を見つめるルリ男さん。まなざしが素敵♪




こちら、ルリ男さんにいじめられているチャイロコツグミ。追いかけられたらとりあえず超近場のバードバスへ直行。逃げてるのか、それともむしろルリツグミを馬鹿にしているのか、こちらも謎の行動を取ります。



本来はこんな風に地面で虫探しするんですけど、あいにくこの寒さではあまり虫も出現せず。。。普通にフィーダーの餌食べてます。ちなみにブルーベリー味のsuet barがお好みの様子。

今日も明日も雨。ぐぬぬぬ。。。。

11 comments:

  1. はぁー可愛い♪どちらも脱力の可愛さです~(´艸`)
    チャイロコツグミはやっぱり可愛い。
    ルリ男さんに負けてないようでよかった(笑)
    その謎の行動に癒されそう(^・^)
    そしてルリ男さんが出す謎の音を聴いてみたいです。
    たしかほとんど鳴く事のない鳥じゃなかったでしたっけ?
    ルリツグミの鳴き声聴いた事ありますか?
    いいなーいいなー家の中から野鳥観察~(また言ってるw)
    この2種類の鳥を見る為には往復30分の湖に行かないといけませんわ(笑)
    帰宅したらグッタリ(~_~;)最近特に疲れるんですよねぇ..やっぱり歳なのかしら...
    こんな素敵な環境ならスキップして職場から帰宅しそう(^・^)

    ReplyDelete
  2. ruruはluluの間違いです(^_^;)

    ReplyDelete
  3. @ luluさん
    コメントどうもありがとうございまっす!
    チャイロコツグミって別に派手な訳じゃないのに、可愛いですよね〜。私はチャイロコツグミが出現すると、『見ない訳にはいかない!』という意味不明の焦りを感じ、チャイロコツグミが去るまでしっまり見届けてしまうのです。あの渋い色の水玉模様はバーダーキラーですね。
    ルリ男さんのパチパチは多分くちばしだとは思うんですが、結構大きな音で響くので、あんなに小さいからだから良くもあんな音がでるな〜、と感心させられます。もしかして、西と東では鳴く頻度が違うのかもしれませんが、こちらではと〜っても切なくて甘い、そして且つちょっと悲しげなメロディで鳴いています。真似できないんですが(←しなくてよろしい)。
    私も可愛い鳥達がいるから頑張れます!luluさんにチャイロコツグミの癒し効果が届きますように〜♪

    ReplyDelete
  4. あぁ、見たい!
    真剣なルリさんも♪謎なロコさんも♪
    (また変な略し方ですみません。どうしても
    チャイ・ロコ・ツグミと読んでしまう・・(^^;)
    最近トップのロコさんに圧倒されて、
    私もすっかりファンになってしまいました。
    地味色だけど、かわいいですー。

    鳴き真似動画、楽しみにしています( ̄ー ̄)。ナンチャテ

    ReplyDelete
  5. 新居の内覧会まで整えて貰えるなんて、ルリツグミのメスはホントに大事にされてるんですね~!羨ましい(ぼそっ)
    鳴き声動画には是非Megさんの〆の鳴き声?も添えて下さい^^>ぐぬぬぬ。。。。

    ReplyDelete
  6. @ めるさん
    ああ、めるさんに本物をお見せできないのがとっても残念です。ルリ男さんもロコちゃんもどちらも超絶癒し系で、どんなに心身ともに疲れていても、見ているだけで元気になる鳥なんです。ロコちゃんは地味の代表格みたいなイメージでしたが、ところがどっこい!(←これは許容範囲でしょうか。。。!?)アップで見ると意外に地味な中にもキラリとひかる可愛さがあって魅力たっぷりの鳥なんですよね〜^^ 私の声の動画はいつか私が血迷った際にはのせましょう〜。怖いなぁ〜(と自分で言っておいて^^;)

    ReplyDelete
  7. @ kさん
    ルリツグミのオスのメスへの愛はかなーり深いみたいで。。。鳥なのにキュンとしてしまいそうです。お家を選んでいるときも、オスは一生懸命中をのぞいては、屋根に乗っかって『ハニ〜、このお家なんかはどう?』みたいに翼をパタパタさせてメスを呼んでいるんです^^ メスはメスで最初は『呼んでるから仕方ないから行くか』みたいな態度な事が多いんですが、お気に入りのお家だったりすると、羽をパタパタさせたりしていて、もう、見ているだけでルリちゃんたちの幸せな会話が聞こえてきそうでこっちも和んじゃうんですよね〜^^ 私の鳴きまねはいつかルリツグミの動画を撮れたらお遊びで録音し。。。しません!!!

    ReplyDelete
  8. ルリ男さんとチャイロツグミさんは同じくらいの大きさなんですか?って書きながら両方ともツグミだから同じくらいですよね。色が違うからルリ男さんの方が小さいイメージがあります。だからチャイロさんを追いかけているって言うのを読んでふと大きさが気になってしまいました。
    ブルーベリー味のバーって人間用じゃなくて鳥さん用ですか?うちの方では見たことないもので。

    ReplyDelete
  9. @ shidekuboさん
    多分どちらも同じくらい、もしかしたら個体によってはチャイロコツグミの方が小柄な事もあります。色合いが大きな鳥にありがちな色なんですが、意外や意外、彼ら小さいんです〜。ちなみに似たような模様のOvenbird(カマドムシクイ)はさらにさらにちびっ子です^^ルリ男さんは、大抵の鳥は追い払いますが(リスでも立ち向かっていきます)、鳩だけはどうも苦手みたいで、鳩には手を出しません。鳩って弱いイメージがあるんですが、そうでも無いようですね〜。
    ところで、人間用のsuetがあるのかどうか謎なんですが、私がルリちゃんに用意しているのはCole'sと呼ばれるブランドの鳥用(バーじゃなくてSuet Kibblesという名前でした〜^^;)です。鳥の餌の品揃えがすばらしく、原材料も安心できるので、よく買ってます^^

    ReplyDelete
  10. ルリ男(なぜか呼び捨て)の色男っぷりがきれいだわと思って見ていたら、、チャイロさんの人気が高いんですね。
    確かに、最後の小首をかしげた一枚やトップのロコさん、可愛いです。時代は癒し系ですね。和名だと、両方ともツグミなので、同系なのかなと思いますが、英語名は全く違うんですねえ〜/

    ReplyDelete
  11. @ kojyutoさん
    ルリ男さんはもちろんイイ男なので、ここはあえて地味系のロコちゃんに注目が集まっています^^(というか、私個人的にチャイロコツグミが大好き!)
    チャイロコツグミは、そんなに珍しい鳥ではないんですが、それでも庭先にヒョコヒョコやって来たり、他の鳥に混ざってフィーダーから餌を食べたりする事は珍しいので、なんとなく私の中で特別な存在になってます^^ 一般的に呼ばれているEastern BluebirdとHermit Thrushは響きこそかなり違いますが、学名はTurdidae(ツグミ科)で一緒なので元々は同系みたいですよ^^

    ReplyDelete