Monday, March 5, 2012

Barred Owl

今日はカナダで見たBarred Owl(アメリカフクロウ)です。北アメリカは東半分とカナダの南部全域、それから少数が中央アメリカの一部と広くに渡って見られるフクロウです。NCでももちろん見られるフクロウですが、私は見つけるのがヘタで、今までに声しか聞いた事がありません(明け方にウチの真上で鳴いている事もあり)。なので今回が野生のアメリカフクロウとの初対面になります。


2羽一緒にいる所は本当に珍しいとの事。両方とも眠そうで目は開けていませんが、初めて見る野生のアメリカフクロウにとっても感動しました!



こちらは翌日撮った写真。このときは1羽のみ。夕方近くだったので目が覚めてきた様です。





フクロウの丸々した頭、撫ででみたくなりますね〜。

Snowy Owl(シロフクロウ)の写真は同じ様な写真が大量にあるので数枚だけ選んで出そうと思っているので、後ほど。

10 comments:

  1. すごい!!シロフクロウ以外も撮れたのですね!
    色々と観られて行かれた甲斐がありましたね。
    現時の方?がいれば鬼に金棒ですね。
    このフクロウさん、おでこの部分が眉毛みたいで可愛い!!
    初フクロウ、如何でしたか?

    ReplyDelete
  2. @ luluさん
    初フクロウ見て興奮して多分鼻息フガフガ言わせていたと思います。。。本当に可愛くって魅力的で感動しました。このフクロウ、顔が丸くて、ちょっぴりゲジゲジ眉毛が可愛くて、しかも顔の縁取りがなんとなくハート形♪
    思ったのは、カナダって鳥が好きそうな場所が多いという事です。海は近いし、広い草原に湿地、都市公園も森あり沼ありで。。。それに比べると冬のNCのなんとスッカラカンな事(ま、そんな疎な感じも嫌いじゃないんですが)。

    ReplyDelete
  3. "night owl"って、こちらに来て知った言葉ですが、ホントに夕方から目が覚めてくるんですね(笑)
    フクロウの眼差しって、テレパシー使っていそうで何でも知っていそうで、こちらを見透かされているような不思議な気持ちになります。
    それしても、ふわふわあったかそう!

    ReplyDelete
  4. matomoMarch 6, 2012 at 1:44 AM

    おーっお目目ばっちりですねー^^。同じ場所2回行って成果を上げるのがすごいです。

    2月行ったひとのブログに、あのエボシクマゲラの近くで撮ってるのありましたが・・やはりこの緑の中のがいいです。
    できれば・・キンメフクロウ君もここにいてほしい^^けど・・どーかな?

    ReplyDelete
  5. うわぁ~カナダに行かれたのですね~。BC州かな・・・?
    フクロウ、ぱっといってぱっと出会えるものなんですか~。おうらやましいです。
    トップ画像を見て、どの動物園だろう?と思ったけど、WildのSnowyですか!!!???すごすぎる!!!
    一期一会の出会いをしっかりと写真に納められるその技術、恐れ入ります!!!

    テンションあがりました!

    ReplyDelete
  6. おぉ~♪なんてステキな経験でしょう♪
    さすが、日ごろの行いのいいmegさんだわ。

    こんな癒しのまなざし、受けてみたいです。
    そして、1枚目のおねむなおフタリの間にもぐりこみた~い♪
    不眠症のひとでも、すぐ眠れそう。

    ReplyDelete
  7. @ kさん
    フクロウが基本的には夜行性な事が多いとは聞いていましたが、本当に昼間はしっかり寝ていて、悪い人にいたずらされちゃうんじゃないかと心配したくなるほどでした。夕方になって本当にお目目ぱっちりになったのには、夜行性とは分かっていながらもびっくり!可愛かったです^^
    ホント、フクロウのまん丸な眼って賢そうでこちらの考えている事なんてお見通しですよ、って言われている気分になりますよね。

    ReplyDelete
  8. @ matomoさん
    コメントどうもありがとうございます!
    次の日はOさんのリベンジも兼ねて同じ場所に行ってみたら、幸運にも同じところで寝ていてくれました。ちょうどスコープで見ていたらお目目あけてくれて嬉しかったです^^エボシクマゲラの所って、あの枯れ木ですか!?だったらそれも羨ましいわ〜、なんて思ったり。。。でも、この緑のもみの木風の木の中のフクロウって、まさに北の大自然という雰囲気がして好きです。

    ReplyDelete
  9. @ Takuyaさん
    そうなんです〜、去年の秋頃からどうしてもこの鳥が見たくて見たくて夢にまで出るほどで、、、行ってしまいました。おっしゃる通り、BCです。このシロフクロウは北極圏に住む鳥で、冬には多少南下してきますが、今季は大量にアメリカの方にまで南下して来ているというくらいの当たり年だったようで、私が行ったときには20羽前後見られたように思います。来年は来るかどうか分かりませんが、いつかまた今回のように南下してくる事があるので、そのときは是非見てみてください!デジスコがあれば鳥に遠くからでもちゃんと移せるし、、、多分無敵だと思います^^

    ReplyDelete
  10. @ めるさん
    私もめるさんと同じ事考えました^^ 小さくなってお二人にギュッて挟まれたいです♪ 柔らかくていいにおいがしそうですよね〜^^ もう、挟まれた日にはα波出っぱなしでリラックスしすぎてむしろ起きられなくなりそう。。。(と夢みたいな事ばかり言う)
    ううっ、日頃の行い。。。耳が痛いです〜^^;日頃の行いは決して良くはないんですが、良くなるように心がけているつもりです(汗)

    ReplyDelete