Saturday, March 31, 2012

Eastern Bluebird --Day3

今日は朝から雨だったので出かけるのを断念。
ということでEastern Bluebird(ルリツグミ)情報です。

オスが先日よりももっと頻繁に餌を運ぶようになりました。まだまだ小さい虫がメインです。


嘴の間に小さなクモをくわえています。


小さいのがメインと思っていたんですが、何を血迷ったかこんな巨大なイモを。。。一応巣の中に入りましたが、くわえて出てきました。もしかしたらお母さん用だったのかも。

2 comments:

  1. 親鳥が何を運んでくるのか見ていると何だか癖になりません? あれは何?これは?
    っていつか餌コレクションやってみたくなる。捕まえているところも見てみたくなりますね。

    私以前ミソサザイがおよそ直径3ミリ、長さ2センチくらいの芋虫を丸のみしているところを見たんです。目の前で・・・でもカメラは持っていなかったんですが。飲み込むのに時間かかっていたけど、あの体でそれをやるってすごいですよね。レンちゃんと芋虫の比率はちょうどmegさんの3枚目の写真くらいでした。

    ReplyDelete
  2. @ shidekuboさん
    コメントどうもありがとうございます。
    そうそう〜、雛に与える餌、見ているだけでも本当に面白いですよね!今のところ、緑のイモムシ率が一番高くて、次がクモ、次がバッタみたいな虫でしょうか。。。たまに、ご丁寧に毛虫の毛をむしり取ったものを与えている事もあって、ルリツグミなりに栄養バランスとか考えているんでしょうね〜。
    ミソサザイが直径3ミリ長さ2センチの」イモムシって、かなり頑張ったかんじですね!こういうイモムシってのどごしが悪そうなイメージですが、鳥にとってはきっと最高のごちそうなんでしょうね。『腹ぺこの中学生男子に焼き肉』みたいな^^

    ReplyDelete