Sunday, April 1, 2012

Eastern Bluebird --Day4

今日も午前中雨。雨の止んだ昼間に近所の野原へ出かけましたが、野鳥の皆さん寝ていらっしゃいました。なのでEastern Bluebird(ルリツグミ)情報。

雛のお食事は相変わらず緑色の小さい芋虫がメインですが。。。




今朝から小さなコオロギ風の虫が仲間入り。



お母さんは変な色のクモを捕まえてくる事が多いです。この写真の時は黒いクモですが、肌色っぽいクモを捕まえてくる事が多いかな?


ちなみにお父さん、お母さんの留っている枝は巣から一番近い木です。リスや蛇が飛び乗るには(蛇も飛び乗るんですよ〜)遠すぎるけど、こうやって親鳥が留るにはちょうど良い距離にあって、去年もそうでしたが、餌を運ぶ時や餌を運び終わって巣から出て来たときは必ずここに留ります。なので写真はいつでも同じ角度。。。

4 comments:

  1. お久しぶりにお邪魔しました。
    巣箱の雛が孵ったんですね~!!
    それにしても、トリの赤ちゃんはたくましい!
    孵化直後から芋虫やらコオロギ(?)食べられるんですね。
    人間の赤ん坊なんて、あんな巨体なのに、半年近く液体燃料だけで過ごすと思うと、鳥類はすごい。。。

    ReplyDelete
  2. @ミケ子さん
    コメントどうも〜♪
    今年は去年より1週間くらい遅いんですが、無事に雛が孵りましたよ。4月の中旬には巣立つ予定です。早いよね〜。しかも、巣立ち間際は親よりも体格は若干大きめという、脅威のスピードで成長します。そうそう、余談ですが、鳥の雛は(すべてがそうという訳ではないらしいけど)液体のものを与えると、誤嚥して窒息死するらしい。大人になって自分で飲むまでは液体はいっさい口にしないというのもびっくりだよね!
    人間も常に外敵に教われるような種だったら、生まれたてでもステーキとか食べるんだろうか?(んなわけないか。。。)

    ReplyDelete
  3. こんにちは。日本からの書き込みです^^ 何ともう、ルリツグベイビーが誕生していたのですね!ウチのコガラ一家はどうしているか気になります。
    この緑の芋虫は(NCの)我が家の周囲にも沢山ブラブラしていて、娘が毎日ひぃひぃ半ベソで帰って来ては、「もー、虫の居ない所に引っ越したいっ」って・・・でも、虫が居るから鳥も居るんですよね?
    それと、前の方のルリツグ夫妻の仲睦まじい写真、すごくいいです!

    ReplyDelete
  4. @ kさん
    日本からコメントどうもありがとうございます♪
    春の日本はいかがでしょうか。桜も満開の頃(もしかしてもう葉桜!?)でしょうか。
    ルリツグミ、無事に誕生しました。無事と言っても、巣から出るまでの方が危険なのでまだまだ安心できませんが。このカップルのオスは巣箱の内覧会準備もそうでしたが、いつでもレディファーストでメスをとーっても大事にするオスという印象を受けます。
    kさんのお宅のコガラちゃん達はちょうど卵を温め始めた時だったら、きっとkさんが戻ってこられる頃にベイビー誕生なのかもしれませんね〜^^ 私もとっても気になります!
    お嬢様、芋虫がやはり苦手なのですね。。。芋虫は小さいとはいえ、目の前または袖などを這っていたりするのをみるとかなり寿命が縮まる思いです^^;でも鳥のごちそうですから、鳥の恩恵にあずかっている身としては我慢するしかないでしょうか^^;

    ReplyDelete