Monday, June 25, 2012

Eastern Kingbird

Eastern Kingbird(オウサマタイランチョウ)
北アメリカの東側で繁殖する渡り鳥です。冬は中米から遠いものではブラジル南端ですごす鳥です。南米から来た鳥にしては非常に地味です。タイランチョウ科なので、この辺でもハエトリらしく飛んでいる虫などを空中でキャッチするのをよく見かけますが、越冬の地では普通にフルーツもモリモリ食べるようです。



こちら、ただ今原っぱのそこかしこでたわわに実っている野生のmulberry(桑の実)です。


そして、その桑の実を頬張る王様。

虫あり果物ありで、野鳥達は食べるものに困る事のない野原です。

*********************

ところ変わってこちら帰宅後のつい10分ほど前の出来事。小鳥のお風呂の水を換えているとき、金属的な『ピッピッ』という鳴き声。まさかね〜、と思いつつ双眼鏡で確認したらいたーーーー!!!Blue Grosbeak(ルリイカル)のメス!まさか草地でもないこんな林の中に来ると思っていなかったので嬉しい!嘴にクモの巣いっぱいつけているのでどうやら巣の材料を調達していた様子(ルリイカルはクモの巣を接着剤代わりにします)。また来てくれないかな〜。。。



で、こちらは先日巣立ったルリツグミの雛。餌クレーと主張しています。左端の青い尻尾はお父さんです。


尻尾もずいぶん伸びて立派になりました。

巣箱では別のお母さんが卵温め中。この巣箱のメスと先日巣立った雛のお母さんのお相手が同一人(鳥)物疑惑浮上中。。。

7 comments:

  1. ルリツグミの同一鳥物疑惑笑いました~(笑)
    意外な展開?だったのでちょっと刺激的でもあります(^・^)
    ルリツグミって一夫多妻??でしたっけ?そうじゃなければ、父ちゃん、相当な悪ですな(笑)
    等々、ルリイカルまで来ましたか。それは嬉しいお客さまです。
    ルリイカルって何食べるのかしら?megさんの所のご馳走を食べに通ってきてくれるといいですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. まだ確証は得られていないのですが、どう見てもオスが2羽この辺でウロウロしているようには見えず、しかもこのオスが雛の世話をしているときには巣箱のメスには餌のプレゼントをあげていないようなので、もしかしたら〜?と思った次第です。たしか、ルリツグミのオスは、第一妻の他に第二妻第三妻というように、こっそり別の家庭を育んでしまう事もあるようで^^;一夫多妻もなきにしもあらず。。。
      ルリイカル、今日も来るかしら〜と帰来していたのですがさすがに今日はきませんでした。彼らはもっぱら虫ラブの鳥なので、多分我が家のフィーダーには目もくれないと思います。。。でも、我が家の荒れ放題の庭先には多分好物のバッタやカマキリがいっぱいいるのでそれを目当てに来てくれると嬉しいなぁ。。。なんて♪

      Delete
  2. 写真に陽の光の強さを感じます。夏っぽくなってきたのでしょうか~。
    (こっちは梅雨でじっとりです~)
    オウサマタイランチョウという名を始めて聞いたとき、どんだけ派手なんだろうと期待してがっくりしたことをふと思い出し、今回慎重に写真を見ました。やっぱり全然派手じゃありませんでしたが(笑)、桑の実のくわえっぷりに王様の貫禄を見ましたよ!(無理やりでしょうか?)
    眉間にシワ寄せたようなルリイカルレディー、くもの巣がひげに見えてしまいました。ごめんなさい。一生懸命巣を作っているのに。
    ルリツグ父、バレちゃってますよ。家政婦(じゃないけど)は見ていますよ!

    ReplyDelete
    Replies
    1. @ めるさん
      夏っぽくどころか、ここ最近湿気たっぷりのミストサウナ状態です〜〜〜。
      外に出ても風がなくじっとりと空気が絡んでくるような、あの暑さです。
      オウサマ、ホントにびっくりする位地味色ですよね^^; 先日の地味ツバメといい、この鳥といい、南米から来ているのに何故!?と突っ込みたくなるのは欲張りでしょうか。。。
      ルリイカルレディはクモの巣がなくても正面から見るとおじさんに見えます。やはりこれも地味色が髭のように見えるからかしら。地味地味って文句ばかり言っているように見えてしまうかもしれませんが、地味でもこのルリツグミは見つけた瞬間心臓が飛び出すかと思いました。

      Delete
    2. あ、ごめんなさい、心臓が飛び出しそうになったのはルリツグミじゃなくてルリイカルの事でした。

      Delete
  3. さすがKingという名前を持つ鳥さん
    本当に風格のある色あい お姿、初めて見ました!

    クモの巣ってそうか、接着剤としてつかうのですね。
    うちでもクモの巣だらけの軒下に小鳥が頭ごとつっこんで
    なにやってるのかな?と思ったけど巣材探しなら納得です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. @ shidekuboさん
      おお〜、地味鳥だとばかり思っていたのですが、風格あると言って頂けて、なんだか風格があるように見えてきました〜!(←他人に影響されやすい)
      クモの巣を接着剤代わりにする鳥はこちらではハチドリとかルリイカルとか、アメリカムシクイなど結構いますが、イギリスではどうなのでしょう?皆さん苔とかフカフカ系でしょうか。そうそう、こちらのチャバラマユミソサザイもよくクモの巣に頭突っ込んでますが、彼らの場合背着材をとっているのではなくて、普通にクモ、またはクモが捕った虫を食べている事が多いかも。。。

      Delete