Saturday, June 23, 2012

Northern Rough-winged Swallow

北アメリカで繁殖するツバメは何種類かありますが、このNorthern Rough-winged Swallowはそのうちの一種です。全体的に茶色で、日本でおなじみのツバメのように青くテカテカしてはいません。地味な印象ですが顔が可愛らしいので好きです。


巣立った雛達はまだ自分で餌を捕れないようで、こうやって木の枝で親鳥が餌を運んでくるのを待っていました。

6 comments:

  1. ホントだ!クリックして大きい画像を見るとウルウルな瞳が(二重まぶたっぽい)可愛らしいですね~^^ ツバメって、いつもサァーっと飛び去るシルエットに私の動体視力がついていけなくて、顔つきどころか色の判別も付きませんT_T
    (やっと「蛇除け」つけました!ありがとうございました)

    ReplyDelete
    Replies
    1. @ kさん
      この写真の鳥達はまだ巣だって間もない雛のようで、ウルウルお目目も可愛いし、なおかつ嘴がヒヨコみたいなのがさらに可愛いかったです。でもよく見ると、右の2羽はウルウルお目目ですが、左の一羽はなんとなく不良っぽい怪しげな目つきに見えなくもなく。。。
      実は私もツバメって留っている所って殆ど見た事がなくて、今回も親鳥は風のように雛の周りをシャーっと飛んでは一瞬で餌を与えていて私には親がどんな姿なのかさっぱり分からず^^;
      日本のツバメは電線によく留って朝から忙しくブチブチさえずっていたのを何となく覚えています。ツバメって、こちらだと日本程身近に感じられないので(日本は軒先に巣を作ったりしますよね〜?)、久々のツバメにちょっと嬉しくなりました♪

      Delete
  2. TOP画像構図もいいですしドットちゃんがとっても可愛いです(萌)
    megさんの所も青いテカテカツバメ生息域に入っているので春頃川?に来ているでしょうけど、
    かれら常時飛んでいるので(しかも早い)デジスコじゃまず撮れないでしょうね~
    うちんとこも留まっているのは地味ツバメばかりで、
    今年やっとオットが飛んでいる青テカテカツバメを撮ってきました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. @ luluさん
      トップ画像変えてみました。 萌えて頂けて嬉しいです!
      そうそう!NCでもテカテカツバメが何種類か来て、大きな橋桁とかの下で巣作りしているようです。が、橋桁まで行くのが面倒で(イマイチアクセスがよくない)テカテカはあまり身近ではありません。。。
      >デジスコじゃまず撮れないでしょうね~
      ええ、おっしゃる通り私には無理ですね〜(中にはデジスコで飛んでるツバメを撮る方もおられるようですが)。地味ツバメもこの写真の彼らは雛なので留っている事が多かったですが、親はやっぱり飛んでばかりでした。もう、飛んでる鳥とかは無理とハナから諦めてますので、ちゃんとしたカメラとレンズ持っている方々のを見るだけで十分です^^

      Delete
  3. ほんと、ジミー(地味)ちゃんですね。写真をセピア色に加工したみたいで、こんなツバメもいいですね~。色に惑わさられず、ツバメ本来のつくりを楽しめます。「ふんぬ」としたクチバシ、大好きです♪
    日本のテカテカ(笑)、今住んでいる部屋は近くの電線にとまるテカテカをよく見ることがあるんですが、たいてい朝の身支度整え中で全くテカテカではありません。内側の真っ白な羽根がボフボフめくれた謎の鳥状態・・・テカテカなイメージが薄くなってしまいます。でも夕方、川原とかで飛んでいるのを見ると、触れると指が切れそうな鋭利な雰囲気を思い出すんですよね。
    そしてトップのロコちゃん、可愛いです。目が大きいですね~♪

    ReplyDelete
    Replies
    1. @ めるさん
      フンヌ度的には左端のお方がぴピカイチですね!
      確かにこれだけ地味だと他に見るところがあまりなくて、羽は一体どうなっているのやら〜、と他のところに目がいきます。言われて気づいたのですが、このツバメそういえば日本で見慣れたフォーク型の尾羽ではなくて普通に四角っぽくて、そんな所もますます地味だわー、と思わずにはいられなかったり。
      ロコちゃん、オシィぃぃーっ!似てるけど、このかたはモリツグミのモリーちゃんです。ロコちゃんはただいま避暑地に遠征に行かれております。10月にはお戻りになられるかと。。。

      Delete