Sunday, July 8, 2012

Eastern Bluebird 2012, 3rd brood --Eggs hatched!

先週から華氏100度越え(摂氏約39℃)の日が続いていた我が家地方です。この暑さは鳥の卵や孵ったばかりの雛にとっては致命的となります。心配していましたが、どうやら今朝第3弾のEastern Bluebird(ルリツグミ)の卵が無事に孵ったようです。昨日確認した時はまだ孵っておらず、半分あきらめ気味でしたが雛は頑張って殻を割って出て来てくれました!孵ったら孵ったで、今度は日中の暑さで死んでしまったら、、、とさらに心配していましたが、先ほども頻繁に親鳥が餌を運ぶのを見ているのできっとなんとか持ちこたえたのだろうと思います。明日からは若干過ごしやすくなるようでひとまず安心。


写真は先ほど午後6時頃のもの。お母さんルリツグミが小さなクモ(イモムシ?)を嘴の先にくわえています。


こちらはお父さんルリツグミ。くわえているのは小さなクモ。


こちらは第二弾の雛達。本当に大きくなりました。


**********************

Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)。今日もよくテカっていましたよ。






8 comments:

  1. この暑さの中、無事に孵ってほんとうに良かったですね!
    megさんの巣箱は我が家のより固くて厚い木で作られているように拝見できますので、鰻と穴子じゃないですがヘーベルハウスとプレハブ住宅ぐらいの差がありそう?スタイロフォーム無しでも涼しそうな感じ。こういう事態、巣箱を選ぶ時には全く想定してなかったです。
    ノドアカハッチー、ウチのフィーダーにも現れましたよ^^ 他の鳥達が暑さでお疲れ気味なのに、ハチドリはホント元気ですよね(笑)

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん
      ありがとうございます!本当に卵が無事だったのが不思議なくらい暑い週末でしたね。でも無事で良かった!
      ヘーベルハウスとプレハブ住宅の例えに笑いました。この気温で巣の中がどれほど暑かったのかは想像に難くないですが、それでも意外と生命力の強いルリツグミと頑丈な巣箱のおかげでしょうか。。。巣箱を作ったのはルリツグミが好きな地域の方らしいですが、きっと暑さの事も考えてのデザインだったのでしょうかね?
      ノドアカハッチーものんべえフィーダーに来ているのですね!ここはひとつ新兵器で美しい飛んでる写真とか?

      Delete
  2. 第3弾も順調にいったのですね。すごい!
    ある程度暖かい方が順調なのでしょうか?って34℃は猛暑に近いですよね。
    やはりその鳥に合った巣箱を作ると言うのが大切なのでしょうね。

    こちらのネイチャー番組でも、巣箱ではなく木の穴に巣を作っていた
    ゴジュウカラは穴が大きすぎたのでちょうどいいサイズになるように
    自分で何かをつぎ足してリフォームした写真を見ました。
    入り口の穴の大きさってけっこう重要みたいですね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. shidekuboさん
      第3弾、とりあえず卵は孵りました〜。でもここから先も難関が待ち受けているのできちっと巣だってフィーダーに自分で来られるようになるまでは、気が抜けません。
      34度だったらいいんですけどね〜39度なんですよね〜(ごめんなさい、フォントが見難かったですね!)。でも体感温度は109F(42℃くらい)とかニュースで流れていたので、巣箱のような箱の中はもっと暑くなっていた事でしょう。。。でも意外と卵の生命力が強かったのには驚きました!
      入り口の穴、ルリツグミの場合も好みの大きさがあるようですが、基本的にはキツツキのお下がりを元々使う鳥なので、巣穴をキツツキみたいな大きさの穴にすると気に入ってもらえるんでしょうね〜。

      Delete
  3. 第三弾まで見れるなんて心配も山盛りでしょうけどそれと同じだけ楽しみもありそうでいいですね。大きくなった雛達なんて孫気分の眼差しで見てるのではないでしょうか(^・^)
    そんなに暑くてもなんとか孵り野生の神秘を感じ感動しました。
    煽ったりするつもりは一切ないのですが、今、ブラチンの巣を観察し続けていますが、
    暑さに耐えられなくなった雛が一羽だけ落下してしまったのです・・・
    オットが観察を続けていて写真を見ていても2羽が暑さで苦しそうにもがいているのが判ったので
    もしやと思っていたら数日後一羽しかいなくなっていました。
    この巣の母さん、前回も最後の方で一羽になってしまったのです。
    ノドアカ同様ブラチンも他のハチドリから比べたら巣作りが遅い(結局暑い)ので
    日影に作る習性があると思うのですが、
    そちらと違い緑が少ないので完全に日陰にするのは難しいみたいです・・・
    ノドアカくん、とっても可愛く綺麗に撮れていますね!見惚れました~
    ところで、ミールワーム、小さめですがどちらで購入されたんですか?
    うちのジリスに同じのを買ってあげたいのです。
    こちらでオットが一生懸命探したのですが大きなゴロゴロしたのしか売ってなかったのです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      もー、ホントに毎日毎日ルリツグミが気になって気が気じゃありません!双眼鏡は仕事以外は常に手元に置いておくという、変人っぷりです。大きくなった雛は自分の子じゃないし、育ててもいませんが、とっても可愛くて可愛くてずーっと一緒に暮らしたいくらいです。そちらは暑いだけじゃなくて乾燥していますからね〜。人間にとっては乾燥している方がありがたかったりするけど、鳥の雛の場合きっと脱水症状になってしまったりする可能性もあるってことですよね。。。ノドアカの嫁達は砂糖水ただ飲みするだけでちっとも巣のありかを教えてくれません!もうきっと巣立っている子とかもいるんでしょうね。そういう新しく生まれた子たちの中に時々変な見た目の子が混ざっているので、秋の渡りで押し寄せてくる北グループに期待してます。
      ミールワーム、Wild Bird Centerというお店で買いました。フランチャイズのショップなのでもしかしたらLAにもあるかも?

      Delete
  4. 虫虫にょーろにょろ情報ありがとうございました<(_ _*)>
    Wild Bird Center、調べる前からCA州にあったとしても
    どうせ北CAだけだろうと思ったらやっぱしそうでしたー
    ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
    でも、なるほどです。鳥関係のお店をあたってみます。
    今までは釣具屋さんとかペットショップ(爬虫類コーナー)をチェックしていましたのでとても参考になりました♪Thanks!

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      私も最初某チェーンのペットショップでミールワームを探したんです。そうしたら、鳥のお店と同じ量で換算すると4倍以上の値段を付けており、びっくり!思わずそこで買ってしまった自分にガッカリ。しかも、品質もなんともお粗末で死んでいるものも結構入っていたりして。。。金返せーって感じです。でも鳥屋さんのミールワームは皆元気で死んでいるものはほとんど入っていませんでした。ということで、鳥屋さんの方がいいもの扱っているのかも〜?

      Delete