Sunday, July 22, 2012

Pine Warbler and Eastern Bluebird

Pine Warbler(マツアメリカムシクイ)はNCでは留鳥ですが、夏場は大抵高い松の木の上で子育てしたりお昼寝したりで忙しくしているようで、あまり庭先で見かける事はありません。先日夏バージョンのぼろぼろになったマツアメリカムシクイのマツ男を久しぶりに見ました。




Eastern Bluebird(ルリツグミ)の第3弾の雛達は今日で孵ってから14日目。ところが、ルリ男さんが少し前に失踪して全く姿を見ません。そういえば、Cooper's Hawk(クーパーハイタカ)が山の中でウロウロしていた事があって、その時以来姿を見ないので、もしかしたらクーパーのお腹の中にいるのかもしれません。これは最後に姿を見た14日の夕方の写真。


オスがいなくなってからもメスは独りせっせと雛達に餌を運んでいます(巣穴から尻尾が見えているのがお母さん)。そこへ興味津々の第2弾の雛達がやって来て巣穴を覗くようになりました。ここでお母さんを助けて雛に餌をあげるようになってくれると嬉しいんだけど、まだその様子はなく。。。


ルリ男さんはいなくなってしまったけどお母さんのルリ子さん、第2弾の3羽の雛と第3弾の4羽の雛は元気にしています。


雛の顔が初めて見えた。きっと雛も初めて外の世界を見てドキドキしているんでしょうね〜。


この雛達の巣立ちは週の中頃になりそう。頑張れ〜、ルリツグミ!

4 comments:

  1. マツ男さん(^o^)お昼寝が多忙のうちに入るかというツッコミは置いといて(笑)確かに鳥達がパッタリ姿を見せなくなる時間帯があって不思議に思っていたのですが、やっぱりお昼寝しているんでしょうか?

    あの綺麗なルリ男くんがタカのお腹に入っているなんて悲し過ぎますT_T でも自然ってそういう事もあると覚悟しておかなければならないのですね・・・ヒナ達の元気な姿が救いですね。あと、巣穴からはみ出しているお母さんの白いお腹を見る度に微笑んでしまう私でした。

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん
      確かに鳥ってくるときはわ〜っと来るけど来ない時、または声がしない時って本当に静かですよね。皆、申し合わせたように昼寝をしているかのようです。きっと、お昼寝も彼らにとっては大事なお仕事の一つなんだろうと勝手に思っています^^
      タカのお腹に入っている疑惑が若干薄れて来ておりますが(汗)、今朝現れたルリ男さんモドキのオスの様子が微妙に変なので、もしかしたらルリ男そっくりの新しい彼氏なのかもしれません。雛に興味を持つけど餌はあげていないようですし。。。ルリツグミの家族構成や社会性、複雑過ぎて付いて行けていないのですが見ていて楽しいです。ルリ子のお腹というよりお尻がキュートですよね。最近は巣の中が狭くなって入って行くのにも一苦労している様子です。あと2−3日で巣立ち!見届けられそうにないのが残念です。

      Delete
  2. ルリ男さ~ん(; ;)。自然界ではいつ何があってもしょうがないと思いつつもやはりショックですね。
    モドキさんがいいパパになってくれればいいのですが。
    第2弾のニーチャンorネーチャンも、まだヘルパーデビューしていないんですね。
    ルリ子さん、ひとりでがんばってて大変。

    マツ男さん、モールをテキトーにはりつけたみたい。ボコボコにボロボロなお姿もチャーミングです。(^^)

    ReplyDelete
    Replies
    1. めるさん
      ルリ男さん、その後の検証でモドキさんはルリ男さんでない事が判明してしまいました(; ;)。でも、ルリ子さんは何だかあまり気にしていないようで、新しい彼氏付くってルンルン子育てしてます^^;
      モドキ君はパパになるふりしてルリ子さんに近づいたとしか思えない行動を取るんですよね〜。雛には絶対に餌をあげないのに、雛を覗き込んだりルリ子さんが雛の餌を捕るときはエスコートしたり。第2弾の雛も実はルリ子さんの子達だったのですが、このモドキのオスはこの子達に冷たくあしらったり。それなのにルリ子さんがあっさり受け入れちゃっているのが、何とも複雑な気持ちにさせられます。。。
      モールのマツ男、こう見えてしっかり良きパパさんしていて今日はおこちゃま連れでした^^

      Delete