Saturday, July 14, 2012

Ruby-throated Hummingbird and Eastern Bluebird update

今日はあまり天気がよくなく、時々通り雨が降ったりしているので家でのんびりとしています。ということで、またか!という感じではありますがRuby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)とEastern Bluebird(ルリツグミ)近況です。


まずはノドアカハチドリ、玄関部隊です(玄関側のフィーダー管轄)。


こちら、バックヤード部隊2号。バックヤード側のフィーダー管轄です。羽がみちっとそろっていて奇麗なオスです。


バックヤード部隊一号。何となく『出たーー!!!』と叫びたくなる風貌です。ちょっとお疲れ気味なのかしら?


そしてルリツグミ第3弾の雛達は今日で卵から孵ってから6日目になりました。今日のベビーフードはこちら。

のどがイガイガしそうな毛虫。


なにかの幼虫。


大きなクモ。


バッタ風の虫。


雨が続いているのでヘルプの餌。お母さんルリツグミ、実は今日初めてミールワームに気づいたようなのですが、気づいてからはもう大変。凄い勢いで巣箱とミールワームを行ったり来たり。チャバラちゃんが大好きでよく食べにくるのですが、ルリ子さんはチャバラなんぞに食われてなるものか〜!!!と必死の形相です。




時々ルリ子さんも雛にあげる前につまみ食いします^^

8 comments:

  1. ハチドリって優雅な印象があったのですが、けっこう縄張り争い?が激しいものなんですね。今年はフィーダー前で追いかけっこしているシーンをしばしば目撃します。あの嘴で突付かれたら只では済まないのではと思うのですが、どうなんでしょう?
    ミールワームの人気が上昇して来たようで嬉しいです(笑)目下我が家のはCatbirdと取り合いになっています。今回のルリ子さんはちょっとぐうたらなのか?(家主に似て)フィーダーの上でボーッとご飯を待っていることが多いんですよね。つぶらな瞳にほだされて追加を出したくなってしまいます(卵の殻粉末作ろうか考え中)
    毛虫のイガイガもカルシウムなのかしら?でも喉に刺さりそうな迫力ですね^^;

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん
      ハチドリ、見た目は奇麗で妖精のような感じですけど行動が、、、あの頑として砂糖水を譲らない行動とか笑わずにはいられません。嘴、尖っていて痛そうですけど、実際に我々の肉に食い込むほど硬くなさそうな気もするのですがどうなのでしょうね〜?
      ミールワーム、ルリツグミが好きすぎて自分で餌を捕るのを忘れてしまうと本末転倒なので、明日からは朝にほんの少しあげるだけにしようかと(または天気が悪くて虫が捕まえ難い日とか)。幸い我が家近辺には自然がいっぱいあるのでやっぱり雛には自然の味を味わってほしい!なんて^^;
      毛虫は非常に美味しくなさそうですよねー。毛の部分に栄養があるのかないのか。。。とにかく不味そう!!!やっぱりイナゴ系の虫が美味しそうです^^

      Delete
  2. 嘴は、くんにょりと曲げる事が出来るほど柔らかいとの事ですよ。私も嘴の先をチューの形にした所を何度も目撃しています。ただあのスピードでは凶器になる場合も・・・ルリツグミのお母さんの『凄い勢い』の所で微笑ましすぎて笑ってしまいました。愛くるしいわ~♪野生の鳥だけど、お世話させて頂くと色々と操作?しないといけない時もありますよね。3枚目のノドアカくん、Rufousかと一瞬思っちゃったほどオンレジ色!いつもは美しい朱色を見せて頂いてますがこんな色にもなるのですね(魅力的♪)構造色の不思議だわ
    ( ̄‥ ̄) フー

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      くんにょりですか〜!そんな嘴をクンニョリと私の頭に突き刺してほしいわ〜(←怪)冗談さておき、嘴薄いですものね。きっと見た目よりもずーっとしなやかに出来ているんでしょうね。オスの髭、私の写真だとたしかに赤というよりオレンジに見える事の方が多いですよね^^;旨く赤く撮れる角度と時間帯を逃しているのかしら。
      ルリツグミのお母さん、私が外に出ると枝に飛んで来て催促するような目で見るんです。。。それをされると嫌ととても言い難く。。。でもやっぱり色々な虫を程よく食べてほしいのでここは心を鬼にして朝だけあげる事にしました。

      Delete
  3. 鳥さんの気持ちになってみると、
    どれもこれもすんごいごちそう! って感じなんでしょうね。
    ところでミールワームって乾燥しているんです??よね。
    水で柔らかくしたりもするんですか?
    それからネットで見たのですが、ミニ・ミールワームっていうのも
    あるらしいのですが うちの方のガーデンセンターでは
    売っていませんでした。 アメリカでは見たことありますか?

    ReplyDelete
  4. shidekuboさん
    虫がごちそうのルリツグミにとっては、柔らかくて食べやすいミールワームはフィレミニョンって感じでしょうか。ミールワームは乾燥じゃなくて、生の生きたやつですよ〜。乾燥のミールワームはずーっと前に買ってみたのですが、それは全く誰にも受け入れられず、リスにさえ無視され。。。で、今回生のミールワームと混ぜたら誰か食べるかなと思って観察していたら、はじめは皆口に含むんですが、すぐにオエッと吐き出すという。。。ってことは相当不味いんだと思うんですよねー。ミニミールワームというのはただ単にサイズが小さいだけとかでしょうか?それとも何か別の商品?そういえば、こちらではミールワームの形をしたsuetの偽ミールワームもあるようですよ。

    ReplyDelete
  5. やっぱり生きてるんだ! 
    ミニ・ミールワームって、そうもっと小さいエサを食べる
    鳥さん用で、もしかしたらキクイタダキ系とか
    ムシクイ系にどうかな?って思ったのです。
    それから うちのガーデンで初めて巣作りしたちっこい鳥がいたのですが
    (その鳥さんにミニ・ミールワームあげようと思ってね)
    それが地面から10cmの高さで うちってキツネは通る ネコも通る
    モリネズミもその鳥(雛とかたまご)を狙うらしい 
    カラス科はあちこちにいるっていう環境でしょ。
    雛ちゃんが孵ってから何者かに食べられちゃって
    その計画はおじゃんになっちゃったの。ショックでした~

    ReplyDelete
    Replies
    1. そういえば、こちらで以前ミールワームを探している時、オンラインショップでミールワームのサイズを選べるところがありましたっけ。今私があげているのは中の大きさなので、キクイタダキとかは小とか極小サイズが良さそうですね。それにしても、ミールワームだけじゃなくて、生きたバッタ(イナゴ?)でさえも手に入るみたいで、片親(ルリツグミのオスが失踪)になってしまった今となってはイナゴ購入もアリか!?などと思ってしまいますが。。。さすがにキリがないので後はメスに任せるのみです。
      雛ちゃん、食べられちゃいましたか〜(悲)。でも、その親鳥はきっと賢くなって次は安全なところに作るかな。。。

      Delete