Wednesday, October 10, 2012

Black-throated Blue Warbler --they are still here!

Black-throated Blue Warbler(ノドグロルリアメリカムシクイ)、実はまだこの辺でウロウロしているようです。なので、しつこいようですが先週から週末に撮った写真たちをまたまたアップ。

最初は今季撮ったノドグロちゃんの中で一番気に入っている写真です。


こちらも非常に可愛い!一番が決められない!(自分で撮っておいて言うのもなんですが)


こちら、メス。





そしてこちらは上で出たオスとは違うオス。喉に白い部分が多いです。


背中もくすんだ茶色がちらほら混ざっており、やはり最初のオスの方が美形に見えます。


で、最後は9月26日に撮ったものです。実はこれ、2番目のオスなのですが、お風呂に入ろうと構えているときに、隣人宅の犬が突然我が家のフェンスに向かって飛び出して来て吠えたのでびっくりして飛び出して我が家の窓にぶつかってしまった時の写真です。お風呂からは7−10mほど離れているんですがほんの一瞬、本当に2秒くらいでお風呂から飛び出して窓にぶつかったので結構なスピードだったのではないかと思われます。最初は地面にぺたんとうつぶせで倒れるようにしており、羽もだらんと広がっていたのでかなり焦りました。で、死んじゃったのかしら?と思って確かめようとしたら、はっと我に返ったようで、壁際までよちよち歩いていきました。そこでしばらく休んでいましたがそのうちひゅーっと急ぎ足で飛んで行きました。休んでいる間に水でも飲むかな、と思って小さな水を入れたカップを置いてみましたが果たして飲んだのかどうかは不明。でも、本当に死ななくて良かった(涙)。犬、いきなり放し飼いにするのは本当にやめてほしいです。

2 comments:

  1. オスとメス、見事に違う!
    見慣れていないからメスはこの前の口をあけっぱなしの
    くり色ちゃんかと思ったくらい。

    ガラス激突のオス、回復して飛び去ってくれて
    良かったですね。うちはネコがよく忍び寄ってくるけど
    その点わんこは堂々と姿を見せる、ただ
    ”いきなり” というところがマズかったですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. shidekuboさん
      この鳥、オスとメスがあまりにも違いすぎるので、以前は違う種類のアメリカムシクイと考えられていたようですよ(って、以前の記事にも書いていたらごめんなさい)。メスとか幼鳥はどのアメリカムシクイも同じようなくすんだ黄色みたいな感じなので、私も写真で確認するまではメスの場合どの種類なのか分からなかったりする事が多いです。
      窓激突、今回は特に問題なく今でも同じ鳥が庭先で急がしそうにイモムシ捕りに精を出していますが、また同じように犬を放し飼いにされたら嫌だな〜、なんて。犬もね〜、なんというかしつけされてなくて、外に出ると吠えずにはいられない犬みたいで(誰かが外に居る、居ないに関係なく)困ってます^^;。

      Delete