Thursday, October 4, 2012

Eastern Bluebird in almost adult plumage

6月生まれの第2弾のEastern Bluebird(ルリツグミ)ですが、肩の数枚の羽毛を残して、ほぼ全身大人の羽毛になりました。7月生まれの第3弾の雛達はまだもう少し広い範囲に白い幼鳥の羽毛が残っていますが、こちらもあと少しで全部生え換わりそう。


************************
こちら、今年10羽も雛を育て上げたお母さんルリ。すっかり冬の羽毛になりました。


こちらはお母さんルリの最後の彼氏。ボロボロだった羽も奇麗に生え変わってふんわりとしています。

皆冬支度が早いですね。今年は寒くなったりして〜!?

4 comments:

  1. ぅわー・・・毛並み一本一本まで写っていてしかも、しなやか~な羽毛でモフモフしたーい(´艸`)(ボー萌え)
    この、頭の部分のブルーの量?が良いです。西部のはブルー被りすぎ(笑)濃いからと言って良いとは限りませんから。
    相変らず透き通るような美しい写真で溜息です。

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん、こんにちは♪
      きっとどんな技術を使っても鳥の羽毛の心地よさって再現できないんだろうな〜って思います。特にダウンとか。小人になって鳥にモフっと温めてもらいたいですよね〜^^
      頭の色も可愛いですが、最後のオス、羽毛がたっぷりで形も正面から見ると四角くてソレもまた可愛いのです〜♪色の濃いものほど素敵♪と思ってしまう素人な私ですが、そういえばムジルリもそちらにはいますものね〜。あれは究極のあこがれです。

      Delete
  2. 他の鳥さんも可愛いなーと思って拝見するのですが、ルリツグミはまた別格です。愛し過ぎて胸が苦しいです(大丈夫かな、私^^;) 初登場で「イマイチ?」と思わせた最後の彼氏も、こうしてみるとかなり魅力的じゃないですか!ところで今年生まれのお子ちゃま達の粒粒って、こんなに早く消えてしまうものなんですか?冬になったらミールワーム出してみようかなと考えていたのですが・・

    ReplyDelete
    Replies
    1. kさん、こんにちは♪
      ルリツグミを愛おしく思うそのお気持ち、私も一緒です!今は子育てが終わって少し落ち着きましたが、春夏は年中胸が苦しくて(笑)、心臓に負担がかかっていたのでは!?と思います^^;
      そうそう、最後の彼氏は結構な男前だったということがここに来て判明しました。来年また素敵なカップルを作ってくれるといいのですが。雛のツブツブは多分3−4ヶ月で完全に消えてしまうのだと思います。他の鳥だと結構しばらく幼鳥の羽が続いているものもありますよね。ミールワーム、いつものルリツグのサイトによると冬場は若干興味を示さなくなるってありますが、言われてみれば確かに食べる頻度が減っているような気も?

      Delete