Wednesday, November 21, 2012

Cedar Waxwing

Cedar Waxwing(ヒメレンジャク)その2です。といっても特に代わり映えのしない写真ばかりですが。



手前成鳥、奥若鳥。成鳥のお腹のつるつる感、モッチリ感がいいですね〜。


成鳥か若鳥かは、羽根の先を見れば分かります。赤い部分は成鳥に見られます。今更ですが、この赤い部分が赤いワックス(ロウ)に浸したみたいな感じ、という理由で英名のWaxwingという名前がつけられた様です。

2 comments:

  1. 代わり映えしてる!ものすごくいい!!理想的に撮れているヒメレンジャクです。黄色い部分と赤い部分を一緒に撮るのってけっこう難しい。そうそう、レンジャクの美しい所はツルツル感ですよね。どんな毛並みなのか触ってみたいです。若の抜け羽に萌えました。いい実が生っているのですね。数年前までは我が家の隣にあるベンジャミンの実を食べに来ていたのですが昨年から突然うちのベンジャミンだけに来なくなったのです(悲)パティオでウロウロする私のせいかも...(;_;)

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      コメントどうもありがとうございまっす!
      ものすごくいいですか!?褒めてもらえると素直に嬉しいです〜!ウフ♥
      ヒメレンジャクのお腹の羽毛、他の鳥よりもさらに繊細な感じできっと柔らかくてシルクみたいなんでしょうね〜。冬でもぴたっと気密性が良くて温かそう。
      ベンジャミンの木すら知らないのですが、実も出来るものなのですね。実があれば食べ物探して放浪しているヒメレンジャクがいつかわーっと押し寄せて来るような気がしますが、ヒメレンジャク、意外とハチドリが苦手だったりして!?(たまにエボシガラとかコガラとかを追い回しているのを目撃した事があるので^^;。。。)

      Delete