Saturday, November 10, 2012

Saturday birding

今日は日中夫が用事があるとのことで、私は近場のトレイルでのんびり鳥見を楽しみました。トレイルで撮れた写真のうちのいくつかをご紹介。

まずはCelastrus scandens (American Bittersweet)というツルウメモドキの仲間です。鳥はあまり興味を示していなかったけど、見応えあります。


こちらは先日もご紹介しましたが、今回はトレイルで出会ったHermit Thrush(チャイロコツグミ)です。しょっちゅう登場しているのでどこにでもいるんだろうと思われがちですが、結構シャイな鳥で出会いは運任せです。今日は運が良かった♥





こちらはWhite-throated Sparrow(ノドジロシトド)です。写真には撮れませんでしたが、今日は運よくFox Sparrow(ゴマフスズメ)も見つけました。


こちらも運が良いときには見られるPurple Finch(ムラサキマシコ)のメス。オスは鮮やかな赤紫色なのですが、一瞬高い木の上に居るところを見たのみ。


こちら、小川のほとりで水を飲むAmerican Robin(コマツグミ)とCedar Waxwing(ヒメレンジャク)。


こちら、イマイチな日のあたり方をしておりますが、同じく小川に水を飲みに来たNorthern Flicker, yellow-shafted(yellow-shaftedと呼ばれる東部バージョンのハシボソキツツキ)のオス。


あとはWood Duck (アメリカオシドリ)のカップル2組とか、Eastern Bluebird (ルリツグミ)、Pileated Woodpecker (エボシクマゲラ)、Ruby-crowned & Golden-crowned Kinglet (アメリカ&ルビーキクイタダキ)、Myrtle Warbler ( formerly called Yellow-rumped Warbler, キヅタアメリカムシクイ)、Pine Siskin (マツノキヒワ)、Cooper's Hawk (クーパーハイタカ)、Red-tailed hawk (アカオノスリ)、Red-winged Blackbird (ハゴロモカラス)、Belted Kingfisher (アメリカヤマセミ)、American Goldfinch (オウゴンヒワ)、その他スパロウ類やカラ類などなど。。。今日は鳥をいっぱい見られてよかった^^ 今日のカメラは再び古代遺跡から掘り起こして来たP6000です。

4 comments:

  1. 下のその下のチャガシラヒメゴジュウカラの写真、失礼しました。4枚目です。コメントでは大興奮が伝わっていないと思いますが、本当にとても可愛いショットを撮られ興奮してしまい、2枚目3枚目がぶっ飛んでしまいましたm(__)mオットも大好きな鳥で撮ってくるのですがデジ一眼でもこんな素敵ショットまだ撮れてませんから。ただちょこまか動くだけしか脳がないかと思ったらちゃんと仲間の状態を把握し起こしてあげるなんて大感動でした。
    今日はまた随分と沢山の鳥さん達に出逢えたのですね。これは楽しかった事でしょう。
    こっちは・・うーん・・・まだボチボチかな・・・
    目ぼしい鳥さんは、私の大好きなオウギアイサが来ているくらいかな。
    ヒメレンジャクの水のみシーン、いいですね!!これ撮りたくて撮りたくて軽く5年過ぎました~┐('~`;)┌
    最後の写真綺麗ーーーめっちゃ雰囲気いいじゃないですか!
    ( ̄‥ ̄) フー 
    Celastrus scandensの写真も綺麗で心が浄化されました♪

    ReplyDelete
    Replies
    1. luluさん
      ゴジュウカラは結構いろんな種類が居て、しかも可愛いから見て楽しい、撮って楽しい♪って感じですよね^^
      チャガシラヒメゴジュウカラの仲間を気遣うような(?)意外な行動は、なんとなくほ乳類みたいですよね〜。案外我々が思っている以上にさかんにコミュニケーションをとっているのかしら。。。
      おぅぅ〜、そちらは既にオウギアイサやってきましたか!こちらはどうなのかしら?調べてませんが、まだ周囲が暑くなっている様子はないので、居たとしても本当に少数とかだと思います。今日は昨日に引き続き、鳥との出会いは多かったのですがシャッタチャンスはゼロでした〜^^;スパロウに集中してみたんですが、撮ろうと思うと、意外とというか、ものすごく神経質で全然姿を見せてくれないものなんですねー。普段、カメラ向けないで横を通り過ぎても全然逃げないのに。。。。何故だ!?

      Delete
  2. う・・・。
    さっき長文コメントしたつもりだったのに、多分最後の投稿ボタンを押せてなかったみたい・・・(T_T)
    日本で見られるレンジャク科の鳥はヒレンジャクとキレンジャクのみです。
    ヒメレンジャクはキレンジャクを小さくしたような鳥のようですが、この個体は幼鳥ですかね!?
    そちらではヒメレンジャクはよく見られるんですか!?

    ReplyDelete
    Replies
    1. mitsuさん
      う、、、さっそくこのブログの不具合に遭遇されてしまったのですね。申し訳ありません。このブログ、時々おかしな行動をとる事があって、今までにも皆様に多大なるご迷惑をおかけしているのです(反省)。そろそろプロバイダーを変えてみたほうが良いかと思い始めている今日この頃。
      ヒメレンジャクはここNCでは主に秋冬に見られる鳥ですが、大群で来ると結構目立つのですが、ソレ以外のときはあまり気配を感じません。でも、基本的にベリー類の実がなっているところで気長に待っているといつかはやってくる、って感じの鳥だと思います。そちらでは結構レアな鳥なのでしょうか?そそ、この鳥は羽の先に名前の由来となる赤いワックス状の模様がないのでまだ一年目の若造だと思われます。

      Delete