Tuesday, July 31, 2012

Immature Acadian Flycatcher

先ほど午後7時頃に目撃したAcadian Flycatcher(ミドリメジロハエトリ)の幼鳥です。お腹にうっすら黄色が残っているところが幼鳥らしいですね!



こちら、同じ鳥ですが、左の頬にダニらしき怪しげな赤いポチが見られます。。。痒そう!!!

Monday, July 30, 2012

Saturday birding

先週末はしばらくぶりに野鳥を見に出かけました。といっても暑くてすぐに帰ってきてしまいましたが。双眼鏡で見る限り鳥自体は結構数も多くいると思うのですが、どの鳥もほんっとに遠くて豆粒にようでした。

先ずはBlue Grosbeak ルリイカルの幼鳥。


Blue Grosbeak  ルリイカルのオスの成鳥。


Common Yellowthroat カオグロアメリカムシクイのオス。


Eastern Bluebird ルリツグミのオスの幼鳥(庭先のルリツグミじゃなくて原っぱのルリツグミです)。このブルーベリーみたいな実をむさぼるように食べていました。甘くて美味しいのかな?


Indigo Bunting ルリノジコのオス。


Acadian Flycatcher ミドリメジロハエトリ。


もう少しすると秋の渡りが始まって可愛いアメリカムシクイ達が見られます(多分)。

Wednesday, July 25, 2012

Eastern Bluebird (3rd brood) fledged!

4羽のEastern Bluebird(ルリツグミ)の雛が今日の日中に無事に巣立ったようです。朝にはまだ巣の中にいましたが、帰宅したら皆高い木の上に移動していました。お母さんルリツグミも高い木の上で雛を見守りつつミールワームチェックも怠りません。



こちら、今晩午後7時のルリ子さん。ミールワームをくわえて高い木の上で待っている雛に与えています。


こちらは今回の巣。巣を作り始めてから完成までたったの2日という脅威的な早さだったので一体どんな巣なのか心配していましたが、いたって普通の巣でした。


雛が孵ってから一週間でオスが失踪するというアクシデントにもかかわらず、巣はとっても奇麗!雛が食べなかったと思われる大きな虻とミールワームが2−3匹ほどが巣に残っていました。


こちらは、戻って来たオスと期待されていたルリツグミですが、失踪直前のオスと見比べてみたら嘴の形が全然違うので、多分ルリ子さんの新しい彼氏だと思います。さすがに第4弾はないでしょー!?

今回の巣の時系列まとめ

6月18日 第2弾のルリ子さんが再び巣材を運び始める
6月23日 ルリ子さん、巣箱に籠りがちになる
7月01日 ここから1週間ほど100F超えの熱波に襲われる
7月07日 真っ白な4つの卵はまだ孵らず
7月08日 雛が孵る
7月14日 お父さんルリツグミ失踪、給餌はメスのみ
7月25日 孵ってから17日目 雛巣立ち

最後に、今朝の雛の様子。家の中から撮ったのと、洗濯機が回っている音が入っているのとでイケテナイ動画なのですが、唯一巣立つ前の可愛い雛ちゃんをとらえた動画と言う事で。。。




Sunday, July 22, 2012

Pine Warbler and Eastern Bluebird

Pine Warbler(マツアメリカムシクイ)はNCでは留鳥ですが、夏場は大抵高い松の木の上で子育てしたりお昼寝したりで忙しくしているようで、あまり庭先で見かける事はありません。先日夏バージョンのぼろぼろになったマツアメリカムシクイのマツ男を久しぶりに見ました。




Eastern Bluebird(ルリツグミ)の第3弾の雛達は今日で孵ってから14日目。ところが、ルリ男さんが少し前に失踪して全く姿を見ません。そういえば、Cooper's Hawk(クーパーハイタカ)が山の中でウロウロしていた事があって、その時以来姿を見ないので、もしかしたらクーパーのお腹の中にいるのかもしれません。これは最後に姿を見た14日の夕方の写真。


オスがいなくなってからもメスは独りせっせと雛達に餌を運んでいます(巣穴から尻尾が見えているのがお母さん)。そこへ興味津々の第2弾の雛達がやって来て巣穴を覗くようになりました。ここでお母さんを助けて雛に餌をあげるようになってくれると嬉しいんだけど、まだその様子はなく。。。


ルリ男さんはいなくなってしまったけどお母さんのルリ子さん、第2弾の3羽の雛と第3弾の4羽の雛は元気にしています。


雛の顔が初めて見えた。きっと雛も初めて外の世界を見てドキドキしているんでしょうね〜。


この雛達の巣立ちは週の中頃になりそう。頑張れ〜、ルリツグミ!

Saturday, July 14, 2012

Ruby-throated Hummingbird and Eastern Bluebird update

今日はあまり天気がよくなく、時々通り雨が降ったりしているので家でのんびりとしています。ということで、またか!という感じではありますがRuby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)とEastern Bluebird(ルリツグミ)近況です。


まずはノドアカハチドリ、玄関部隊です(玄関側のフィーダー管轄)。


こちら、バックヤード部隊2号。バックヤード側のフィーダー管轄です。羽がみちっとそろっていて奇麗なオスです。


バックヤード部隊一号。何となく『出たーー!!!』と叫びたくなる風貌です。ちょっとお疲れ気味なのかしら?


そしてルリツグミ第3弾の雛達は今日で卵から孵ってから6日目になりました。今日のベビーフードはこちら。

のどがイガイガしそうな毛虫。


なにかの幼虫。


大きなクモ。


バッタ風の虫。


雨が続いているのでヘルプの餌。お母さんルリツグミ、実は今日初めてミールワームに気づいたようなのですが、気づいてからはもう大変。凄い勢いで巣箱とミールワームを行ったり来たり。チャバラちゃんが大好きでよく食べにくるのですが、ルリ子さんはチャバラなんぞに食われてなるものか〜!!!と必死の形相です。




時々ルリ子さんも雛にあげる前につまみ食いします^^

Wednesday, July 11, 2012

Eastern Bluebird 3rd brood 2012 --today's baby food

Eastern Bluebird(ルリツグミ)の雛は今日で卵から孵ってから3日目です。孵った当日は猛暑でしたが、翌日からは打って変わって雨ばかりで涼しい日が続いており雛や親には好都合です。雛が体温を調節できる頃までこのお天気が続くといいのですが。
さて、今日のベビーフードです。お母さんルリツグミは餌を捕ってから雛に与えるまで素早過ぎて写真撮る時間を与えてくれません。なので、のんびり派のお父さんルリツグミの写真のみです。

緑のイモムシ。


細ーい緑のイモムシ。


小さめのクモ。生まれたてに与えていたクモよりは格段に大きくなってます。


細ーいミミズ。


こちら、第2弾の雛。巣箱が気になって仕方ない様子。たまに後から産まれた雛の給餌を手伝う事もあるそうですよ。よいお兄さんお姉さんになってくれるといいんだけど。

Sunday, July 8, 2012

Eastern Bluebird 2012, 3rd brood --Eggs hatched!

先週から華氏100度越え(摂氏約39℃)の日が続いていた我が家地方です。この暑さは鳥の卵や孵ったばかりの雛にとっては致命的となります。心配していましたが、どうやら今朝第3弾のEastern Bluebird(ルリツグミ)の卵が無事に孵ったようです。昨日確認した時はまだ孵っておらず、半分あきらめ気味でしたが雛は頑張って殻を割って出て来てくれました!孵ったら孵ったで、今度は日中の暑さで死んでしまったら、、、とさらに心配していましたが、先ほども頻繁に親鳥が餌を運ぶのを見ているのできっとなんとか持ちこたえたのだろうと思います。明日からは若干過ごしやすくなるようでひとまず安心。


写真は先ほど午後6時頃のもの。お母さんルリツグミが小さなクモ(イモムシ?)を嘴の先にくわえています。


こちらはお父さんルリツグミ。くわえているのは小さなクモ。


こちらは第二弾の雛達。本当に大きくなりました。


**********************

Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)。今日もよくテカっていましたよ。






Wednesday, July 4, 2012

Eastern Bluebird update

Eastern Bluebird(ルリツグミ)の近況です。



第二弾の子3羽は無事にすくすくと成長し、最近では自分でフィーダーに来て餌を捕れるようになりました。これはオスの雛。



で、先日私もkさんに習ってミールワームに挑戦。実は思っていたほど気持ち悪くないものですね。これなら扱えそう。ところが、初日はだれも見向きもせずミールワームは暑さで干涸びてしまいました。その後、チャバラちゃんが食品と認定してから、ルリツグミが食べにくるようになりました。といっても、雛達だけです。親はもっぱらsuet製品を食べています。本当のグルメを知らない親鳥です。何でしょうね〜、穴子を鰻だと思って育ってしまった感じ?(←とかいって、私は穴子や鰻が苦手なのでそれらのの善し悪しは全く分かりませんが)
こちらはメスの雛。


第三弾のルリツグミですが、先日の暑さで卵が駄目になってしまったかどうかはまだ定かではなく、ひたすら巣箱でメスが卵を温めているのでそのままそっとしておいてあります。駄目になったらこの暑さだとすぐに腐って匂いがしてくるだろうと思われるので、まだ匂いとかないので大丈夫かしら?と淡い期待を抱いています。



暑いのでバードバスのお水は一日2回朝と晩に替えています。皆さん、フレッシュな冷たいお水がお好きなようで、交換するとやってきます。これは卵温め中のお母さんルリツグミ。



 おまけ:ミールワームを一番先に見つけたのは実はチャバラちゃん(チャバラマユミソサザイ、Carolina Wren)。


祝日なのに夫婦ともに普通出勤。。。ビンボー暇無し!!!

Sunday, July 1, 2012

Ruby-throated Hummingbird

この週末は本当に暑く(毎日103F)、しかも昨夜は熱帯夜なのに停電が続くというハプニングに見舞われ、変人の私でさえ今週末は鳥を見に行く気になれませんでした。こんな週末は家でひっそり過ごすのがいいですね!
Ruby-throated Hummingbird(ノドアカハチドリ)を久しぶりにまじまじ観察してみましたよ。といってもオスの写真を撮っただけなんですが。。。



この枯れ木はここに引っ越してからずーっと同じところにあってハチドリも同じところに留るので、毎年同じような写真になっております。。。